2007年07月31日

庶民の目線でお手並み拝見

参議院選挙が終り、結果は事前の予想通り民主党の圧勝だった。

参議院の第一党として法案審理にもある程度のイニシアチブを取ることも可能になる。その気になれば向こう半年以内くらいなら総選挙に持ち込み衆参両院で過半数を取得し、真の意味で政権を担うことも可能だ。

そこまでのガッツがあるかどうかは、その時になってみないと分からない。

ただ単なる気楽な批判勢力で終わるか、あるいは批判される側にまわるか彼らの心構えが試される向こう半年から一年だ。

個人的には自民党も民主党も解体して新たな保守勢力を作る絶好の機会だと思うのだが、さてどうなるか?

特に自民党議員で公明覚醒剤という薬物に汚染されている輩は、この新保守勢力には絶対入れてはいけない。彼らはこの公明覚醒剤中毒のままフラフラして自滅して欲しいものだ。

最悪解体がなしえず、民主党がそのまま政権奪取に進んだ場合、カンガルーマンは以下の点について彼らがどのように処理するか注視するつもりでいる。

1.各議員のお金の透明性を明確に国民に知らしめる。
(過去の、社民党代議士の秘書給与猫ババ事件などそれほど昔の話ではない。)個人情報ナンタラカンタラで逃げないで徹底的に情報開示して欲しいものだ。

2.旧自民党、旧民社党、旧社会党議員(特に労組や日教組を支持母体としている議員)間の思想的整合性。
自民党旧経世会の番頭格だった人がリーダーの下で、旧社会党系の議員達は思想転向をするしかないのではないか?

3.政府予算に占める行政関連支出の無駄の徹底的洗い出しと削減。
これは彼らがこれまで声を大にして主張していた案件だ。つまり無駄な支出を抑えることで増税無き財政再建が可能という論理だ。(無駄な支出の一つである一般公務員の給料と人員削減さらに特権を彼らがどこまで崩せるか、ここも見所だ)

4.対米関係
これまで自民党を対米従属一辺倒とかいって批判してきたが、従来の対米関係をどのような形に変えるつもりなのだろうか?まあ公式的には「是々非々」で「言うべきときは言う」スタイルでということなのだろうが、さて具体論でどう出るか?米軍基地廃絶や思いやり予算の廃止なんてことできるか?

出来ないだろう・・・。

とりあえず目の前の問題としてはテロ特措法延期はどうハンドリングするか?条件付で認めるなんてことはまさかしないだろう!?

5.対中、アジア関係
アメリカ一辺倒は嫌だから、急遽中国、アジア詣でを活発化させるか?歴史問題では全て中国や韓国が正しいと是認し、靖国神社の解体でも約束すれば中・韓は大喜びだ。ついでに竹島を韓国に、東シナ海油田を中国にプレゼントすれば完璧だ。

6.防衛省
防衛庁にまた格下げして、防衛予算の大幅削減なんてことに手をつけられるか?

いや、自衛隊解体をして防衛費を全て生活保護費とサラリーマン減税にまわせば所謂平和主義者や弱者の味方連中は大喜びだ。

7.中小企業対策
大手の下請けとして存続している多くの中小企業は、大手の景気が良くないといつまでたっても元気にならないのが基本的構造だ。この構造を変えるのに何か名案でもあるのか?彼らが中小企業の役員にでもなれば抜本的対策の妙案がでてくるかもしれないが、元労組幹部の先生達はそういう汚れ仕事はやらないだろうからいつまでたっても机上の空論で終わりそうな気がする。           

8.憲法
これは一枚岩ではなかなか行かないだろう。護憲派と改憲派で股裂きにあうのではないか?だからこの件に関しては見ざる、言わざる、聞かざるを通すか?

他にもいろいろあるのだろうが、とりあえず上記8点に関して彼らがどのような対応をして行くか見てみたい。その対応の仕方によって彼らが国の舵取りという重責を担えるか、あるいは気楽な批判勢力としての役割しかないのかある程度判断できるだろう。

民主党の皆さんお手並み拝見だ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  

Posted by Kangarooman at 22:27Comments(2)TrackBack(0)

2007年07月30日

気楽な稼業

批判勢力という存在 は、社会や組織があるところではどこにでもいる。

職場でも、遊びのグループでも、政治の世界でも必ずいる。

上司やリーダーに逆らって、批判してばかりでその存在感を示そうという輩だ。

これまで多くのそういった人種を見てきた。

そして、そういった連中にはある種の共通点があることに気がついた。

それは、出来るだけ自分を責任ある、つまり管理する立場に置かないようにしていることだ。

社員やグループメンバーの不平・不満を代弁するがごとく上司やリーダーに食ってかかる。常に弱者の味方のような顔で正義論をぶってくる。正義論だから誰も反論できない。そしてそこで勝ち誇ったように自分の存在意義を確かめるのだ。

昔、カンガルーマンがある会社の工場責任者として働いていた事がある。その時にやはり暇があると工場運営を批判するグループがいた。

そこでカンガルーマンら運営者側は、社長の許可をもらった上で彼らに権限委譲して工場を任せてみた。

そしたら彼らのとんでもない化けの皮が剥がれてしまった。

彼らは、自分達がどのような失敗を犯そうと他人の批判はおろか意見さえも受け付けないとても狭量で偏屈な心の持ち主が多かった。

結果、工場運営は短期間でグチャグチャになってしまった。

とにかく、他人を批判するのは大好きだが、批判されるのは大嫌いという性質を持った連中だったことを覚えている。

参議院選挙で自民党が負け、民主党が参議院第一党となったそうだ。

民主党はともかく、これまで常に批判勢力だった庶民の味方である旧社会党、社民党、共産党の連中に国政で批判される立場に立って欲しいものだ。

彼らが言うとおりの国作りをしたら、一時的に庶民は喜ぶだろうが、最終的には国が滅んでしまうだろう。

気楽な批判勢力稼業ではなく、実際に国政を担当する気概と度量があるのかはなはだ疑問だ。

そういった意味では、今回の民主党でさえ党員の半分以上は労組出身の気楽な批判勢力稼業を楽しんでいる議員が跋扈しているような気がしてならない。

彼らが衆参両院で多数派を占め、国政を実際に担当するようになったら運営する側の大変さと、ただ批判するだけの気楽さの違いを認識するのだろう。

まあ、カンガルーマンが以前関わった批判するのは大好きだが、されるのは大嫌いと言う人種でない事だけを願うのみだ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 22:23Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月29日

気分いい

ゴミ

誰がやったんだろう。

管理事務所か?ボランティアか?

それとも海水浴客か?まさか・・・・・・!



缶
いずれにしても気分がいい。

最近、ビーチに来る人達ののマナーの悪さにヘキヘキしていたところだ。

なんで彼らはこうもゴミをどこでもポイポイ捨てるのだろう?

こういう人種に限って自分の家の庭だったらカンカンになる。


誰がやったか知らないが、有難う。

カンガルーマンのビーチ仲間も見習うべき行いだ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 22:43Comments(2)TrackBack(0)

2007年07月27日

平均寿命更新

今朝の新聞によると、日本人の平均寿命がまた伸びたそうだ。

男性:79歳 女性:85.81歳とのことだ。

そうするとこれから仕事面での現役を退いてからの時間の過ごし方が重要になってくる。いくら長生きしても、ただ生きているだけとか病床に臥せっていては意味が無い。

やはり、何らかの形で社会に関与してこそ長生きの意味がある。

65歳で現役を退いたとして、男性であれば14年、女性であれば20年もの時間がある。これだけの時間があればかなりの事が成し遂げられるのではないか?

なにも若いときのようにがむしゃらに働く必要は無い。

何か一つ目標を持って、健康に留意しながらユックリとコツコツと進んで行けばいい。

現役時代に貯えた知識と経験、さらには年輪を重ねた知恵を加味して行けば若い人達では考えつかないような発想や発明が出てくるかもしれない。

体力は衰えても、その気になれば頭脳ではまだま若い人達に太刀打ちできる可能性を持っているのがこれからの高齢者ではなかろうか?

カンガルーマンも仕事を続けながら自分の目標を設定して、一歩一歩その目標に向かってあるいている今日この頃だ。

この一歩一歩が同時にアンチエイジングにつながると確信している。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 23:29Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月26日

嘘の続き

政治家だけが嘘つきじゃなかったようだ。

この前のミートホープにしろ、丸亀市で給食に豪州産牛肉を国産だといって納入したケースといい、特に食品関係者には嘘つきが多いようだ。

カンガルーマンも食品や食肉を販売しているので同業者なのだが、嘘をついてまで利益をあげようとする神経が理解できない。

長い間生きてきたから嘘をついたことが無いといえば嘘になる。

しかし、少なくとも嘘をついて金儲けをしようと思ったことは一度も無い。また幸いなことにそういう状況に陥ったことがない。

儲けの字を分解すると、信用ある者となっている。つまり、最後は正直に商売している者が利益を手にすることが出来る真理をついているはずだ。

少なくともこうした悪徳業者達が摘発されるだけでも社会が正常に働いている証なのだろう。

考えてみれば、これまでさまざまな嘘がらみのスキャンダルが公にされてきたが、ひょっとして表に出てきたのは氷山の一角かもしれない。

本当の悪で嘘つきは、絶対バレないようにあらゆる事を想定したうえで、しかもバレたとしても嘘の証拠を残さないくらい巧妙にやっている可能性大だ。

カンガルーマンのような小心者の庶民はこうした嘘の世界では生きて行けないだろう。嘘をついたとしてもせいぜい自分の小遣いを増やすためにカミさんに臨時収入があった時に黙っているくらいだ。

それでもどこかで尻尾をつかまれ何故かすぐバレてしまう。かといってカミさんや他の人が嘘をついても見抜けない。

誰かが言ったのだが、バレない嘘は嘘にはならないと・・・。

しかし、嘘にはどこか無理があるから必ずバレると思うのは単細胞のカンガルーマンだけか?

考えてるうちに頭がこんがらかってきた・・・。

この話は難しいから止めた!

あらためて思うのは、カンガルーマンは少なくとも政治家には向いていない。
ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 23:01Comments(2)TrackBack(0)

2007年07月25日

何を今さら・・・・

今、参議院選挙の最中にある。

各候補者は選挙に勝つための選挙活動に余念がない。

カンガルーマンが小学校の4年か5年んの頃だった。家の近くの広場で遊んでいると市議会議員候補者がそこで立会い演説会を始めた。

近所のオジサン、オバサンが集まってきて演説に聞き入っている。細かい話は忘れたが(理解できなかった)、一緒に遊んでいた子供達が質問を始めた。

「オジサン当選したらここに砂場やブランコを作って子供公園にしてくれる?」

「おお、勿論だよ。そのほか鉄棒や、滑り台でも子供達が安心して遊べる場所を作ってあげる」

そのオジサンが当選した事を聞いて、子供同士でいつ公園に変わるのか首を長くして待っていた。が、高校を卒業して、そしてその後もその広場が公園になった話を聞くことがなかった。

それ以来、カンガルーマンは政治家の立会い演説会での約束は信じない人間となってしまった。

子供に嘘をついたこの市会議員の責任はまことに重い。

どうも古今東西、政治家とは嘘をつく人種、いやそうでないと勤まらないのかもしれない。

今の政治家が嘘つきなのではない。

何を今さらという感じだ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 23:20Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月23日

マーシャル諸島からの風

当ブログにリンクを張っているE'sCafeのerikoさんが、マーシャルでのボランティア活動が終了し帰国されるとのニュースが入った。

当地では、学校教師として理科・数学を子供達に教えてらっしゃったとのことだ。

* 彼女の活動詳細についてはE'sCafeをご覧下さい。

マーシャルのお話を聞かせて欲しいということで帰国後研修のお忙しい中時間をとってもらった。カンガルーマンの息子と同じ年齢のとても真面目で前向きなお嬢さんだ。
マーシャルのTシャツ


これはお土産にいただいたマーシャルからのTシャツ。

ビーチバレーには欠かせない道具の一つだ。

またTシャツコレクションが増えた。




彼女の現地での活動についてはブログに目を通していたのである程度の予備知識はあったのだが、政治、経済、社会の仕組みなど現地に長期滞在した人でないと分からない話が聞けた。

これからは大学院生として、自分の興味ある分野をさらに掘り下げて勉強されるとのこと。

勉強を続けながらそのうち自分のライフワークを見つけることだろう。

誰しも自分が目指していることが正しいか、方向性が間違ってないか等いろいろなことを自問しながら悩みながら成長してゆく。この年になってもあれやこれや自問自答しているカンガルーマンの頭の中や、彼女の将来の展望などを話してゆくうちにアッという間に時間が経ってしまった。

こうした前向きな若い人達と交流できて本当にカンガルーマンは幸せ者だ。

erikoさんは、マーシャルからとても爽やかな風をカンガルーマンの心に吹き込んでくれた。

これでまた5歳くらい若返ったのではなかろうか?

またまた日本の将来も捨てたものではないと確信した有意義な日だった。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 22:15Comments(4)TrackBack(0)

2007年07月22日

ビーチ、ビーチ、ビーチバレー

このところ週末はずっとビーチバレーのみの生活だ。

昨日は朝7時に起きて、犬の散歩を済ましてからお台場へ。

大会に出場。夕方までボールを追いかけたり、ビーチに寝転がったり、ゲームを見たりして一日が終わった。

そして、今日も小雨が降っていたが構わず近所のビーチへ直行。

午後には太陽が顔を覗かせると同時に湿度と気温がガンガン上がってくる。

プレーの合間に、頭からシャワーを浴びて体を冷やし、またボールを追いかける。

延々とそれの繰り返し。

それでも楽しい。楽しくってしょうがない。

汗まみれ、砂まみれで過ごした2日間だった。

来週も、その次の週も、その次の週も・・・・・と体が動かなくなるまで続く週末の活動だ。

このような趣味にめぐり合えたカンガルーマンは幸せ者だ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 22:28Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月20日

パロディかブラックジョークか?

このページ一見したところ普通の経済サイトのようだ。いや実際それなりに有用な情報サイトだ。http://blog.mag2.com/m/log/0000130269/

このサイトが何を提供しているかというと、オセアニア通貨の為替動向の現状と見通しを分析しながら最近話題のFXで儲けるための情報を提供している。

カンガルーマンは仕事の関係で豪ドルの動向を常に気にしておかなければならないので、情報源として重宝している。

しかし、よく目を凝らしてみるとこのページにリンクを張ってあるスポンサーサイトがユニークだ。

自己破産専門の法律屋さんがリンクされている。

儲けるための情報を提供しながら、同時に自己破産情報も提供していることになる。

なんとまあ、手回しのいいことか?

これって、パチンコ屋さんの横に消費者金融のATMが置いてあるのに近い。

ただこのページの場合は、それを飛び越して自己破産のやり方情報だからエグイというかブラックジョークだ。

つまりFXは、大金を儲ける人もいれば自己破産する人もいるということでやはり心してかからなければならない代物なのだろう。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 21:13Comments(2)TrackBack(0)

2007年07月19日

賞味期限シンドローム

今朝の新聞に、今回地震に見舞われた柏崎市の避難所で、市が配布したオニギリが賞味期限切れのものが混ざっていたという記事が掲載されていた。

記事によると、配布された一部のオニギリの賞味期限が2時間経過していたとのことだった。

2時間?たった2時間?

それが新聞記事になるような問題なのか?

最近、人々はあまりにもこの賞味期限という表示に神経質になり過ぎていないか?

カンガルーマンの場合は、賞味期限が切れていても見て、臭いをかいで、口に入れてみて違和感がなかったらそのまま気にせずに食べている。

それで十分ではないのか?

この賞味期限なるものいつ頃から表示されるようになったか記憶が定かではないが、昔の人は皆そんなこと気にしないで、おかしな臭いがしたら食べないというレベルでなかったのか?

家でもカミさんや娘が賞味期限が過ぎているからと言って、ゴミ箱に捨てようとするのを引き止めるのはカンガルーマンの役目だ。

自分の五感をもっと信じろと言いたい。

逆に賞味期限内だということで、それを信じて多少おかしくても食べる馬鹿がでてくるのではないか?

この賞味期限なるおかしな仕組みに振り回されている状況は「賞味期限シンドローム」といっても過言ではない。

全くおかしな風潮だ!!!

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 23:01Comments(0)TrackBack(0)