2010年02月26日

カンガルー捕獲

まず何故カンガルーを捕獲しなければならないのだろうか?

それは、捕獲しないで放置しておくとカンガルーの数が増えすぎてオーストラリアの現在の生態系を破壊するだけでなく、既存の牧畜業や農業に大きなダメージを与えてしまうからだ。

それでは何故カンガルーが増えすぎてしまう状況となっているのか?

それは人間がオーストラリアにあった元々の生態系を破壊してしまったからだ。

ヨーロッパからの植民者が渡来するまでオーストラリアには先住民であるアボリジニが居住していた。The Bushdood Handbookによると、狩猟・採集民であった彼らアボリジニのライフスタイルの基本は自然と共生することにあった。共生しすることでのみ彼らの食生活が成り立っていたといっても過言ではない。

つまり食生活の基本であった動物・魚介類・穀物・野菜・果物等の食材は全て自然の恵みに頼っていた。それ故、収穫しすぎないように必要な量だけを確保し、次に狩猟・採取できるように枯渇しない工夫を凝らしていた。

彼らの主たんぱく源であったカンガルーも当然その共生サイクルに入っている。食べるに必要な量のみ捕獲していた。それにカンガルーには天敵としてディンゴという野犬が存在していたことも頭数増加を抑える役目をしていた。

さらにカンガルーの雌は、干ばつなどで水分と食料となる草などの補給が困難になると自然と繁殖能力がストップしてしまう。

アボリジニの食用、天敵、天候という3つの要素でカンガルーの数は一定に保たれていた。要するに自然淘汰という形での頭数調整が行われていた。

ところがヨーロッパ人入植者たちは、この生態系を完璧に破壊してしまったのだ。

彼らは先住民のアボリジニの殺戮および白人同化政策を実施することにより、アボリジニの人口が大きく減少させた。

牧畜と農業のために土地を開墾して森林の伐採あるいは砂漠に灌漑設備を導入した。これによってカンガルーは水にそれほど困ることがなくなっただけでなく、牧草地が増えることによって草食動物であるカンガルーは食べ物にも困らなくなった。

そして極めつけは、牧畜と農業それに自分達をを守るために入植者達はカンガルーの天敵であるディンゴ(野犬)をほぼ駆逐してしまった。

カンガルーが増える原因には人間が引き起こしたこのような背景がある。

かといって今さら入植者達が入る前の生態系に戻すことなど不可能だ。かといってカンガルーの増殖を放置していたら別な問題が生じてくる。

こうした状況下では何らかのコントロールが必要だろう。


次回に続く・・・・・

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  

Posted by Kangarooman at 18:41Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月25日

捕鯨とカンガルー捕獲

シーシェパード(SS)の日本捕鯨船団に対する過激な抗議行動がエスカレートするにつれ、オーストラリアのカンガルー捕獲に対する風当たりも強くなりそうだ。

「カンガルー300万頭撃ち殺す豪州に反捕鯨の資格あるか」 国際紙がコラムを掲載

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100224-00000576-san-int

そして昨日のインターナショナルヘラルドトリビューン紙に掲載されたフィリップ・バウリング氏によるコラムが掲載されるや、2チャンネル等のネット上で物議を醸し出している。

オーストラリアからサッカーシューズ用カンガル―革、食肉、ペット用肉等を輸入販売しているカンガルーマンにとっては他人ごとではなくなってきた。

多くの要素が複雑に絡み合っているので、状況を簡単にまとめることは出来ないのだが大体以下の通りではないだろうか?、

1.シーシェパードが日本の捕鯨船団に対して執拗な妨害活動を行っている。その理由については紙面の都合もあるので省略するが、要するに日本の捕鯨活動を止めろということだ。

2.日本サイドは、鯨を食べることは固有の食文化なので生態系に異常をきたさないように気をつけながら捕獲しているので問題は無いと主張している。

3.オーストラリア政府は捕鯨に反対の立場をとっており、シーシェパードの船舶の寄港を許可するなどして活動を支援している。

4.同じ野生動物であるカンガルーを年間数百万頭という規模で捕獲しているオーストラリアは偽善的であり、捕鯨反対の立場を取ることは矛盾しているという非難の声が出始めている。

うーん、カンガルー関連商材でビジネスを展開しているカンガルーマンはこのような状況をどのように解釈したら良いのだろうか?

カンガルーマンの考えを簡単にまとめると、

1.既存の生態系が保存される限り捕鯨には全く反対していない。日本政府も同じような考えで捕鯨活動を進めているはずだ。鯨を資源とした有効活用をどんどん推進すべきと思っている。

2.同様に、既存の生態系が破壊されず、保存される限りカンガルー捕獲には全く反対しない。鯨と同じようにカンガルーを資源として有効活用を推進すべきと考えている。

カンガルー捕獲に関しては、本業であるがゆえにオーストラリア政府の考え方、具体的捕獲に関する内容については熟知しているつもりだ。

カンガルーの捕獲を行わないと既存の生態系が破壊されてしまうというのがオーストラリアの現状だ。(*尤も、現在の歪な生態系を作りだしたのは人間なのだが・・・・)

となると巷で非難合戦をやっている人たちは、どうも現実を無視した感情論で話をしているようにしか思えない。

私達が健康な食生活を送るためには動物性タンパク質は必要で、それが牛・豚・鶏に由来するものであろうと、鯨・カンガルーであろうと食用に適するものであれば拒絶する理由はないはずだ。

牛・豚にしても、宗教上の理由や食習慣と言う観点から食べることを忌避している文化がある。だからと言って、彼らが私達に「牛・豚を食用として活用してはならない。」と言って非難したこと等聞いたことがない。

食は私達が生きる上で必要な行為であり、また習慣・文化でもある。それを他人にとやかく言って止めさせようというところに大きな間違いがあるのではなかろうか?

カンガルーマンは自信をもって、オーストラリアのカンガルー捕獲活動を支持し、捕獲することによって生まれる素材を有効に活用できる現在のビジネスを継続するつもりでいる。

カンガルーマンは何故自信をもってカンガルー捕獲活動を支持しているのだろうか?

次回に続く・・・・・

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 17:39Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月22日

電子レンジの達人

週末はビーチバレーの代わりに勉強会。

テーマは「電子レンジの基礎理論と幅広い活用法」

ということで、ガスレンジを使わず電子レンジのみで調理を試みる。

講義まずは肥後温子氏による講義
(文京女子大学短期大学
健康栄養学科 教授)



メモ取り
実習前のメモ取り




調理調理実習





ちゅうka中華おこわ
菜の花のお浸し
なすとじゃこの煮浸し
レアチーズケーキ


最初は電子レンジだけでちょうりなんて可能なのかと半信半疑だったのだが、いとも簡単に出来てしまった。

炊飯もレンジで出来てしまうことにビックリだった。

調理できるだけならまだしも、速い!

熱を使わず、レンジの中だけで煮炊きができてしまう。

電子レンジの実用面での歴史は30年程度だとのこと。巷では電子レンジの安全性について疑問符がついているらしいが、講師の先生によると安全性では全く問題がないとのことだった。

機能もさらに便利になり、省エネ、石油燃料を使わないクリーンさも相まって未来の調理器具としては欠かせないものにあるだろうことが予想された。

調理に臨む前には、電子レンジ調理に適したそれなりの下ごしらえが必要なので一般的に普及するまでにはそれなりの時間はかかるだろう。

しかし、食べ物を温めるだけが電子レンジの役割でないこと、またその将来性を認識した週末であった。

土曜日のビーチバレーを犠牲にするだけの価値ある勉強会だった。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 22:47Comments(2)TrackBack(0)

2010年02月18日

ヘーッ、驚いた!

イギリスのテレグラフ紙によると、美男美女の最も多い国はアメリカだそうだ。
これは世界中を旅行したイギリス人5000人を対象としたアンケート結果。

1位:アメリカ 2位: ブラジル 3位:スペイン 4位:オーストラリア
5位:イタリア 6位:スウェーデン 7位:イングランド 8位:インド
9位:フランス 10位:カナダ 11位:メキシコ 12位:ポルトガル
13位:ウェールズ 14位:ロシア 15位:日本 16位:アイルランド
17位:アルゼンチン 18位:オランダ 19位:スコットランド 20位:ドイツ


そして日本は15位に入っている。

ビックリだと同時に納得という感じもする。

最近の若い人たちは、スタイルもよくとても洗練されている。

外国人が持つ昔の日本人のイメージは、出っ歯でツリ目の丸メガネをかけたチビ助だった。

隔世の感がする。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 23:22Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月16日

最近の・・・・

スズメ
スズメは電車にも乗るようだ。





駅に着いたらチャント飛び立っていった!!!

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 22:47Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月15日

トヨタ問題

このところトヨタ自動車に対する風当たりがとても強い。

アメリカでアクセル事故問題に端を発し、ブレーキから大量リコール問題にまで発展している。

マスコミ報道は今回の騒動に対して様々な情報を提供している。

カンガルーマンは部外者なので、騒動の内容や背景についてはマスコミから流される情報だけで判断するしか術がない。

そしてこれらの情報から判断すると、今回の問題の本質は「トヨタの奢りと油断」にあったと結論づけられる。

GMを抜き世界最大の自動車メーカーとなり、さらにはトヨタの品質神話を作り上げたところまでは良かった。

しかしそこに「奢りと油断」を生じさせる気の緩みがあったのではなかろうか?

「奢れるもの久しからず」というフレーズの重みを感じさせる出来事だ。

真相は当事者のみしか分からないと思うのだが、一刻も早く消費者の信頼を回復してもらいたい。

裾野の広い自動車産業で、トヨタにぶら下がっている多くの下請け業者や販売ディーラー等大きく影響を受けている人たちが大勢いるはずだ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 22:36Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月14日

バレンタインチョコ

昨日のミゾレ混じりのひどい天気だったのが嘘のような陽気となった日曜日。

早速ビーチへゴー。
練習

コートを3面張って一生懸命練習に精出している。

風もなくとても暖かい。










バレンタインチョコ

いつもの場所に陣取って準備をしていると、女性メンバー達がバレンタインチョコを持ってきてくれた。



義理チョコだとは分かっていてもこうして気を使っていてくれると嬉しい!







来月のホワイトデイにはそれなりの出費が必要だろうが、皆が喜ぶお返しを考える予定。

義理チョコにはイロイロと賛否両論あるようだが、義理チョコと言えどもそれなりの気持が入ってなければプレゼントするわけがないだろうからと有り難く感謝してもらうことにしている。

暖かい陽気、義理チョコそしてビーチバレーと3拍子の揃った素晴らしい日曜日を過ごしたカンガルーマンだった。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 23:19Comments(2)TrackBack(0)

2010年02月11日

ハギス(Haggis)

先日、スコットランドの国民的料理「ハギス(Haggis)」を食する機会があった。

詳細はこちらをご覧いただくとして、簡単に言えば:

羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランドの伝統料理。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%AE%E3%82%B9

ハギス
想像していたより美味しい!
薄い塩味とミンチ状にされた内臓肉の風味がうまくマッチしている。


ハギスの真ん中に窪みを作ってそこのスコッチウイスキーを流し込んで食べるとさらに美味しいとのこと。

当日は車の運転があったので残念ながらそれは試せなかったのだが・・・。

ハギスを食べる前には、スコットランドの英雄的詩人ロバート・バーンズの詩を朗読しながらスコッチウイスキーの飲み比べもおこなった。

1月25日のバーンズデイ(ロバート・バーンズの誕生日)はスコットランド人にとってはかなり特別の日のようだ。

ボーダーレスで様々な国、人種、文化を持った人たちと交流を持つと、常に新しい発見がある。

カンガルーマンにとって、ビーチバレー以外にはこうした交流も生活の中の重要なスパイスとなっている。

日本人だけでかたまっていては脳が委縮してしまう。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月07日

拒否するための「万能フレーズ」?

いつも通り犬の散歩をしていたのだが、何気なく見過ごしていた立て看板。
立て看板


”あぶない”って、何があぶないのだろう?

空き地にはいってはいけないということなのだろうが、看板の向こうの空き地にはあぶない要素は何もない。

強いて言えば、この柵を乗り越えることが”あぶない”のか?





そういえば、カンガルーマンがビーチバレーの場所を確保しようとあちこちお役所巡りをして全て断られた経緯がある。

その時の断りの理由が「あぶない」からだった。

その時も「ビーチバレーの何があぶないのか?」疑問に思ったのだが、許可してくれないのなら何を言っても無駄なのでおとなしく引きさがったのを思いだした。

「あぶないからダメ!」はとても便利なフレーズのようだ。

「あぶない」という認識のもとに、どんどん無菌状態が作り上げられてゆく。

その結果、抵抗力のない人間と社会形成へと向かってゆく今の日本の現状を象徴する「あぶない立て看板」だ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 23:10Comments(2)TrackBack(0)

2010年02月03日

亀田大毅

「WBA世界フライ級タイトルマッチ」挑戦者・亀田大毅(亀田)が絶食覚悟で世界奪取に臨む。

とのことだ。

冬場で減量に苦しんでいるらしい。

ルーミート(カンガルー肉)中心の食生活に切り替えればそのような心配はないと思うのだが。

ルーミートダイスカット
赤身のお肉で、脂肪含有率は最高で2%。

柔軟で腰のある軟らかさが特徴。



カンガルーマンが今でもビーチバレー現役でいられるのも、ルーミートのお陰だ。

赤身のお肉で体重管理。

アスリートにとって不可欠な食肉となりつつある。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 22:49Comments(0)TrackBack(0)