2007年03月30日

・・・・・・・・・・

MSNで以下の記事を見つけた。

I Miss Iraq, I Miss My Gun, I Miss My War
a soldiers lament


日本語に訳すと「イラクが恋しい、俺の銃が恋しい、俺の戦争が恋しい。ある兵士の嘆き」とでもなるのだろうか?

とても長いそしてダラダラした文章で綴ってあるが簡単に要約すると:

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

 

  続きを読む

Posted by Kangarooman at 18:24Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月29日

食べてみたい

陸のシャコ・・・Witjuti Grub (ウイッチティ グラブ)
アボリジニの主蛋白源の一つ。

Witjuti Grub Rice
これはBunya Cookbookという本から抜粋した写真で現代風に調理されているウイッチティ グラブ入りチャーハン。

食材は:ウイッチティ グラブの他に、ズッキーニ、トマト、コーン、マッシュルーム、グリーンピース、青ネギそしてウイッチティ グラブ
調味料としては:
ネーティブペッパー、唐辛子、醤油



Witjuti Grub
これはウイッチティ グラブの炭火丸焼き。

見た目はそれほど気持ち悪くない。

味は、チーズとナッツを足して割ったようで非常に芳ばしい香りがして本当に美味しいとのことだ。

栄養的には蛋白質と不飽和脂肪酸が豊富で非常にヘルシーな食材だ。


オーストラリアのブッシュフードの権威でありシェフでもある、Vic Cherikoff氏はこれは無脊椎動物で、エビ等の海の無脊椎動物は好んで食べられているのに陸の無脊椎動物にも目を向けるべきと強調している。

私達日本人はナマコやシャコ等を好んで食べているが、異文化の人たちにはとんでもない食材として目に映っているのだろう。

さまざまなエスニックな食文化にもっともっと目を向けることで食に対する偏見を取り除けば、世界には私達が知らない珍味・食材が多く存在することがわかる。

オーストラリアに旅したら絶対食べてみたい食材だ。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 16:10Comments(2)TrackBack(0)

2007年03月27日

悔しいだろうなー”桑田選手”

桑田選手が怪我!

野球はそれほど興味がないのだが、現在大リーグ挑戦している桑田選手は応援している。

実のところ桑田選手に対しても、大リーグに挑戦するまでは全く興味が無かった。

何故興味を持ったかというと、自分の夢を実現しようと努力している姿に感動したからだ。野球の事についてあまり詳しくないので細かい事はわからないが、日本では既にピークを過ぎ周囲からは引退して当然という扱いだったと聞く。

しかし、そうした周りの雑音を撥ね退け38歳という年齢で、しかも年棒数百万という報酬のみでマイナーからメジャーに昇格する事を目指している。

若い選手の厚遇を目の当たりにしながらも黙々と努力をしている姿がマスコミを通じて伝わってくる。

この野球に対してあまり興味ないカンガルーマンは、これまで全ての桑田選手についての記事は目を通してきた。

そして今日のニュースだ。

重度の右足首捻挫。

自分の夢を実現しようと努力している桑田選手の姿は、もし自分を見失っている若者達がいたとしたら、彼らにとって素晴らしいお手本だ。

十分時間をかけて怪我を治し、メジャーリーグのマウンドに立つ姿を私達の前に見せて欲しい。

是非この苦難を乗り越えて欲しい。

桑田選手頑張れ!!!

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:31Comments(2)TrackBack(0)

2007年03月26日

アマチュア格闘家達・・・その2

子供達も元気一杯だった。子供

この子は年令別カテゴリーで優勝した。

これはリングに上がる直前。
厳しい顔をして、射るような目をしてリングを見つめていた。

が・・・・

「チョット写真撮らしてよ!」と言ったら、このポーズとこの表情。


ここにいた子供達はおしなべて礼儀正しく、しかも目が輝いていた。

やっぱり、格闘技あるいは武道をバレー、バスケット、野球、陸上等と同じように義務教育課程で教えるべきと思った。

どうして、格闘技・武道と他のスポーツの間に垣根を設けるのだ?

分からん!理解できん!

役人や教育者達は格闘技や武道に変な偏見を持っているのか?

秩序ある、礼儀正しい国や社会を作るのに大きく役立つはずだが、彼らはそうした社会ができるのが厭なのだろうか?

誰か理論だてて教えて欲しいものだ。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:35Comments(2)TrackBack(0)

2007年03月25日

アマチュア格闘家達

今日は娘のボーイフレンドがアマチュア格闘技トーナメントに出場ということで応援に行ってきた。アマチュアとはいいながらも、選手達の技量や、体つきを見ていると半端ではない。

今回参加した試合はKAMINARIMON階級別トーナメントとのことだ。

Fight1


リングに上がる前のボディチェックか?

鍛え抜かれた体をしている。

大学生だ。




Fight2


試合開始直前、レフリーの説明を聞いてグローブを合わせる所。







Fight3
今回初出場という事もあり、かなり動きがギクシャクしている。実力の半分も出ていないのではないか?
残念ながら判定2−1で敗退。

しかし、今回のレベルで新人でしかも初出場で判定3−0でなかったことは凄い事らしい。

あと今回は立ち技のみの打撃系で、得意のレスリングで鍛えた寝技が使えなかったことはハンデだったのではなかろうか?


Fight4
手前の黒いシャツを着ているのはスクールの先輩。

この人はものすごく強かった。

最後まで見なかったのだが、70kg級で優勝したのではないか?

とにかくめっぽう強かった。



最近ではビーチバレーでもそうなのだが、アマチュアといえどもプロになれそうな人達をさまざまな大会でみかけるようになった。そして彼らも鍛え抜かれた体と素晴らしい技を持っている。

こうしてみると世の中が便利になった分、時間的余裕が出来てくる。そしてその余った時間を有効に使うことによって趣味や好きな事に打ち込みその分野のエキスパートになることも可能な時代が到来しているようだ。

今日のトーナメントに出場している選手達をみてアマチュアだからといって彼らが半端な努力ではなく、ものすごい鍛錬と練習を積んでいる。

カンガルーマンも自分の年齢と体力に相談しながら年寄りアスリートの道をさらに究めようと新たに気持ちを奮い立たせた日曜日だった。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:01Comments(2)TrackBack(0)

2007年03月23日

整理していたら・・・・

一人暮らしが長く続くと夜は結構暇になってくる。

TV を見る気もしないし、かといって活字を読む気にもならない。

そういう時は何をするか?

いろいろと整理を始める。今夜は暇つぶしに写真の整理をはじめた。

と、その中に小学校の時の卒業アルバムが埋もれていた。そうなると整理はそっちのけで、卒業アルバムの写真や、通信簿や、日記などを読み始める。

卒業アルバムの写真。
卒業式校長先生、担任、教頭先生を中心にアルバム用に撮った写真。

何と!校長先生の横の男の子と教頭先生から二人目の女の子も裸足。


卒業アルバム
ここでは前列の全員が裸足。
ということはクラス全員が裸足ということだ。

カンガルーマン自身、中学一年までは学校に靴を履いて行った記憶が無い。

誤解しないでいただきたいのは、靴を持ってないから裸足ではない。靴は持っていた。しかし、日常生活の中では裸足が普通だったのだ。

朝学校に出かける時は、裸足のまま家を出る。そして学校ではそのまま授業を受け、遊んで、家に着いたら土間でチョコチョコと足を拭いてそのまま家の中に入る。それでも咎める者はだれもいなかった。

これは裸足で過ごそう運動とかの結果でもない。とにかく裸足が普通だったのだ。

道路が舗装されているわけでもなく、道はほとんどが砂利道だったに関わらず怪我をした記憶が無い。

逆に霜柱の立った道を学校に行った記憶は残っている。

このような生活をまたリバイバルさせたらどうだろう?

ひょっとしたら子供達にいい影響を及ぼすかもしれない。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

 

  
Posted by Kangarooman at 23:17Comments(2)TrackBack(0)

2007年03月22日

猫と犬の年功序列

これまで何度も紹介しているので常連の読者の方達は、家に猫と犬がいる事をご存知だ。

この2匹のペットと一緒に暮らしてみて分かった事が一つある。

実はこの2匹は仲良しでは無い。しかし、家の中は平穏だ。

具体的状況は、猫が18歳で犬は8歳だ。つまり、この家では猫が大先輩という事になる。

そして、この2匹の間では暗黙の了解のもとにこの年功序列が見事に成り立っている。

つまり猫がいばっており、犬は猫の領域を決して侵すことはしない。

実際に猫と犬が喧嘩をしたとしたら、当然体の大きい犬が勝つだろう。しかし、犬は絶対猫を攻撃しようとしないし、また猫も犬が自分から50cm以内に近づかない限り決して犬を威嚇したり怒ったりしない。

しかし、一旦犬が間違ってその50cm以内に入ろうとすると髪を逆立て爪を出して威嚇する。

したがって、これらの2匹は自分の領分と立場をわきまえながらお互いを刺激しないように平和を保っている。

そして同時に飼い主にはとても忠実なペットとして振舞っている。

人間社会でも、お互いの相性、性格、考え方が合わなくても平和に暮らせる距離というものを認識していれば争いごとはなくなるのではないかと、これらの2匹に教えてもらっているような気がする。

いがみあい、武器を蓄積し、戦争を常に起こしている人間はこうした動物達から共存の法則を学ぶべきではなかろうか?

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:19Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月21日

エンジェルカップ

今日はビーチバレーではなくてインドアの親善大会に参加した。

当ブログにも時々おいで下さるasaさんとその友達が中心となり、全国のあらゆる層のバレー好き(馬鹿)を募ろうという活動だ。

その名もエンジェルカップエンジェルカップ

 

本大会は夏に大阪で盛大に開催されるが、今回はミニ大会ということで関東地方のチームが浦安に集まった。

 

 


カンガルーマンもその主旨に賛同し、今回はビーチバレー仲間で急造チームを作り参加した。

急造だからユニフォームも無し、9人制男子ということだったのだが人数が集まらず結局男子5人、女子4人の混成チームということになった。

普段は勝つための試合参加だが、今回は勝ち負けに全くこだわらず、プレッシャーなく気楽に伸び伸びと笑顔でプレーさせてもらった。

ビーチとはまた違った雰囲気のバレー親善大会でした。

主催者の皆さんのお陰で楽しく過ごせました。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:10Comments(3)TrackBack(0)

2007年03月20日

Tシャツデザイン

ビーチバレーに来ている若者達がお揃いのTシャツを作るのだそうだ。カンガルーマンも気楽に1枚頼んだ。

そしてそのTシャツのデザイン案が出来てきた。
市原軍団
うーん・・・・・・。

これはビーチバレー用のTシャツというより、暴走族のオートバイの後ろにつける旗の感じじゃないのか?

と思うのは、年寄りだからか?





多くの若者に混じって白髪、白ヒゲのオヤジがこのTシャツを着てボールを追いかけている姿を想像すると、かなり複雑な気分だ。

それでも着ているうちに、お気に入りのTシャツの一枚になるのだろう。そして多分ボロボロになるまで着るのだろう。

他人に迷惑をかけない限り、若者の流れに逆らわない事もアンチエイジングの大事な要素だろう。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:18Comments(3)TrackBack(0)

2007年03月19日

食いしん坊の祭典

先週、世界中の食いしん坊が集まる祭典「FOODEX2007」に行ってきた。
Foodex1

全部丁寧に見てまわろうとすると最低2日必要ではないか?

カンガルーマンは半日だけ過ごしたがジョギングペースで走り回った感じだ。





Foodex2
とにかく世界中の食べ物が一同に会している。

新しい発見の連続で楽しくてしょうがない。

食べ物を職業として大正解だ。

こんなに楽しい仕事はない。




Foodex3


試食をするだけでルンルン気分だ。
しかも皆さん新しい食材やアイデアを持ち寄っているので全く飽きないし、これからの食の将来が垣間見れるのも嬉しい。





アンケートこれはUSパビリオンで行われていたアンケート。
質問は、米国産牛肉輸入について30歳未満がいいか、それとも20歳未満がいいかどちらかを選ぶという内容だ。

この展示会に来る人は圧倒的に食のプロが多い。
そして、箱の中のボールを見てみると20歳以下ではなく30歳以下に緩めたほうがいいという人の方がかなり多いようだ。

興味深い!

食の分野でない方たちでも十分楽しめる催しだ。特に最終日はサンプルだけでも買い物袋が一杯になるし、場合によっては特別価格で販売してくれたりする。

全体の傾向は、「基本テーマは健康、そして低脂肪、低コレステロール、低甘味、植物性蛋白、無添加、ナチュラルが中心で、それでも限りなく美味しいものを追求する。」だったような印象を受けた食の祭典だった。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング


  
Posted by Kangarooman at 23:26Comments(3)TrackBack(0)