2009年03月31日

アホの極み!

強力な軍事報復を警告=「日本の牙城を無慈悲に粉砕」−北朝鮮

3月31日20時45分配信 時事通信


 【ソウル31日時事】朝鮮中央通信は31日の論評で、北朝鮮が「人工衛星」と称して発射の準備を進めている長距離弾道ミサイルを日本が迎撃した場合、北朝鮮は「再侵略戦争の砲声」とみなし、「最も強力な軍事的手段によってすべての迎撃手段とその牙城を無慈悲に粉砕する」と警告した。韓国の聯合ニュースが伝えた。
 論評は、日本が北朝鮮の衛星打ち上げをミサイル開発とみていることについて、「相互尊重」をうたった2005年9月の6カ国協議共同声明を認めない立場を宣言し、「6カ国協議のテーブルをひっくり返す行為だ」とけん制した。 


という記事を見かけた。

政府は勇ましく、「北のミサイル(人工衛星かもしれないが)日本を脅かす時には迎撃する。」なんてアナウンスし、イージス艦をやパトリオットを配備した。

それに対する北の返答は上記のとおりだ。

こうなることは誰でも予想できたことだ。

戦前の軍部が、「報復には報復で」という連鎖を続けていった結果が大東亜戦争への突入だった。

先週のブログでカンガルーマンは、「今回の北朝鮮の行為に対しては無視、あるいは、黙って行動せよ。」と書いた。

騒ぎ立てることは相手の思う壺だ。

マスコミを通じた非難合戦がエスカレートすることで、国民感情も変わってくる。
これは戦前のマスコミと国民感情との関係も同じことだ。マスコミが煽り立てることにより戦争止む無しという国民との合意が出来てしまった。

北朝鮮が反日・反米であろうと、私達日本国民は毅然として相手の挑発に乗らないことが肝要だ。

今回のミサイル(人工衛星)発射問題は、北朝鮮の国際社会(特に米国向け)挑発に他ならない。

それを、ドラえもんのスネオよろしく、米国の威を借りて挑発に乗るとは愚の骨頂アホの極みだ。」

腰を据えてデーンと構えているほうがよっぽど北朝鮮に対する脅しになるはずだ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 
  

Posted by Kangarooman at 23:14Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月29日

ホッと一息・・・

今日恐る恐るビーチバレーをやったのだが、膝は大丈夫なようだ。

昨日まで痛み止めの軟膏を塗り、内服薬を飲んでいたので痛みはなかったのだが、実際に治っていたたどうかは定かでなかった。

今朝の段階で、膝に違和感がややあったものの思い切って痛み止めを塗らずにビーチへ出勤。

ソロソロと10時半位から体を動かし始め、午後からは全開。そして4時過ぎまで基礎練の真似ごとやゲームをこなす。

ブログを更新している現在、膝の痛みは無し。

これで明日の朝も同じような状態なら、結論は打撲だったのだろう。

しかし、打撲した覚えが全くない。記憶に無い。

さらに先週の木曜日にあれほど痛かった膝の痛みが嘘のように消えうせている。

一体、何だったのだろう!?

口の悪い友達に言わせると、「膝が痛くなったことが問題ではなく、膝を打撲したことを覚えていないことが問題だと・・・・。」

ウーン、今度は脳ミソの検査をしたほうがいいのか?

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や   
Posted by Kangarooman at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月26日

あ痛たたたた・・・

つい数日前に「過信しては・・・・」というタイトルでブログを更新したばかりなのだが、急に膝が痛くなってきた。

昨日、普通に歩いていたらどうも右膝の調子が悪い。

そして今日は歩くのもやっとの状態だ。

恐れていた反動がやってきたか?

市販の湿布薬や、タイガーバムをつけても痛みは消えない。
関節ではなく膝の飛び出たところの骨が痛い。
ぶつけた覚えもないのに・・・。

しょうがなく病院でレントゲンを撮ってもらった。
写真を見ながら先生は首をかしげている。
骨はとてもキレイだからだ。

まあ、それで一安心。しかしそれでも痛いのは消えない。

先生が言うには、「軟骨を覆っている粘膜が傷ついているのでは?」ということだった。どうして傷ついたかは教えてくれなかったが。多分、先生も分からないのだろう。

結局、膝に痛み止めの注射を打ってもらい(今でも痛い)、痛み止めの軟膏をもらい、痛み止めの錠剤をたくさん貰った。

と、こうして書きながらも、「治らなかったらどうしよう。バレーが出来なくなってしまう。」ということばかり考えている。

ビーチバレーの出来ない老後など考えられない。

しかし、体の衰えというのはこういうところから始まるのだろう。普段気にもしていない所が傷みだし、それからアチコチに広がってゆく。

ブログを通して衰えの推移を記録してゆくのも面白いかもしれない。

いずれにしても、来週になっても膝が痛み、治らないようなら年齢によるものだろうし、数日たって治れば、気がつかないうちに膝をどこかにぶつけたのが原因で衰えとは関係ないかもしれない。

ウーン、「ビーチバレーが出来なくなったら・・・・」

それを考えただけでも気が滅入ってくる。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や   
Posted by Kangarooman at 17:54Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月24日

侍ジャパン

今日は日本中のブログがこの話題でもちきりなのだろう。

野球にはそれほど興味のないカンガルーマンも例外ではなく、お昼過ぎからは机の上に携帯を置いてゲームに見入っていた。

何といってもイチローのツーストライク、ワンボールからの最後のセンター前ヒットは圧巻だった。

こういうのを天才というのだろう。

プレーしていた選手達は全て20代、30代の若者たち。

普段からビーチバレーを通じて若い人たちと付き合って、若者たちの素晴らしさを感じているのだが、今日改めて日本の将来は明るいと確信した。

今日の優勝で、日本中が明るくなった。

おめでとう侍ジャパン!

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 


追記:今朝の新聞、一般紙やスポーツ新聞を含めて、やネットで韓国に関する報道がほとんどないのはどうしてだろう?

スポーツ新聞に囲み記事で監督談話がチョコっとでてるくらいで韓国国内の反応についての記事は見当たらない。

これって、下手に書くと日韓野球戦争に拡大すると思ってマスコミは自粛しているのか?

韓国内の反応について様子を知りたいと思う読者は、かなり多いと思うのだが・・・・。  
Posted by Kangarooman at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月22日

お薦め映画

いのちの戦場アルジェリア1959
いのちの戦場
カンガルーマン評点:★★★☆☆

監督:フローラン=エミリオ・シリ
主演:ブノワ・マジメル

チョット芝居がかった演出が鼻についた。これがなければ戦争の怖さがさらにリアルになったのでは?あとは、「プラトーン」と「プライベートライアン」のパクリの臭いが・・・・・。



2007年に製作されたこの映画は、オリーバー・ストーン監督が作ったベトナム戦争を題材にした反戦映画「プラトーン」のパクリでないかと思わせる。

プラトーンがそうであったように、フランス人がこの戦争について彼らの目から見てアルジェリア人に対して「ごめんなさい」というメッセージを込めているように感じられる。

映画の中で戦争にまつわる残虐性をあらわすことで戦争の非人間性を説き、そして反戦のメッセージを伝えるというのも同じような手法だ。

現在アメリカがイラクとアフガニスタンでタリバンやアルカーイダのイスラムゲリラに悩まされ出口の見えない戦いに足を取られている現状をみると、この映画でも同じように「フランス軍はアルジェリア人ゲリラに手を焼き、最終的には27000人の戦死者を出した揚句、アルジェリアの独立を認めざるを得ない状況に追い込まれた。」事実はこれからのアメリカの前途を暗示するようだ。

近代的装備を備えた軍隊も、一般市民に紛れ込んで敵対するゲリラには手の施しようがないことは歴史が証明している。

第二次世界大戦中の、ナチスに対するレジスタンス運動、中国大陸での日本軍に対する便衣隊、ベトナム戦争のべトコン、そして現在のイラクやアフガニスタンの現状。

映画の中に出てくる一つの皮肉は、ゲリラと闘っているフランス正規軍のベテラン兵士が、第二次世界大戦中はレジスタンスの闘士だったということだった。

監督は、この点を意図して挿入したのか、それともあくまでも歴史的事実として述べたのか知らないが、私たちから現在テロリストととして名指しされている人達は、レジスタンスという気持ちで戦っているということも伝えたかったのかもしれない。

いずれにしても、私たちは不景気とは言いながらこの平和な日本で映画見たり美味しいものを食べて「ノホホン」と暮している一方で、私達には想像もつかないような出来事が起きていることを示唆している映画だ。

出来るだけ多くの日本人に見えてもらいたい。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や   
Posted by Kangarooman at 15:18Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月18日

過信してはいけないのだが・・・・

これは自慢話でも何でもない。

自分で自分が時々恐ろしくなってくる。
というのはいつ今の反動が来るのかということだ。

あまりにも元気すぎる。

今年で60歳を迎えるのだがその感覚がない。

・30代の頃よりもはるかに疲れない。
・当然体力も持久力も今のほうがはるかにある。
・筋力(ジャンプ力)、敏捷性、反射神経は落ちているものの、他の同年代と比較したら負ける気がしない。
・ガ体は30代の頃よりはるかに見た目がいい。当時は骨と皮のガリガリだった。
・肩こり、関節痛その他の体の痛みとは無縁。

これまで20年近くしつこく継続してきた水泳とバレーボール、それにカンガルー肉中心の食生活の賜物としか考えられない。

晴れて60歳になった時には健康・体力診断を受けに行くつもりだ。

その時にどのような結果が出てくるか。

楽しみだ。

多くの方々に、改めてアピールしたい。

「適度な運動の継続、バランスの取れた食生活以外にアンチエイジングを達成できる処方箋は無い。」と・・・・。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や   
Posted by Kangarooman at 22:20Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月16日

コピペ

個人的には田原総一郎という人は好きになれないのだが、この人の情報網と分析力には一目置いている。

多くの方々も日経で目にした記事だろうが、この内容を忘れないためにもスパイストークの参考資料としてコピペで記事を残しておきたい。 

田原総一朗の政財界「ここだけの話」

“検察内クーデター”説も出た

西松建設事件

2009312

 

西松建設の違法献金事件で、小沢一郎民主党代表の公設第一秘書である大久保隆規容疑者が逮捕された。


また小沢代表の資金管理団体「陸山会」の事務担当だった石川知裕衆院議員(民主党)に、東京地検特捜部は事情聴取を要請している。彼は小沢代表の元秘書だ。


謎に満ちた事件
  
この西松建設の違法献金事件は、よく考えれば考えるほど謎に満ちた事件である
 小沢代表は記者会見で、検察のやり方に対して真っ向から攻撃的姿勢を打ち出した。考えてみれば当然である。取りざたされている政治資金規正法違反で、いきなり第一秘書が逮捕されるという前例はない。異常な事件である。
しかも、小沢さんも言うとおり、今にも総選挙が行われようとしているときに、世論調査などで自民党に代わって政権を奪取する確率が極めて高い民主党の代表が、こんな深刻なダメージを受けるというのは尋常の出来事ではない。
 

この事件に対する佐藤優の見方

この出来事の直後、一部マスコミで「検察ファッショ」という言葉が流れた。


民主党の鳩山由紀夫さんらが検察に「徹底抗戦する」と宣言しているのも、「検察ファッショ」についてだといえる。
しかし、我が畏友である佐藤優さんは、「検察ファッショではないと思う」との見方を示している。彼は、「もしも検察ファッショならば、もっとバランスのとれたやり方をするはずである。これは、検察上部の慎重さ、あるいは臆病さに苛立った、現役検事たちのクーデターではないのか」と言っていた。

 

さらに佐藤さんは、「これは226事件だ」とも言った。佐藤さんの話は、なかなかリアリティーのある説だと思う。確かに、今回のやり方は、著しくバランス感覚に欠けている。佐藤優さんが逮捕されたのも国策捜査であり、検察ファッショの一種であった。

 

 こうした場合、例えば、鈴木宗男さんや佐藤優さんが逮捕されたときは、事前に「鈴木宗男、佐藤優はいかに悪い人間で、いかにいかがわしいことをしているか」ということを、検察が新聞やテレビに散々リークして、一定の世論をつくったところで逮捕に踏み切る。自民党議員の名前も報道されはじめる


ところが、今回はそうした世論作りが全く行われていない。

 

そして、あわてるように検察は、小沢代表の会見の後、各新聞に「実は、大久保秘書が西松建設の常務などと直接交渉をし、金額を定め、請求をしている」という情報をリークしている。つまり、事前に行うべき世論誘導を、あわてて事後に行っているわけだ。226事件は軍の上部が青年将校たちを銃殺することで幕を閉じた。

 

しかし、今回の事件は、事が大きくなって、上部はこのクーデターにつじつまを合わせなくてはならなくなった。

 

そして検察は、その日の夕刊や翌日の新聞など、次から次へと小沢代表の記者会見が偽りであるという情報を流し続けている。さらに、1週間ばかり経って、やっと自民党側に対する捜査も開始した。

 

自民党側は二階俊博 経済産業大臣、尾身幸次 元財務大臣、森喜朗元首相などが政治資金を受け取っていることがわかった。いずれも小沢代表の場合と同様に2つのダミー団体を通じてである。検察は、自民党側も捜査することでバランスをとろうとしているのだろう。しかし、検察の事情を取材すると、単なるバランス取りでは終わらない可能性が見えてきた。

 

職務権限がらみや裏献金のうわさも

自民党の政治献金を受け取った顔ぶれをみると、捜査によっては、職務権限がかかっている人物もいる。あるいは、表に現れた政治献金だけでなく、多額の裏金を受け取っている政治家がいるという情報もある。

 

当初は「受け身、受け身でやってきた我が党が、形勢逆転だ」とはしゃいだ自民党側にも強い不安が惹起(じゃっき)している。検察のバランス感覚による自民党の捜査ならば、自民党側は心配する必要はない。

 

しかし、“クーデター”という要素が入っているとなると、自民党側は民主党側以上のダメージを被る可能性がある。

 

漆間巌官房副長官が記者団とのオフレコ懇談で、西松建設の違法献金事件が「自民党に波及しない」と言った(後に本人は「記憶にない」と否定)のは、まさに検察上部は当初そのように考えていたということの証だ。漆間さんは前警察庁長官で、現官房副長官という人物だ。官房副長官というのは、実質的に官僚のトップである。彼に、事前に捜査の情報が届いていないわけがない。しかし、その漆間さんが「自民党に波及しない」と発言していたにもかかわらず、自民党に捜査の手が及んでいる。


だから自民党が皆不安がっているのだ。それどころが、下手をすると傷は自民党の方が深くなるかもしれない。

 

何より、自民党の名前の出た政治家たちの事務所が行ってきたことは、金額こそ違えど、小沢事務所が行ったことと何ら変わりはない。


検察はどこまでやるのか?


日を追うごとに不安は民主自民の両党に広がっている。何人かの自民党議員にも話を聞いた。
検察が、政治資金規正法だけで追及するのか、それとも職務権限まで追及するのか。あるいは、別の政治家の裏献金問題にまで及ぶのか―。

 

もし検察がそこまで敢行すれば、選挙以前に麻生内閣はひっくり返ってしまいかねない。

 

こうなると、小沢一郎代表の「陸山会」の裏事情や、自民党政治家たちの弁解話ではなく、“検察内部”に、否でも関心を高めざるをえない。


とまあ、私達庶民だけではなく政治家や、ジャーナリストにもわからない検察の世界が存在するということがわかった。

ただ庶民的感覚で感じられることは、現在霞が関と永田町周辺でとんでもない事態が進行中ではないかということだ。

とんでもないこと、すなわち今後の日本の将来の方向性が決まる分かれ道にさしかかっているのではなかろうか?ということだ。

幸か不幸か、まだ庶民が飢え死にするとか言う状況ではないが故に国民はそこで起きていることに焦点が定まっていない。

これよりさらに政治と経済の混乱が継続迷走し、国民が日々の生活に困るような事態が生じた場合、革命運動が起きてもおかしくないだろう。

次の総選挙は、私達国民が将来のことを十分見据えて意思決定することを認識したうえで臨まなければならないし、これまでの選挙とは全く異なる性質のものであることを肝に銘じなければならない。


ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 

  
Posted by Kangarooman at 11:41Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月14日

北ミサイル

ミサイルだか人工衛星だか知らないが、新聞報道によると麻生首相が「もし北がミサイルを発射したら撃ち落とす。」と息巻いている。

この発言を聞いた途端、カンガルーマンは麻生首相支持をやめた。かといってこれまで麻生首相を特別支持していたわけではないのだが・・・・・・。

その理由は簡単だ。

こうした発言には何の意味もない。意味がないどころか、害あるのみだ。まるで虚勢を張った小さな犬がキャンキャン吠えている構図にしか見えない。

もし撃ち落とすつもりなら、そして自衛隊が撃ち落とす能力を持っているのなら、それに備えて準備を施し、そして相手が発射した時点で日本に危害を及ぼす恐れがある時には問答無用で撃ち落とせば済むことだ。

何も相手を威嚇する言動を弄する必要はない。

今の日本に必要なことは、自国を守るために必要な確固たる防衛力、世界が必要とする技術力それに経済力の蓄積にある。これらの三つの要素が備わっておれば、国際的な政治力は黙っていても付いてくる。

改めて「沈黙は金なり。」の格言を見直してみるべきだ。

国としての総合力を蓄え、必要とあらばその力をいつでも行使できる態勢を組み、余計なことに口を挟まず、人間としての道徳性を精神の支柱に置き、毅然とした国の形を作ることがリーダーとしての仕事だろう。

いよいよ支持したくなる政治家がいなくなってきた。

困ったことだ。

滅私奉公、国士と言える政治家はいないのか?

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や   
Posted by Kangarooman at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月11日

中小・零細企業のサバイバル

昨年9月のリーマンショック以来、世界中が経済危機という状況に翻弄されている。日本国内でも、大手企業を中心に利益の下方修正あるいは赤字化ということで大騒ぎ状態だ。

大手企業がそういう状態であれば、大手企業の動向に左右される国内の大部分を占めている中小・零細企業はなおさらのことだ。昨日も取引している金融機関の担当者が来社して言うには、軒並み資金繰りや売上減に苦しんでいるとのことだった。

カンガルーマンが経営している会社も例外ではないし、楽ではないがどうにか生き延びている。 我社の体質が5年前と同じであったら、とうの昔に倒産して今頃は路頭に迷っていただろう。

別に現在の経済危機を予見していたわけではないのだが、10年ほど前から会社の体質変換に努めてきた。そして数年前にその体質変換がある程度達成され、昨年辺りから新しい体質で動き出していた矢先にこの危機が訪れた。 今でも生き延びているのは、この体質変換のお陰だととりあえず胸をなでおろしている。

もともとどのような体質だったかというと、多くの中小企業がそうであるように我社もある大手企業の下請け的存在で、売上の80%以上をその大手企業に依存していた。その顧客企業の景気が良いと、こちらの売り上げも伸び、会社の運営が楽になる。しかし、その逆だと一気に会社の経営が怪しくなってしまう。また、仕入に関しても100%近くを輸入品に頼っており、仕入コストは常に為替変動に大きく左右されるという不安定さを持っていた。

そこでこの2点を改善すべく動き出したのが10年前。 言うは易く行うは・・・の典型で、形がある程度できるまで気の長くなるような時間が経ってしまった。
 
売上を落とさずに、顧客の分散化を図りながら、同時に既存のメイン顧客に対する忠誠心を保持しなければならない。そのためには同業他社(スポーツシューズメーカー)に対する積極的売り込みなど出来ない相談となってくる。ということは顧客の分散化など出来ない。

そこで手をつけたのが食品事業、つまり他業他社、の設立・商品開発・市場開発だった。始めたのは良かったが最初の数年間は月間売り上げ10万円行けばいい方だった。 周りからは無駄な結果の出ない努力とか、止めろとか、頑固者とか散々言われたのだが、根が楽天的なカンガルーマンは「損がなければいいじゃないか」の精神でしつこくしつこく継続してきた。

お陰で、今ではレザー事業、食品事業、そして数年前からペットフード事業を設立し、ようやく会社の3本柱が出来上がった。これらの柱とてまだまだ細い柱なのだが、昔のように1本だけの頃よりは頼りがいがある。 さらに国内取引を増やすことで輸入品の割合も半分位に抑えることにより為替リスクも非常に少なくなった。昨今の円高で、輸入品100%だったら利益も多かったのだろうが、結果として今の方がはるかに安定している。

ということで、中小・零細が生き延びる術の一つは、大手企業の100%下請けから脱出することが大事だ。しかし、さらに大事なことは脱出したとしてもお世話になってきた大手顧客に対しては従来通りの忠誠心を失わないことだ。

 カンガルーマンが現在考えていることは、これらの3本柱が大きな幹に成長した暁には末端消費者と直にコミュニケーションのとれるような事業を展開したいと思っている。 カンガルーマンが付き合っている他の中小企業経営者たちも日々努力を重ねており、現在の危機の影響を大きく受けていない会社はおおむね同じようなビジネスモデル(下請け脱出)を形成しているようだ。

不況でも生き延びれるしぶとい会社作りを目指したいものだ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や   
Posted by Kangarooman at 22:20Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月08日

パーティ券

数週間前、カンガルーマンが関係しているある団体からパーティ券を入手した。
俗にいうところの付き合いで買わされたパーティ券というやつだ。
パーティ券

自民党津島派が主催した勉強会というパーティ。
当日は別な用事があり参加できなかったのだが。



パーティ券2
一枚20,000円也。
参加者は1000人を下らないだろうから売上は一日で数千万円になるだろう。



要するに政治家の資金集めパーティという催しだ。選挙が近づくとあちこちで行われる。

パーティ券購入については、大きく分けて率先して買う個人や団体、あとはしょうがなくお付き合いで買う個人や団体がある。

売りさばき方についても政治家の秘書がさまざまな企業、団体、個人等に購入依頼したり、秘書のまたその秘書みたいな人達が企業、団体などに購入依頼したり、或いは逆に企業などが率先して買う場合もある。

政治家は大なり小なりいろいろな形で政治資金集めをおこなっているということだ。そして政治資金を集めること自体が悪いことではない。*理想を言えば国が支給するだけの活動資金で賄うべきなのだが、大衆を洗脳しなければ政権をとれない現在の政治システムでは金がかかってしょうがない。

さてここで何を言いたいかというと、今回の小沢氏の秘書逮捕は、お金を集める方法に疑問があるという容疑だ。つまりお金集めは誰でもやっているので逮捕できないが、集める手段が国が規定している政治資金規正法の尺度に合っていなかったというだけのことだ。

以前、60k制限の首都高を80kで走っていたらおまわりさんに捕まった経験がある。調書を取られているその横を他の車は100k以上でビュンビュン走っている。カンガルーマンの場合は偶然、そして運悪く捕まったのだが、警察が狙いをすましてカンガルーマンの車を捕まえることも別件逮捕のような意図があれば可能なことだ。

今回の小沢氏の場合も、検察が与野党を含めた全政治家を徹底的に調べて少しでも違反があれば根こそぎ逮捕・起訴するのならまだ理にかなっている。

それを、まさに政権をとらんとしている小沢氏と一部の自民党議員のみを対象とすること自体に合理性が認められない。何かの意図のある逮捕劇とみられても仕方のない出来事だ。

特捜部の皆さん、政治家の政治資金集めに疑問があるのなら徹底的に全議員の資金状態および資金集め状況を洗い私達国民の目の前に情報開示するのが筋ではないか?

だから国策捜査だとか、自民党との出来レースだとか、アメリカの指示だとかの疑いをかけられる。そしてもしこうした意図的なことがあるとすれば、私達国民は逆に特捜部の皆さんを民主主義国家反逆罪で逮捕しなければならない。

今回の出来事を契機に、「特捜部による全政治家政治資金浄化キャンペーン」を開始したらどうだろう。

多分既存の政治家全部を逮捕しなければならなくなるだろうが・・・・。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 

  
Posted by Kangarooman at 16:04Comments(0)TrackBack(0)