2006年12月31日

大晦日ビーチバレー

集まったり!総勢23人。

勢ぞろい12・31



ボールと、コートと砂の大好きな仲間達。







天気は素晴らしかった。暖かく風もなく、これ以上のコンディションは無い。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  続きを読む

Posted by Kangarooman at 22:27Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月30日

大失敗・・・

今日から休みということでこれまで滞留していた郵便物を整理した。

それらの中に未開封の請求書がいくつも入っていた。ほとんどが水道代とか電話代とかだ。こうした費用は全部自動引き落としになっていると思っていたのでこれまで放りっぱなしにしておいた。

ところがそうでない物があったようだ。

インターネット接続料金だ。自宅のPCはカミさんと共有しているのでこうした手続きは全てカミさん任せだった。

なんと料金を9月から払っていなかった。しかも、督促状となっていて12月25日までに支払わないと12月31日で強制解約、接続遮断となっている。

大急ぎで、銀行振り込みをしたのだが後の祭りだったようだ。

接続サービス会社と交渉したのだが、解約手続きは既に終了しており明日一杯で自動的に接続できなくなるとの冷たい返答が返って来た。

ということで、皆さん正月が明けてネットと繋がるまでブログの更新が出来なくなります。

多分明日の更新までは大丈夫だと思うのだが、

アーッ、どうしよう!?

ネットの無い休日を過ごさなければならないとは・・・・・。

その事を考えただけでゾッとする。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 23:23Comments(2)TrackBack(0)

2006年12月29日

今年を振り返って・・・

今年はまあまあの年ではなかったか?

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:31Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月28日

この正月休みは・・・・

バレー三昧くさい。

仮の独身の強みか、好き勝手なことが出来る。

仕事は明日で終わり。
30日は年賀状書きをやって後はブラブラ。

31日は大晦日ビーチバレー。全部で20人くらい集まるらしい。

元旦もビーチバレーをやろうという話がある。したがって二日連続でボールを追いかける可能性が強くなってきた。

今から遠足に行く前の子供のようにウキウキしている。

2、3、4日も特に予定を組んでいないので4人集まればビーチに行こうと企んでいる。そして、6、7日も同じだ。

8日はインドアの大会があるのでそちらに参加予定。

ということで、今年の正月休みはバレーに始まって、バレーで終わる事になりそうだ。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 23:23Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月27日

まだ居たか?

税金泥棒!

どうもこの数日、ネガティブな出来事に遭遇する。

昨日の新聞記事もそうだが、数日前私用で地元の役所を訪れる機会があった。

役所に着いたのが朝9時15分。所定の手続きを済ませ書類が返ってくるのを待っていた。

目の前には机が7つあり皆さんパソコンに向かって一生懸命だ。

それで何気なくパソコンの画面を覗いてみた。

すると驚くなかれ、そのパソコンの主は50代半ばだろうか、難しい顔をしてマージャンゲームに夢中になっている。

てっきり資料か何かを検索して仕事に取り組んでいるのかと思ったのだが始業早々ゲームとは・・・・・・!?

他の6人の人達の画面を覗く事は出来なかったが推して知るべしだ。

課長だか部長だか知らないが、窓際で大きな机に座っている人もパソコンを一生懸命操作している。

ウーン、こういうところでも税金の無駄使いが行われているのか?

民間では一般管理費を削るべく、リストラをすすめて一人一人の仕事の量が増えている時に、役所では朝からパソコンゲームとは恐れ入った。

全ての役人がそうだとは思わないが、
税金泥棒のオジサンたち、朝からこんな事をしていると早く年をとってしまうぞ!!!

とは言うものの、連中は許認可権を持っているだけに始末が悪い。

役人にならなくて良かったと思うカンガルーマンだ。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 23:33Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月26日

「表現の自由」という名のもとの暴力

成人コミックの3割“児童ポルノ” 警察庁、対策要請へ

 インターネット社会が子供の健全な成長に与える影響を調査、対策を検討していた警察庁の研究会が25日、子供を性行為の対象とするコミックやパソコンゲーム、アニメなどについて、「悪質性や反社会性の高いものがみられる」と指摘する報告書をまとめた。報告書は、犯罪を誘発している実態にも踏み込んでいる。これを受け同庁はコミックなどを扱う業界に自主審査や販売規制などの対策強化を要請する。

 報告をまとめたのは、警察庁の「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」(座長・前田雅英首都大学東京都市教養学部長)。

 報告書は、「コミック類の中には、18歳未満ととれる子供に対する性行為を扱ったものがあり、小学生と受け取れるような子供に対する性行為などを描写したものもある」と指摘。

 これらの作品がもたらす弊害として、子供に対する性行為は社会的に容認されている−などの誤った認識を招く可能性があることを懸念し、コミックの影響が指摘された実際の性犯罪の実例を挙げた。

 また、報告書は幼い子供を描いたポルノコミックがインターネットの書籍販売サイト(サイト書店)で公然と販売されている実情に着目。大手のサイト書店のサンプル調査(11月)の結果、販売された成人向けコミック約9000点の3割が子供を性行為の対象としていると推測している。アニメ(16%)やゲーム(12%)より比率が高い。

 研究会は報告書をまとめるにあたり、こうした成人向けコミック類を扱うサイト書店の大手6社にヒアリング調査への協力を申し入れたが、いずれも欠席。書店側は、最近になって一部の社を除き、書面で回答したが、調査に必要と想定していた質問への十分な回答は得られなかった。

 研究会はまた、対策の現状について、警察の取り締まりは限界があるとして、13歳未満の子供との性行為は刑法の強姦(ごうかん)罪となることや、18歳未満でも淫行(いんこう)を処罰する条例に違反することを、販売の際にコミック類に明記するなどの取り組みを検討すべきだとした。

(2006/12/25 23:40)産経新聞


今朝の新聞で読んだ記事。

もし記事の内容が正しいとすると、

世の大人たちの道徳心はどこへ行ってしまったのだ?この状況を放置しておくととんでもないことになる。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 
 

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:38Comments(5)TrackBack(0)

2006年12月25日

たまには羽目を外して・・・

目一杯羽目を外した週末だった。

土曜日はとても天気が良くいつものようにビーチに出かけた。
その日は春を思わせるような陽気となり、集まったメンバーは全部で12人。
ヒラタ、アンディサバ、アンディ












最初は普通の格好だったのだが、そのうち暑さに耐え切れずついに裸になってプレー。

夜はバレー仲間との忘年会。
忘年会の最中にミクシー友達の一人からからメールをもらい酒を飲みながらメールでのやりとり。周囲は携帯をピコピコやっているカンガルーマンを見て?????。

それから二次会はカラオケに行って盛り上がり家に着いたのが朝の2時。

翌日は、これまた別のミクシー友達(通常の仕事と格闘家として二つの顔を持っている)が三重から上京ついでに千葉まで足を伸ばして下さった。初対面にも関わらず、お互いの近況やスポーツ、格闘技談義に花を咲かせた。

それからまたビーチに行って、今度は参加メンバー5人で目一杯体を動かした。

夕方は、関西の仕事つながりの友人の訪問を受ける。晩ご飯を一緒に食べて仕事や人生談義で夜遅くまで話し込み、結局またまた寝たのが2時になってしまった。

二日間フルに活動した週末で結局PCを開く時間が全くない状態。

ミクシー友達とのつながりも活発になり、カミさんのいない一人暮らしでも寂しさを感じない最近のカンガルーマンの今日この頃だ。

たまには羽目を外す生活もアンチエイジングには必要だ。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 16:25Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月22日

世界地図ーその3

何故カンガルーマンが日本と言う国は「見せかけの親米」だと思うのか?

理由はさまざまある。

ただカンガルーマン自身は学者でも評論家でもないのであくまで独断と偏見に基づいた理由だと言う事をご理解いただきたい。

反論やご意見があれば大歓迎だ。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:06Comments(2)TrackBack(0)

2006年12月20日

世界地図ーその2

さて日本がどのカテゴリーに入るかという一般論の前に、カンガルーマン自身が親米なのかどうか言及したい。

結論からいうと親米でも謙米でも反米でもない。

「どうでもいい・しょうがない米」が最も当てはまるカテゴリーかもしれない。

若い頃は「あこがれ米」であった。

アメリカという国、アメリカ人、アメリカの物、ポップカルチャー等あらゆる面で、”かっこいい!、凄い!”だった。

そしてそれらを理解するために20代のほとんどをアメリカで過ごした。

今では自分の価値観に合致する人、グループ、団体、国であれば国籍、人種、文化的背景など全く問わない。

したがって米国人の友人はいるし、今でも彼らとは仲良く付き合っている。

しかし、国あるいは一般的米国人が持っているある種の体質は全くカンガルーマンの価値観にそぐわない。どういった点がそぐわないかというと、一般論ではあるが:

1.まず、彼らはあらゆる面でアメリカ的価値観(特に清教徒的価値観)が世界で最も優れていると思っている。

こういう人間は日本人にも多くいるのだが・・・。”日本人と日本文化はとてもユニークで、日本独特のとかなんとか・・・”わけのわからない事を豪語している人達。

2.したがって人の意見を聞かない。
3.逆に相手を自分の価値観に合うように変えようとする。
4.さらに非常に視野が狭い傾向がある。

このような人種はアメリカに限らずどの国にも存在するのだが、力を持っている分目立つだけなのかもしれないし、カンガルーマンの経験からはアメリカ人にその傾向が強いように感じた。

したがって、あの国ががこうした傾向を強く持っている限りは決して親米にはならないだろう。

ということで、「あこがれ米」から「やや謙米」になり、今では「どうでもいい米」になったカンガルーマンだ。

次回に続く・・・・

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 23:27Comments(4)TrackBack(0)

2006年12月19日

世界地図

カンガルーマンの趣味と言うか時間つぶしに世界地図を眺めてあれやこれやと夢想することがある。

いつものように地図を眺めているとまたまたくだらない事を考え始めた。

どういうことかというと:

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:24Comments(6)TrackBack(0)