2007年05月31日

煮ても焼いても食えないとはこのことか・・・?

以下の記事が目に付いた。

・米国から輸入の「イカ」、基準超えるカドミウム検出

・エビアン:細菌混入、安全基準の100倍で廃棄処分

・中国の前食品管理局長死刑判決、他の政府高官への警告

・せき薬死亡、原料輸出の中国・副局長「原因はパナマ側に」

これらの記事が出た背景についていろいろな思惑が見え隠れしている。

一つの見方は:
中国産ペットフードや食品の安全性について問題が起きたことが大きく報道された事に対する報復措置。

二つ目は:
中国の食品に対する基準はこれほど厳しいということをアピールするための措置。

三つ目は:
中国と商売をしたいのなら中国叩きをホドホドにしないと、そのうち痛い目に合うぞとの脅し。

四つ目は:私達日本人に中国は恐くて信用できない国だと思わせる為の政府筋の意図的な記事掲載。

事実カンガルーマン自身これらの記事を読んだ後、「中国は恐くて信用できない国」と思ってしまった。そして、もしこれらの記事の内容が事実であれば、決して中国進出しようなどとは思わなくなってしまう。

いずれにしても中国から目が離せない。

隣人だから仲良くすべきなのだが、こういう記事を読むと気持ちがぐらついてくる。。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング

 

  

Posted by Kangarooman at 21:52Comments(2)TrackBack(0)

2007年05月30日

政治家

この年になって未だに政治家という職業が何たるかよく分からない。

他界された松岡農林水産大臣に対してはこれまでどのような経緯があったか一般庶民のカンガルーマンには知る由もないが、冥福を祈るしかない。

この現代の政治家という職業のどこに魅力があるのだろう?

金か?いや金だったら事業家を目指せばいい。

権力か?いや、権力だったら政治家に影響力を与える圧力団体の長を目指せばいい。

名声か?いや名声だったら学者でも芸術家でも事業家でも何でも他の分野で功績を残せば名声は得られる。

使命感か?いや今の政治の仕組みでは、使命感を果たそうとしても到底達成できるものではない。

例えばカンガルーマンが政治家を目指したとしよう。

・まずは選挙で選ばれなければならない。その為には政党に所属して公認か推薦されないとまず当選しない。後援会を作るか、譲ってもらうかして支援者を募らなければならない。この過程でお金は勿論の事、支援者や党に対する精神的シガラミでがんじがらめにされてしまい自由がなくなる。

・運良く当選したら、党則、先輩議員、支援者達に逆らうことは出来ない。逆らったら次の選挙で落ちる事は必須だ。

・一年生議員だと、それこそ新入社員のごとくこき使われ、まともに政策の勉強なんてでないのではないか?それよりも、自分を引き立ててくれる先輩議員や有力議員に取り入ることに多くのエネルギーを費やす事となる。まあ、世襲議員で親の七光りを持っている議員はコネ無し議員より優遇されるだろう。

なんかサラリーマン世界のようだ。

・そして、運良く年数を重ねてベテラン議員となりそれなりの重要なポストをこなし、大臣になったとしよう。その頃にはあらゆるシガラミと公職という鎖に縛られて身動き取れなくなってしまう。

・身動き取れなくても、自分が理想としている世界を作るために己の考え方や思想を政治に反映できるのであればまだ希望が持てる。しかし、現実はそんなに甘くないようだ。結局は党の方針に従い、党が準備してくれた支援者や支援団体の欲の走狗となり、官僚の代弁者となり、場合によっては責任だけ取らされる。

・自分の理想を実現するために自由な政治家をめざすのであれば、巨万の富を持ち、自分で政党を立ち上げるしかない。しかし、現在の政治体制下では、自分で政党を立ち上げたとしても大政党に吸収されるか消滅するかのどちらかだ。過去の小政党の趨勢を見てみれば明らかだ。

まあ、このシステムのお陰で私達庶民は飢え死にしなくてすんでいるのだが、この政治家(屋)という職業のどこに魅力を感じるのか理解できないカンガルーマンだ。

カンガルーマンは半日ともたないだろう。

魑魅魍魎が跋扈する、政治の世界に住んでいる皆さんの精神構造はどうなっているのだろう?

わからん!!!!!

やっぱり商人の道がカンガルーマンにはぴったりだ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:45Comments(2)TrackBack(0)

2007年05月29日

オーストラリア便り

カミさんから以下の便りが届いた。

バス通学しているのだが、昨日あった出来事らしい。

Just arrived at schoool and I'm not sure whether to be angry or amazed at the bus driver...

I didn't notice right away, but something sounded like things were falling apart on the bus...like something was breaking into pieces. One person complained to the bus driver about it,but he kept driving. I wasn't really sure what it was and didn't want to crane my neck too much to look around. But when I got off, I saw that one entire window in the back had shattered, and there was a growing hole in the middle where the glass was falling--inside and outside the bus! By the time I got off the bus, the hole was a size of a cantelope!

How dangerous!!! I'm surprised that the bus driver didn't make everyone get off at Epping station (where lots of other buses are) and get the the passengers off the bus and the bus off the road.

Every time I get on a bus here I have a unique experience, but this one has really shocked me.

簡単に状況を再現すると、バスがガタガタと何か音を立てていて壊れているようだ。乗客が文句を言っているのだが運転手は意に介さないで運転を継続している。音の原因が何かというと窓ガラスが割れて内と外に飛び散って窓ガラスの穴がドンドン大きくなっている。それでも運転手はおかまい無し。本来ならば最寄の停車場で乗客を降ろしてバス交換するのが普通だと思うのだが、それも無し。オーストラリアでバスに乗るたびにビックリすることばかりだが、今回は本当にショッキングだった。

との事だった。

もしこれが日本だったら今ごろマスコミの餌食どころか、運転手は解雇でバス会社は記者会見で平身低頭というところだろう。

オールトラリアだから、"All right, mate, no worry !No one was hurt.(誰も怪我してないんだからガタガタ言うな!)”ですんでいるのかな?それともこれは特殊なケースか?

 ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:41Comments(2)TrackBack(0)

2007年05月28日

自分のことのように嬉しい・・・・

カミさんがオーストラリア留学する直前まで苦闘していた本がやっと出版された。

本の題名は:「Hello Asia」
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31844149

アジアの事象を通して英語を勉強しようという大学生用の教科書だ。
アジアに視点を置いて英語を勉強するなんて本はこれまでなかったのではないか?

これもまた新しい動きだ!

共著という事もあり、他の先生達とのチームワークを大切にしながら一生懸命執筆に励んでいた。その間、家事をこなし、大学で教え、そして留学の準備や勉強を同時進行させていた。

そして本と言う形となって出版された。

カンガルーマンは自分のことのように嬉しいし、またカミさんを誇りに思う。自分には過ぎたカミさんだ。

ということで本日は自慢話とノロケ話のブログとなってしまった。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:07Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月27日

変化している

今朝の新聞に、新社会人の9割、タバコ吸わず

20-25歳の若者の90%が非喫煙者だ
という記事が出ていた。

この記事を読んで「やっぱり!」と思った次第だ。

ビーチバレーに来ている20代の若者達は男女合わせて多分20人くらいだろう。カンガルーマンが覚えている限りでは、その中で喫煙習慣のあるメンバーは一人に過ぎない。後は全て非喫煙者だ。

当初はアスリートだから喫煙しないのだろうと思っていたのだが、そうではなかった。

それが当たり前のようだ。

カンガルーマン世代が若い時は、大人たちは「酒もタバコもやらんような奴は、男じゃない」みたいな感じだった。

彼らが社会をリードする頃にはどうなるのだろうか?

まずJTは商売変えをしなくてはまず成り立たないだろうし、それからタバコを吸う奴はダメ人間みたいにもなるのだろう。

この若者達の非喫煙習慣は、目に見える大きな社会変化が起きている事がよく分かる事例だ。

世の中のオジサン達は、「今頃の若者は・・・・・」なんて言えなくなってきた。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 18:15Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月26日

たまには・・・

こんな物も・・・
ビッグマックセット

ビッグマックセットとコカコーラ

急いでいたらこれしか食べるものが目につかなかった。

たまに食べるとこれはこれなりに美味い!





ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング

 

  
Posted by Kangarooman at 22:27Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月25日

Second Lifeレポート・・・その3

カンガルーマンがこれまで見たところマネーアイランドでは、大きく分けて二つのお金の稼ぎ方がある。

・一つは、自分自身が広告塔になる方法。

具体的に述べると、ある会社の商品サイトにリンクされているアバターを身に付ける。例えばアバターあるいは商品ロゴの入った帽子をかぶるとかだ。

また、キャンプチェアーという椅子やベンチに座って例えば20分間座っていると4L$とか1L$とか貰える仕組みもある。

・二つ目は、これが最も多く、稼げる金額も大きい。しかしリスクも潜んでいるようだ。

それは自分の個人情報を与えることだ。

具体的には、マネーアイランドのいたるところにATMが設置されている。そのATMをクリックしていろいろな会社のアンケートに答えればお金を支払いますと書いてある。アンケートとは言っても実際は、自分のメルアド、名前を書き込むだけだ。そうすると会社にもよるが、支払額は低くても100L$、多ければ1000L$位までの幅となっている。

ところが、大方のアンケートは米国在住のメンバーのみに有効で、外国人特にアジア人がアクセスできるサービスがほとんど無い。唯一、アクセスできたのが宝くじサイトだけだった。

そこでカンガルーマンは試しにある宝くじサイト(名前は忘れたが、そこは1000L$を支払う)のアンケートに書き込んでみたのだが、お金が支払われた様子が無い。おかしいなと思いながらも、PCをガチャガチャやっているうちに画面がフリーズしてしまった。そこで、この方法を諦めてPCを切ったのだが、翌朝PCを開けてみると早速宝くじ会社から10数通のメールが舞い込んでいる。つまり個人情報だけ取られてしまったわけだ。

これなど、どうももう一つ腑に落ちない仕組みだ。もう少し詳しく調べればなぜこうなったか分かるだろうが・・・・、最初の失敗だ。

この失敗を経てからカンガルーマンが採用したのは、最初の20分間椅子に座って4L$地道に稼ぐ方法。

当初稼いだ18L$のうち16ドルはこの方法だ。しかし、16ドル稼ぐには合計80分間座って居なければならない。つまりPCの前でジッと80分間座っていなければならないわけで、これはかなりきつい。PCから離れると、自分の分身は椅子に座っていても頭の上に(away)と出て座って居ないことがバレル仕組みとなっている。一番いいのはPCの前で本でも読んだり、隣の人とお喋りをしたりあるいは他の作業をしながらこの(away)が出ないようにチェックすることなのだろう。

試しにawayのままずっと座ってどうなるか見ていたら、そこから放り出されて牢獄みたいなところに入れられて出られなくなってしまった。

仮想世界でもインチキは許されないということか!?

いずれにしても、ここまでで分かったことはこの世界で企業や団体は個人情報を取得するための道具、それから広告媒体として利用しているようだ。

これから先は、とりあえずキャンプチェアーでシコシコと小銭を貯えながら、さらなる情報収集に励む予定。

ところで、Second Life世界の人口は現在600万人ほどで、そのうち日本人は10万人くらいらしい。既に日本語での情報収集サイトができている。
セカンドライフガイド

あとこういう情報も出ている。
TechCrunch

また何か面白いことに出くわしたらレポート4に続きます・・・・・

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング

 

  
Posted by Kangarooman at 13:34Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月23日

見習うべし!

数日前に有楽町で食べた定食をこきおろした。

このお店は、カンガルーマンが必ず週一回のペースで訪れている。

その理由は、美味いからだ。それに心がこもっている。
看板



中年のご夫婦が賄っているおでん屋さん。

非常にシンプルな看板で奇をてらったところが無い。








おでん定食
今日お昼に食べたおでん定食。

おでん、さばの薄塩焼き、キンピラごぼう、大根、味噌汁、ご飯

680円



ご飯

極めつけはこのご飯。

写真でははっきり分からないが、輝いている!!!

あくまでふっくらとそして硬すぎず、軟らかすぎず、しかもべとつかず。

ここのご飯は病みつきになる。





一緒に行ったスタッフが、「ここの定食はほんとうに家庭の味というかお袋の味ですよね」と・・・・・。

これまで多くの定食屋さんで食事をしてきたが、ここのご飯は紛れもなく★★★★★。

会社の近くにこうした定食屋さんがあることは実にラッキーだ。

あの有楽町の定食屋さんはこちらを見習うべし!

店の見た目と格好ばかりじゃ商売はできない。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 18:03Comments(2)TrackBack(0)

2007年05月22日

Second Lifeレポート・・・その2

Second Lifeに登録してから12日経過。

これに費やしている時間は大体30−60分/日なのでまだまだ入り口のあたりをウロウロしている。それでもこれまでいろいろな事がわかってきた。

先ずは、自分の容姿も好きな革ジャンパーにジーンズでまとめ、東洋人風の顔に作り、髪の毛もグレーに付け替えた。まだまだ自分の顔とはかなり違うが最初のテンプレートの容姿と比べると格段の差がでてきた。

それで、とりあえずはオリエンテーションアイランドとヘルプアイランド(新参者はここでかなりの情報を取得できる)でたむろしながら通りがかりの人達の会話を盗み聞きして情報収集。それと、ここにはヘルパーが常駐しているので疑問が生じたら聞けばいい。

なんとなく状況が把握できてきたので、とにかく街に出てみることにした。お金が全く無いのでお店やクラブ等があっても覗くだけ。まあ六本木や渋谷の繁華街を一文なしでうろついている様子を想像すればいい。

街は大人用と一般向けにゾーンができており、やはり大人(Mature)ゾーンは賑やかだ。カジノ、ナイトクラブ、風俗マガイ、フリーセックス場(何気なく入り込んだ建物の中は完全な乱交状態だった!)等ありとあらゆる人間の欲望が凝縮されている。

あとは宗教団体の家、ヒッピーの広場、政治研究会、ビジネスクラブ、セックスクラブ、インターネットクラブ等・・・・・・これまた多くのグループ・団体が活動している。

勉強会の類はほとんどお金は必要ないし仮想空間だから飢え死にすることも無いのだが、やはりお金が無いと何となく心細い。

お金を持とうとすれば、現実世界のお金をLinden社に払い込めば持てるのだがそれでは面白くない。

やはりカンガルーマンはゼロからこの仮想空間でお金を稼ぎながらこの世界を楽しむ方法を見つけ出したい。

それでいろいろ調べてゆくと・・・・、マネーアイランドという場所を見つけた。ここはカンガルーマンのように無一文の連中にお金を稼ぐ方法を教えてくれ、その手段を提供してくれるところだ。

そしてカンガルーマンはここで簡単な仕事をこなし18L$(リンデンドル・・・仮想貨幣)を稼いだ。

しばらくはこのマネーアイランドに滞在して、ここの仕組みと効率的なお金の稼ぎ方があるのかどうかみてゆくつもり。

次回は、どのようにして18L$稼いだのか、次回までにどれだけお金が貯まったか、あとマネーアイランドの仕組みについてレポート予定。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 12:55Comments(2)TrackBack(0)

2007年05月21日

何が問題なのだ・・・続き

E's Cafeのerikoさんが、まさにカンガルーマンが書こうと思っていた内容をコメントしてくださった。
おかげで長々と反論記事を書く手間が省けた。

>「日本は戦争をできる国力・軍事力・判断力があるけれど、しないですむ努力をしている」という認識が、国内外に向けての理想の姿

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 12:41Comments(2)TrackBack(0)