2006年11月30日

若者達との交流

居酒屋カンガルーマン

基本的には天気さえ良ければ1年中ビーチバレーはやっているのだが、一つの区切りとして打ち上げ会を毎年11月に催している。
居酒屋

ビーチバレーを通しての若者達との交流はカンガルーマンのアンチエイジングの大事な要素だ。



まず、同じスポーツを通して彼らと同じ目線(先方はどう思っているか知らないが・・・)で行動できる。二つ目に自分も物事の考え方や進め方が彼らに近くなってくる。そして最も大事なことは、体を動かすということだ。

毎週同じメンバーと長い時間を過ごすわけで、そうすると彼らの話題の中に強引に割り込むような事はしないが、おのずと彼らが何を考え、どのような悩みを持ち、どのような生活をしているのか一部共有する事になる。

そしていつも感じる事は、自分の若い時とほとんど変わらないということだ。ひょっとしたらもっとしっかりしているかもしれない。

みんな礼儀正しく、節度を持ち、体を鍛え、真剣に自分達の生活に取り組んでいる。

こうしてみると日本の将来は、評論家やマスコミが喧伝するほど憂えたものではないような気がする。

この年寄りを仲間に入れてくれる若者達に感謝することはあっても、非難するような要素は全く見当たらない。

アンチエイジングに若者達との交流は欠かせない!

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  

Posted by Kangarooman at 22:56Comments(2)TrackBack(0)

2006年11月28日

オーストラリア便り

オーストラリアからニュースが入ってきた。

カミさんはこれまでシドニー、タスマニア、メルボルンと旅行を続けている。旅行しながら気がついたことは、アボリジニの食文化が着実にオーストラリア社会に浸透している事だそうだ。

外食が多いのだが、行く先々でカンガルー肉はもちろんのことエミューやクロコダイル、ワトルシードアイスクリーム、カカドープラムジャム、さまざまなナッツ類や果物等ありとあらゆるブッシュ素材を使ったメニューが供されている。

そして極めつけは、ブッシュフードカフェまで存在している。ここでは料理はもちろんのことブッシュ素材を加工した食品や本等も販売されており、さらにはアボリジニの自然と共生する知恵を教えてくれる。

以下は送られてきた写真。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:31Comments(8)TrackBack(0)

2006年11月27日

最近の定番と順応性

一人暮らしが始まって既に2ヶ月が経過。

そしていつの間にか週末の朝の散歩パターンが定まり始めた。

7時半頃家を出て、近くの公園をアキ(犬)と一緒に歩き8時頃コーヒーショップに入る。
チーズトースト



朝食は決まって、厚切りチーズトースト、サラダ、そしてコーヒー。







待機中

コーヒーをすすりながら新聞に目を通し、ボーッとした時間を過ごす。

その間、犬はおとなしくそして行儀よく表で待っている。

これだから柴犬は可愛くてしょうがない。




散歩が終わったら家に帰り、掃除や片付けの真似事をしたりしているといつの間にか11時くらいになってしまう。

天気が良ければそのままビーチへ直行。いつも通り仲間が来るまで本を読んだり仕事の事を考えたりで時間が過ぎる。

一人暮らしに慣れてくると、少しずつ自分のサイクルにあったパターンが出来上がってくる。

あらためて思う事は、環境が変わったら順応性を高めながら、自分に適した環境を作り上げ、そしてそれを定番化することではないだろうか?

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 18:00Comments(4)TrackBack(0)

2006年11月24日

本来ならば・・・・

便利になった世の中、その分時間が余っているはずなのだが以下のような記事を目にした。

<食育白書>子どもに朝食「欠食」や「孤食」が拡大

 政府は24日午前の閣議で、06年度「食育白書」を決定した。05年7月施行の食育基本法に基づいた初めての報告。朝食をとらない「欠食」や、1人で朝食をとる「孤食」が子どもに広がっていることに焦点を当て、「健全な食生活が失われつつある」と問題視している。
 朝食欠食率(04年調査)は全体で10.5%に上り、世代別では20代27.4%▽30代20.1%▽40代12.9%――の順。子どもでは10代後半で12.4%が朝食をとっておらず、1〜6歳で5.4%、7〜14歳で3%いた。白書は、国立教育政策研究所の調査(03年度)をもとに「朝食をきちんととる子ほどペーパーテストの得点が高い傾向にある」と指摘している。
 朝食を1人でとる孤食(05年度調査)は、小学生で20・1%、中学生では41.6%に達した。内閣府食育推進室は「孤食がテレビを見ながらの食事やハシを正しく持てない子どもの増加など食事のマナーにも影響している」と分析している。
 家族がそろって夕食をとる回数も減っている。76年は「毎日」が36.5%だったが04年には25.9%まで低下。逆に「週2〜3回」が24.2%(76年)から36.3%(04年)に増加している。【渡辺創】

(毎日新聞) - 11月24日11時14分更新


この情報が正しい内容だとして話を進めると、なるほどカンガルーマン自身も思い当たる事がある。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング
 

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:47Comments(2)TrackBack(0)

2006年11月22日

知らなかった!

冬季性鬱病

日照時間が短くなるこの季節に起こる心の病なのだそうだ。

今朝の産経新聞に書いてあった。

症状は:
・体がだるくて仕事や勉強に集中できない
・やる気が起きない
・常に眠気を感じ仮眠状態に陥る
・過食による体重増加
・悲しくなり、涙が出る
・自己否定的な気持ちになる
とのことだ。

原因はまだ不明だが、日照時間とメラトニンの分泌に関係しているという。日照時間が短くなると、このメラトニンの分泌が過剰になったり不規則になったりして体内時計の働きに変調をきたすのだそうだ。

さて、その予防法は:

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:33Comments(6)TrackBack(0)

2006年11月21日

次から次とよくもまー・・・

週刊ポストを読んでいたら、以下のような記事が書いてあった。

タイトルとキャッチは:

全米900万部のベストセラー著者XXXXが特別指南

多忙なあなたも気軽にやれる
これが「病気にならないダイエット」術だ!

さらに見出しは:

「リバウンドしない」と太鼓判。
一日グラス8杯の蒸留水を飲む。
朝食はたらふく食べて体を覚醒。
赤外線サウナで毒素を排出する。

とある。

ざっと目を通してみたのだが、何の事は無い。

運動しろ、バランスの取れた食事を摂れ、ファーストフードを食べるなと当たり前のことが書いてある。

要するにこうした簡単な事を難しくいろいろ理屈をこねて理論化すればダイエット法として商売になるのか?

みなさんこうしたダイエットビジネスに騙されないように気をつけてください。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

 

  
Posted by Kangarooman at 23:27Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月20日

こ、今度は・・・・

カンガルーマンは体力年齢には自信があるのだが、いよいよ見た目年齢では完全に自信喪失だ。

以前、電車で席を譲られた話をした。その時は学生風の若い女性だった。

ところが、今回は:

先週のことだ。

それほど混んでいない電車に乗っていた。するとたまたま斜め前の席が空いたのだが、その前に大きな荷物を持った65−70歳くらいのオジサン?お爺さんが座ろうとしていた。

しかし、そのオジサンはカンガルーマンが横にいるのに気付くやいなや、席を譲ろうとする。

何度も「お宅どうぞ!」と譲り合った挙句に、丁寧にお礼を言って断ったのだがかなり複雑な気持ちだった。

こちらは相手のオジサンのことを67,8歳と思ったのだが、向こうはこちらを何歳と思ったのだろうか?

「エッ!それ以上?」

「いやいや、それはないだろう!きっと何かの間違いだ」と思いながらも、アンチエイジングと言う観点からゆくと見た目年齢では完全に失敗しているらしい。

誰の慰めも要らないのだが、改めて現実を思い知らされた電車での出来事だった。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:17Comments(2)TrackBack(0)

2006年11月19日

久しぶりに・・・・・

二日続けて夜更かしした。

金曜日は勉強会の後、行きつけの新宿の飲み屋さんに行って家に着いたのが朝3時。

土曜日は友人達と原宿のメキシコ料理屋さんに行って、結局家に着いたのが朝の1時半。

今日は起きたのが11時。

久しぶりに普段の規則正しい生活を乱した。

そして乱すとどういうことが起きるか?

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 21:24Comments(6)TrackBack(0)

2006年11月18日

勉強会

自分の体の健康維持だけではなく、頭の軟らかさを保つべく時間が許す限りさまざまな勉強会に参加している。

昨晩はこれまで過去11年に亘って参加しているアジア研究懇話会に出席してきた。

昨日のテーマは「中国の汚職・腐敗摘発の現状と背景」だった。

勉強内容についてはここで言及しないが、この「汚職・腐敗」という病気は権力者に常に付いて回る病気のようだ。

権力を持つと「汚職・腐敗菌」が周囲を飛び交うようになり、抵抗力の弱い権力者はこの菌に感染してしまう。

そして一旦菌に感染してしまうと同時に麻薬のような底なしの誘惑連鎖菌にも感染し、外科手術を行わないと治癒する事は不可能になってくる。

国内でも和歌山知事、福島県知事の汚職が摘発された。彼らの卑怯なところは、自分はクリーンで正義派のイメージを作り出しておいて、ダーティーな部分を別な人間にやらせてうまい汁を吸うという完全なる偽善者だったと言う事だ。

摘発されると言う事でも救いがあると思うのだが、願わくば彼らが氷山の一角で無いことを祈るばかりだ。

中国政府が「汚職・腐敗摘発」に躍起になっている背景には、前指導者と原始同社の権力闘争の名残もあるのだが、それ以上に「汚職・腐敗」が国の発展を妨げ、ひいては国を滅ぼす可能性もあることを認識しているからだ。

今後の「汚職・腐敗摘発」の成功度がこれからの中国の将来を左右するかもしれない。

そしてそれは我が日本にも当てはまる事で、権力者達が「汚職・腐敗菌」に感染されないよう私たちは監視し、さらに菌の抵抗力を持った指導者を選択しなければならない。

安部首相および側近達の菌耐性度がどれだけかは今のところ???だ。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 11:22Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月16日

読んで嬉しい記事

これぞアンチエイジングの秘訣だ

当ブログにリンクを張ってあるめろりさん(めろり的*40歳からの美と健康)の記事を読んで嬉しくなってきた。

記事によるとめろりさんは、ヨガを始めて丁度1年経ったそうだ。そして今では開始した頃できなかったポーズもこなし、体調もすこぶる良いとのことだ。

めろりさんは、ヨガ以外にテニスを生活に取り入れ、さらに食生活でもバランスのとれた食事やメニューに取り組んでいらっしゃるだけでなくとても研究熱心だ。

そうした正統派の健康管理に加え、現在ベジタブルマイスター、野菜ソムリエの資格をお取りになってご自分の生活に生かすだけではなく、その知識を社会的に活用しようと努力なさっている。

カンガルーマン自身は、理論や勉強よりも実践が先にたっているのでめろりさんのブログ記事はとても重宝している。

めろりさんの場合は勉強と実践が伴っているのでとても説得力がある。

アンチエイジングの秘訣は、自己管理、勉強そして適度な運動とバランスのとれた食生活を継続することだろう。

カンガルーマン自身、34歳から水泳を開始し、44歳から子供の頃部活でやっていたバレーボールを再開して今に至っている。

これからめろりさんがヨガとテニスを10年、20年と継続し、さらに現在の食生活を続けていったら、いつまでも今のままの若さを保ってゆくのではないだろうか?

健康のために何かを継続している人を見かけると応援したくなってくる。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:37Comments(4)TrackBack(0)