2007年09月13日

フーム・・・・・・ひょっとして

これが小泉さんの仕事の第一の総仕上げじゃないか?

あの「自民党をぶっ壊す!」という公約。

これで自民党が完全にぶっ壊れて、民主党も分解し、公明党抜きの新たな保守政権が出来れば万々歳だ!!!

だから小泉さんは誰が何と言おうと今回の総裁選挙には出馬しない。

出馬したら自民党が壊れるのが遅くなる。

なんてことはありえないか・・・・!?


しかし、今年に入ってからの自民党に対する逆風は半端じゃなかった。どう考えても誰かが自民党を参議院選で敗北させるために仕掛けたとしか考えられない。

全てが自民党を壊すためのシナリオだったような気がするのは妄想か?

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング
  

Posted by Kangarooman at 22:06Comments(0)TrackBack(0)

2007年09月12日

安部首相辞任

本当は他の事を書こうと思っていたのだが、これだけ大きな話題は避けて通れない。

さらに昨夜ある勉強会に出席して、著名ジャーナリストによる「第二次安部内閣誕生の舞台裏」という演題の話を聞いたばっかりだ。

その時にメモした内容をみているのだが、この時点ではこの先生も首相が今日辞任するということは知らなかったらしい。あるいは知っていたとしても私達に教えることは出来なかったに違いない。

ただ、講師が明言していたことは「第二次内閣が成立した過程を検証するに、現在は明らかに麻生・与謝野内閣である。」ということだった。ということは既に阿部首相がいつ辞任してもいいような伏線が張ってあったのだろう。

まあ、それはそれとしてここではこれ以上勉強会の中身に触れることはしない。

カンガルーマンがこれまでの小泉内閣から現在までの自民党の軌跡と安部内閣になってからのドタバタ状況を見るにつけ、普段から不愉快に思っていた事について言及したい。

その前に前提として、カンガルーマンは小泉・安部路線を基本的に支持していただけに途中で仕事を放り投げて誠に残念だ。

不愉快な事とは、今回の辞任に至るまでメディアと野党は政策の本質論ではなく枝葉末節の部分を問題化しまるで苛めの権化のごとく振舞ってきたことだ。

・「政治家と金」・・・・野党政治家だってどこまでクリーンか分ったものではない。
・「失言」・・・・・・・・・失言する事自体脇が甘いといえばそれまでだが、そんなに目くじらたてるほどの内容ではなかったはずだ。
・「年金問題」・・・・・これなどは過去数十年にわたって積み重なってきた問題だ。安部政権のみが責められる筋合いのものではない。

そして世論もこれらの渦に巻き込まれ日本列島自体が世界の動きから隔離されている状態に置かれてしまった。

周りは嵐が吹いているのに関わらず、家の中の細々したことに親父は忙殺されいつの間にか家そのものが濁流に飲み込まれている事に気がつかない家族のようだ。

上に立つ者は常に批判に曝されることを覚悟しなければならない。ところがこの安倍首相の場合雨あられと降り注ぐ批判の嵐に必要以上にまともに対応しようとしたがために墓穴を掘ってしまった。

誰かが「鈍感力」という言葉を作ったが、それの全く逆を言ってしまったようだ。苛めの原理は反応すればするほど苛める方は調子に乗ってくる。

結論から言えば、安倍氏は首相の器ではなかったということか?

気の小さい真面目だけが取り得の人間が首相になってしまった悲劇なのだろう。

次の首相は、国際的に十分通用する資質を持ち、政策通であり同時に冷徹な計算が出来、厚顔無恥、人情家でありながらも冷酷な側面を持ち、さらにカリスマ性を持った人になってもらいたいものだ。

誰か居るか・・・・・?

与野党をグルーッと見回してみたが、居ないか?

困ったものだ!

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:34Comments(4)TrackBack(0)

2007年09月10日

ビーチバレー行脚

日曜日の夜と月曜日の朝、客と京都・大阪で会う約束があったため関西方面への出張となった。そういうことで当然日曜日に関西へ移動しなければならない。

ということは、いつものビーチバレーを休まなければならない。

そこで一計。

ネットで調べたり、関西在住のプレーヤーに聞いたりして、琵琶湖のマイアミ浜という所でビーチバレーの練習をしているグループがあることを発見。

ただ、はっきりその存在が分かったのが関西に行く前日の夜11時頃だったので、日曜日に練習をしているかどうかは不明だった。

それでもカバンにTシャツ、サーパン、タオル等を入れて出発した。

お昼ごろ京都に着いてホテルでチェックインを済まして、あとはマイアミ浜へ一直線だった。それでも現地に着いたのが3時前。

誰かやってるかと思いながら歩いていると、”いたいた”
チームLoose1

チームLooseのメンバーが4人で一生懸命練習している。

女性3人と男性1人。

思い切って声をかけると、快く仲間に入れてくれた。

これがビーチバレーの醍醐味!







チームLoose2

この爺さんをよく受け入れてくれたものだ。

やっていてやけに皆上手いと感心していたら何と女子はビーチバレーの滋賀県代表選手だとのことだ。

それでも厭な顔一つせずゲームの時も組んでくれた。







チームLoose3
ビーチバレーの良いところは、いつでもどこでも世界中ビーチバレーをやっているところだったら、声をかけてプレーできる。

そしてアッという間にボールとコートを通して友達になれる。

こんなスポーツはなかなか見つからない。



カンガルーマンにはこうしてと東京、千葉、神奈川、関西、カリフォルニア、オーストラリアとビーチバレー友達が出来てくる。

いやー、ほんとにビーチバレー馬鹿で良かったと実感した出張だった。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:16Comments(2)TrackBack(0)

2007年09月08日

文化摩擦?

それともタマタマ?

カミさんの友人が憤慨して連絡してきた。

ある日、その友人は自分の子供が通っている幼稚園の母親達と友達になりたいと思ってパーティを企画した。食材をわざわざアメリカから取り寄せ、腕によりをかけて典型的なアメリカ人の家庭料理をふるまった。

ところが誰も食べようとしない。食べてもちょっと口にするだけだ。彼女は誰も食べないものだからよっぽど美味しくないのだろうと思って内心かなり落ち込んだらしい。それでも頑張ってホストとしてパーティの場を盛り上げたのだそうだ。

パーティも終わり近くになりいよいよ帰る段になった途端、招待されたお母さん達は残った食べ物を紙に包み始めたではないか!そして、綺麗サッパリ何も残さず全て持ち帰ってしまった。

当初、その友人はパーティの残り物を家族の晩ご飯にしようと考えていたのだが、全て持っていかれたのでまた別に晩ご飯を作る羽目になってしまった。

要するに、「出された物を食べないとはとても失礼だということ。あと、もって帰るのは構わないが、少しぐらい残すのが礼儀ではないか?日本人とはこんなに相手のことを考えない人達なのか?」ということで怒っている。

その事の是非をカンガルーマンに聞かれたのだが、「そんなこと有り得ない。それはたまたまそのグループがそうだったのではないか?」としか答えられなかった。普通同じ事を日本人同士でやったら無礼極まる行為だと思うのだが。

カミさんやその友人は、「それでは母親達は、私たちが外国人だったからか?もしそうだったらそれはそれで納得ゆかない」と言っている。

さて、一般的にはどうなのだろう。

この母親達の行為は日本人同士では普通なのか?

カンガルーマンは幼稚園の母親達との交流がないのでまともな答えを出す事が出来ずにいる。

あと、こじ付けとして考えられるのは「母親達はとても緊張していて、最初はものすごく遠慮して食べ物にがっつかなかった。が、帰る頃にやっと緊張が取れて美味しそうな珍しい食べ物を自分用と家族にもって帰りたくなった。それと残すのはもったいないという意識で持って帰った」というところか?

いずれにしても、善意の交流パーティが不信発生パーティに転じてしまったようだ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:32Comments(4)TrackBack(0)

2007年09月06日

お金の魔力ーその2

お金

お金の使い方を見ているとその人の性格がわかってくる。

そしてその使い方は人それぞれで千差万別だ。










基本パターンとしては例えば:

A. 必要最低限の生活を維持しながら、自分が無駄だと思うことには一切お金を使わず収入のほとんどを貯金にまわす。この手の人は貯金通帳の額が増えることに喜びを感じる。そのお金を元手にあるいはお金を働かして増やそうというようなリスクを伴うような行為はやらない。とにかく、毎月着実に貯金を増やす事が趣味みたいな人。

こういう人は多分、死ぬ時までお金を貯めるだけ貯めてそれで満足してあの世に行くのだろう。堅実と言えば聞こえは良いがかなり付き合いづらい。

B. 次は逆に貯金なんて考えずに欲しい物ややりたいことにジャンジャンお金を使う。だからいくら収入があっても追いつかない。ただ、このタイプは運が良ければそうしてお金を使ってゆくうちに商売であてたり、趣味の分野が花開いてお金持ちになるってこともあるがそれは稀なケースだ。

一般的にはかなり破滅型で周りを不幸にする場合が多い。

C. 一番多いケースだろう。常識的な生活を維持し、ある程度の貯金もし、自分の欲しい物や趣味にもある程度の予算をまわす。いわゆるバランスのとれたお金管理と使い方だ。

まあ、一番健全で安心して付き合える部類に入るだろう。

一般的には程度の差はあれ、これらの三つの要素のどれかあるいはそれぞれが混じった形でどこかに当てはまるのではないだろうか。

ただ、これらは基本要素であり具体的使い方になってくると数え切れないほどのバリエーションが出てくる。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:33Comments(0)TrackBack(0)

2007年09月05日

お金の魔力

お金みんな誰だってお金が欲しい。


自給自足できる環境にあれば別だが、そうでなければ今の社会ではお金が無くては生きて行くのは大変だ。

お金が無ければ、当り前だがまず食べ物が手に入らない、寝るところが確保できない、着る物がないといった具合に、基本的な衣食住に困ってしまう。まあ、俗にいうところのホームレス状態になるわけだ。





そこで基本的衣食住を満たすために何らかの方法でお金を稼ぐ。ここまでは、お金は生きるための手段あるいは道具として使われる。空腹にならず、雨風と寒さを避け、清潔な衣服を身にまとい、子供達にチャンとした教育を受けさせ、老後を安心して暮らせるようにする為にお金を道具として活用する。

この段階ではお金に魔力は付きまとってはいないのだろう。

しかし、ここに人間の欲望が絡んできた途端お金はその表情を変えてくる。
例えば、楽をしたい。贅沢をしたい。人より大きい家に住みたい。高級車に乗りたい。ブランド品を揃えたい。他より優越感に浸りたい等・・・・・・。

この欲望がある程度のレベルで収まっている限りお金の魔の部分もそれなりに影を潜めている。ところが、この人間の欲望に歯止めが効かなくなってくるとそれに比例するようにお金の魔力がその欲望の周りを黒い雲のごとく覆ってくる。

この時点から、お金を道具として使っていた立場からお金の奴隷へと変わって主客転倒という事態が到来する。そしてその人の人生でお金を得ることのみが目的となってしまう場合が出てくる。

中には、お金を得ることが目的でなくても自分の好きなこと、やりたいことを続けて行くうちにいつのまにか社会から受け入れられるようになりお金が集まってくるケースがあるが、これは稀なケースだろう。

カンガルーマンの場合を例にとろう。

カンガルーマンはお金を道具として使うか、奴隷になるかその瀬戸際にあるといっても過言ではない。

その理由は:

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 18:12Comments(2)TrackBack(0)

2007年09月03日

こりゃダメだ

お金農林大臣が辞任した。

政治家の金に関するスキャンダルは底なしのようだ。

多分、与野党を含めて公私混同をしていない政治家を探すのは不可能に近いだろう。自民党に限らず、公明党、民主党、社民党ひいては共産党の代議士だってどこまでクリーンかわかったものではない。

 


クリーンが売り物だった社民党でさえ、あの辻本議員の秘書給与ネコババ事件はそれほど古い話ではない。

こうなったら、草の根レベルで第三者機関を設立して政治家の金の流れを徹底的に浄化する必要があるのではないか?

「越後屋、お主も悪よのう!」の世界が蔓延していて、このパンドラの箱を開ける事が出来なくなっている。

カンガルーマンはこれまで自民党に対しては比較的好意的な目で見ていたが、ここまで腐っているようだと、天誅を下したくなってくる。

かといって、野党連中にしても似たり寄ったりだろうから政治家不信極まれりという感じだ。

個人的な例をあげさせてもらうと、昔仕事の関係である政治家に相談に行ったことがある。その時、政治家に会う前にまず筆頭秘書みたいな人に紹介されいろいろと相談事をさせてもらった。

一応表面的な話が終わり、本題に移ろうとした時に、この秘書が「おみやげは?」と聞いてきた。

「は?」
「あんた、手ぶらで来たの?」
「いや、お菓子を・・・・」
「お菓子?一本は無いと。常識ってもんがあるでしょう?」
「は?」
「は?じゃないよ。わかった。わかった。紹介した人にちゃんと段取りを聞いてこなきゃダメじゃない。またアポイント取り直して来て下さい。」

と嘘のような会話が行われ、非常に不愉快な思いをした記憶がある。あとで判ったことだが、この秘書が言った一本とは百万円のことだったらしい。

当然のごとく2度とそこの事務所に出向く事はなかった。

全ての政治家がこうだとは思いたくないが、ここでもお金が大きく物を言っている。こうした経験をすると、最近の政治家スキャンダルは氷山の一角としか思えない。

私達一般庶民は、普通の生活を送るために真面目に働き、家族を養い、子供たちに教育を受けさせ、そして社会の一員として税金を納めている。

政治家や役人達は、こうして私たちが納めた莫大な額の税金を管理、予算化して国を運営する事を任されているはずだ。

ところが、こうして任されている当人達が出鱈目をやっているようでは国が滅びてしまう。

昨日の日記でも述べたように改めてお金の魔力について考えてみたい。ここをある程度解き明かさないと現在の政治家を含む世の中の腐った構造が改善する見込みはないのではなかろうか?

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 23:48Comments(2)TrackBack(0)

2007年09月02日

人の金だからどうでもいいけど・・・・

今朝の新聞に書いてあったのだが、「東京都心で外資系を中心とした高級ホテルの顧客獲得競争が激化している。」そうだ。

あるホテルは1泊98万1750円だと!

平均は6−7万円らしい。

お金が余っていて、贅沢したい人はこうしたホテルに泊まればいいのだろうが、お金を持ってないカンガルーマンのヒガミかどうか知らないが、ホテルに一泊するのにこんな大金を使う人の気がしれない。

ただ単に寝るだけのために、このようなお金の使い方にどのような価値があるのかどうしても見いだせないカンガルーマンだ。

人それぞれ価値観が違うので、こうした所にお金を使うところに大きな意義を見いだしている人がいるので商売としても成り立つのだろうが、彼らにしてみればカンガルーマンの言ってる事は「余計なお世話だ」ということになるのだろう。

お金
人のお金だからどうでもいいのだが、どうもこの辺りが今の世界をおかしくしている元凶ではないかと思っているのはカンガルーマンだけか?

このお金という代物、使い方でどうにでもなる。

今さらというわけでもないのだが、もう一度、今のお金万能の世界が正しいのかどうか改めて見直して見る時期に来ているのではなかろうか?





盗み、政治家の嘘、企業の嘘、私たちの嘘、働き蜂のような生活から始まって、環境汚染、戦争、今のイラクやアフガニスタンの状況等・・・・、全てお金が根底にあるのだろう。

人間の欲望を満たしてくれる可能性のある道具”お金”についていろいろ考えてみたい。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 21:57Comments(0)TrackBack(0)