2009年01月29日

素人の勘で読むと・・・

相変わらず世の中の動きが見えづらい。混沌としている。

それでも、商売を営んでいる身としては少しでも先を読む努力が怠れない。そして海外との貿易に携わっているだけに為替の動きからも目が離せない。為替の動き一つで商品の原価、ひいては利益率に大きく影響されるからだ。

為替の動きを測るには、世界経済や政治の動きも注視してゆかなければならない。日々のルーティーンに加えてだから頭の中がグラグラ煮え立ってしまう。

という状況の中で、世の中を見渡してみると「世界の動向はアメリカの状況いかんにかかっている」ことがよくわかる。

カンガルーマン自身は「質素倹約」がモットーなので一部の持てる国の果てしない経済拡張に対しては疑問符を持っているのだが、現在の所謂先進国の人々の既存の生活レベルを保持しようと思うなら「アメリカ経済の再生」なくしては無理だろう。

そして日本を含むこれらの国々のリーダー達はその為にあらゆる努力をすることだろう。

がしかし、普通の経済刺激策のみで本当にアメリカ経済の再生は可能なのだろうか?

カンガルーマンは「否」と答えたい。

軍需工業以外の一般製造業が疲弊し、世界最大の借金を抱えており、さらに莫大なる軍事費を必要とする国家財政を立ち直らせるためにはかなりドラスチックな手段を用いなければならないだろう。

例えば、アメリカの借金を減らすために為替変動という魔術を使い「正式にドルの大幅切り下げ」を宣言する。これはニクソンショックの時を思い出してみればいい。360円の固定相場を廃止し、変動相場制に切り替えた。その結果、円は現在のレートまで切りあがったわけだ。

だが、ただ単にドルの切り下げだけでは「ドルの威信」が揺らぐ可能性もありプライドの高いアメリカ人には耐えきれない屈辱と映るかもしれない。

しかし国際情勢が不安定なまま推移し、アメリカが直接関与しない形での大規模な戦争がどこかで起きればこれはアメリカにとって最高のシナリオ(要するに戦争特需・・・経済回復の特効薬)となるのではないか?日本にとってもそうだが・・・・。

そしてその火種と可能性は、イラクとアフガニスタンから撤兵したとしても既に中東、ロシア、朝鮮半島、インド、パキスタンなどあちこちで燻っている。

第一次世界大戦の例をとると、アメリカや日本は一部を除いてほとんど戦争に参加しなかった。その結果、戦争特需で特にアメリカは国力を大きく伸ばしたことは誰でも知っている。

さらにアメリカは1930年代大恐慌を経て第二次世界大戦後、晴れてスーパーパワーとなった。

オバマ大統領は、当初は環境産業振興や公共事業投資などで経済刺激策をすすめるだろう。これらの政策が順調に進めば、なにも上記のような過激な方法は必要ないだろうが、こうした政策はカンガルーマンの目にはジェスチャーにしか見えない。これしきりのことで、天文学的数字となっている国や国民の借金が減少するとはとても思えないからだ。そして最終的には上記のような非常手段を取らざるをえないだろうし、そうした非常手段に訴えねばならない時に大統領としての真価が問われることとなるだろう。

というような事を仕事の合間にグダグダと頭の中で考えているのだが、こんなアホみたいな勘は当然外れるだろうし、外れて欲しい。

さらに世界のどこで戦争が起きようとも、国際社会から一国平和主義と叩かれようとも、日本が大規模な形で直接海外の紛争に巻き込まれることだけは避けなければならない。

願わくば、輸出産業は困るだろうが、現在の為替レートが向こう5年くらい続いてくれたら個人的には嬉しい限りだ。

そしてこれまで通り毎週末ビーチバレーができればこれ以上の幸せはない。

少し硬い話題を書いていたつもりが結局ビーチバレーで締めくくりとなってしまった。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 

  

Posted by Kangarooman at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月27日

飼い主バカ

雨や寒い時の散歩はつらいけど・・・・
aki1aki3











aki2それでもペットは最高!

ほんと気持ちを和ませてくれる。

何なんだろう?

ものすごい癒しパワー持っている。





ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 

  
Posted by Kangarooman at 23:16Comments(2)TrackBack(0)

2009年01月24日

寒かった!

今日は寒かった。
練習2
それでも10人ほどの仲間が参加した。





練習1
そのうちに雨、いやミゾレ混じりの雪っぽいものがチラホラと。

それでも誰もやめない。


体からは湯気が出ている。

体はホカホカとしているのだが、足が冷たくて痺れるように痛い。

休憩していると、アッという間に体が冷たくなってくる。

寒くて辛いと思っても、週末は自然と足はビーチに向かっている。

これのお陰で、今年はまだ風邪をひいていない。いや、最後に風邪をひいたのがいつか覚えてない。

この足の冷たさと、体のホカホカのコントラストが風邪除けになっているのかもしれない。

老衰して体が動かなくなるまでやめられない趣味となっている、カンガルーマンのビーチバレーライフだ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 

  
Posted by Kangarooman at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月22日

漢字がどうした?

難しい漢字が読めないからといってそれほど大きな問題なのか?

カンガルーマン自身が漢字に弱いから噛みつくわけではないが、難しい漢字が読めないからといって馬鹿呼ばわりするのは的が外れている。

麻生首相ウオッチをしているわけではないので、首相が頭のいい人かどうかは分からない。しかしいくら難しい漢字が読めるからといって、その人が頭脳明晰かということも当てはまらない。

カンガルーマンに言わせれば、首相が漢字を読めないといって馬鹿にしたり、非難するほうがはるかに馬鹿ではないかと思う。

本当に頭のいい人というのは:
多くの知識を持っている人よりも、知識があればそれはそれで結構だが、難しい事象や問題をすばやく分析し、本質を見極め、的確な答えを導く人ではなかろうか?

しかもその答えは誰もが理解できるように平易に噛み砕いたものでなければならない。

麻生首相を批判している方々に言いたい。

「首相の漢字の読み違いを攻撃して喜ばず、現政府や政治家の根本的問題点を掘り下げ、そこから攻撃してほしいものだ。」

2世政治家の問題、公明党と自民党政治家の問題、政治家とお金の問題、政治家と官僚の関係、政府の意思決定の仕組み等々・・・いくらでもあるだろう。

逆の見方をすれば、こうしたくだらない問題が大きな話題になっているということは、日本がまだまだ平和で余裕あることの裏返しなのだろう。

嵐と大波はずっと沖のかなたで、まさかこちらには来ないだろうと気楽にサーフィンやビーチバレーをやっているのが今の日本人かもしれない。

政府、政治家、官僚の仕事は、その沖の彼方の嵐と大波が岸を襲うのか分析し、そしてもし襲ったらどうするかを私達国民に正確に知らせることだろう。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 

  
Posted by Kangarooman at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月20日

専門書

と、いってもこれは難しい専門書ではない。
Kangaroo Cookin'

ルーミート(カンガルー肉)専門の料理ブック

残念ながら日本ではまだ出版されていない。

ルーミートを活用した88のレシピーからなっている。





具体的には、スープ、シチュー、パスタ、グリル、ステーキ‥、オーストラリア人向けのレシピー。牛豚鶏等の通常のお肉との違い、料理のしかた、料理に合った部位の選び方なども丁寧に説明してある。

グリーンピースが食用カンガルー肉を薦めたり、クリーンなお肉に対する需要が増えて、さらに健康志向の世の中で、とうとう専門の料理本まで出版された。

そのうち日本人向け専門料理ブックが出ることになるのだろう。

ルーミートに対する視線がさらに熱くなってきている21世紀だ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 

  
Posted by Kangarooman at 16:17Comments(1)TrackBack(0)

2009年01月17日

広がるルーミート

最近千葉でホットなインターナショナルバー

オーシャンディープ

この店で1月25日オーストラリアディを祝う催しがある。

そして、カンガルーステーキが当日は特別メニューで出されるそうだ。

千葉中央駅近くの”大漁日本海庄や”でもルーミートは食べられるが、この日はオーストラリア人オーナーによるステーキだ。

本場のカンガルーステーキの味を試したかったら、25日にこの店に行けばいい。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 

  
Posted by Kangarooman at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月14日

お買い得、いや貰い得

これは凄い
Sunbeam MixerSunbeam Mixer
ネットで見たら¥29,800だった。

これが¥1,480で手に入った。この¥1,480は運送費で本体そのものはタダ。

 

どうやって入手したかというと、以下のサイトから:http://freestuffjapan.wordpress.com/

サイトは英語なので少し手間取るかもしれないが、なんせタダで手に入るのだから我慢しないとしょうがない。

仕組みは、先ずここの会員にならなければならない。会費は無料。

ここで何が行われているかというと「要らなくなった物をサイト上で紹介して欲しい人を探す、あるいは紹介されているアイテムから欲しいものを探す。」リサイクル活動だ。

条件としては、紹介するアイテムは無料にすることと日本国内輸送が可能であるということのみだ。

欲しいものが見つかったら、出品者にコンタクトして話をつける。お互いが同意したら一方は送る手配をし、受け取るほうは運送費を払えばそれで終わりだ。

今回のケースでゆくと、到着したミキサーはほとんど新品同様だった。

我が家では、これまで貰うだけでなく逆に本、洋服などを紹介して処分してきた。

普通だったら、捨てるにはもったいないと思いながら粗大ゴミに出していた物が、他の人の手の中でまた生き返る。

こんなに合理的で素晴らしいことはない。

高いお金を出して新品を買うなんて愚の骨頂。

こんなことばかりしていると、政治家や役人に、「だから景気が悪くなる。」と叱られそうだが・・・・・。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 

  
Posted by Kangarooman at 23:14Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月13日

久しぶりに・・・・

ダチョウをメインで食べる。
ダチョウ

タタキサラダ。
白く見えるのは鴨のスモーク。



作り方は簡単。

レタスの上に塩・胡椒で味付けしたタタキ肉を乗せるだけ。
玉ねぎスライスをレタスにのせて、お肉と一緒に食べると、これもなかなかいける。

レタスには、オリーブオイルをかけて塩をまぶして終わり。

お肉に火を通して、食べるまでに15分あれば出来上がる。

牛肉には、牛鍋やすき焼き、豚はトンカツ、鳥は唐揚げといった料理がピッタリだが、ダチョウやカンガルーはタタキが一番だ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や   
Posted by Kangarooman at 23:32Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月11日

MAMMA MIA

好みの問題だろうけど・・・・。
カミさんが待ちに待っていたDVDが到着。
MAMMA MIA

我が家の女性陣とその周囲には大受けの映画。

ABBAの歌を元にストーリーが展開するハッピーエンディングコメディー。

メリル・ストリープがあんなに歌がうまいとは知らなかった。さすが名女優。



家族で寝転がって観ていたら、カンガルーマンは数回居眠りをしてしまい、結局映画の中身は理解しないままだった。

観た後に何となく物足りずに、口直しにレートショーを娘と観に行く。

観たのは「ワールドオブライズ」

中東を舞台にしたCIAの暗躍を描くエンターテインメント。

ということで、女性向けエンターテインメントと男性向けエンターテインメント映画を梯子した土曜日の夜だった。

判明したことは、カミさんは男性向けは見ようともしないが、娘は女性向け・男性向け両方とも行けるということだった。
ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 

  
Posted by Kangarooman at 17:22Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月09日

非正規社員

今、マスコミを騒がせている話題に非正規社員の解雇問題ということがある。

しかし、この非正規社員の背景と就職動機というのはかなりの曲者だ。

非正規社員には、大きく分けて次の二つのタイプがいるのではないか?
細かく分ければ他にもさまざまなタイプが居るのだろうが、今回はこの2タイプについて考えてみたい。

タイプ1:正社員を目指しているがなかなかなれないタイプ。
「企業に正社員として就職したいにも関わらず、なかなか採用の機会に恵まれないので採用されるまでのつなぎとして、あるいは食べるためにしょうがなく非正社員として働いている。」

タイプ2:自ら好んで、あるいは自分の意志で非正社員となっている。
「会社に縛られるのが嫌、責任ある立場を避けたい、まだ自分のやりたいことが見つからない、家庭の事情でフルタイムが難しい‥さまざまな個人的理由で非正社員として働いている。」

カンガルーマンがフリーターだった頃は、完全にタイプ2だった。したがって、会社の都合で解雇されても文句は言えなかったし、逆に自分が辞めたいときには事前通告をするだけで好きな時に会社を去る自由があった。

カンガルーマンが25以上も職業を変えたのは、そういう気軽さが好きだったからだ。したがって仕事に慣れてきて、責任ある立場を任されそうになると辞めたことを思い出す。

こうしてみると、私たち(行政やボランティアを含む)が支援の手を差しのばさなければならないのはタイプ1に対してだ。

問題は、タイプ2だ。

特に昔のカンガルーマンのような自分勝手なタイプ2だ。

このタイプは、極論を言えば、正規社員と比べて会社に対する忠誠心も、責任も軽いといっても過言ではない。そしてそれを承知で、いやそれだからこそ非正規社員としての立場を享受している筈だ。要するにやるべき仕事をこなすことが自分の責任で、それに対して対価を貰っている。そして仕事が気に入らなければ会社の都合は関係なくいつでも辞める自由がある。

そういう前提があるにも関わらず、会社の都合で解雇となった時に”文句”を言うのは筋が通らない。

したがって、マスコミや社会がこの非正規社員解雇問題を批判する際は、この二つのタイプの線引きをはっきりさせたうえで議論すべきだろう。

支援の手を差し伸べる際の相手の背景をきっちり把握することが肝要だ。

タイプ2の、特に我儘で自分勝手な理由で非正規社員になっている輩は真っ先に首にして、自己責任で次の仕事を自分で探してもらうことが長い目でみれば社会のためになる。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や 

  
Posted by Kangarooman at 22:48Comments(2)TrackBack(0)