2006年02月13日

行政も少しは仕事をしていたようだ!


当ブログにいつもお出で下さる、新会社設立前から設立後の成功への道のりのヒロシさんに教えてもらったニュースだ。

アガリクス製品を販売中止 キリン子会社

Photo
 記者会見で質問に答えるキリンウェルフーズの野中淳一社長。左は小森昌樹品質保証部長=13日夜、厚労省
 

 厚生労働省は13日、健康食品「アガリクス」を原材料とする「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒(かりゅう)」に発がんを促進する作用が認められたとして、キリンウェルフーズ(東京都江東区)に対し、自主的な販売停止と回収を要請した。同時に食品安全委員会に販売停止の可否を諮問した。
 キリンウェルフーズは同日、顆粒だけでなく、錠剤を含むすべてのアガリクス商品の販売を中止、回収すると発表した。
 アガリクスはカワリハラタケと呼ばれるキノコの1種。「がんの予防効果がある」などと言われ健康食品として広く販売されている。厚労省による今回の販売停止要請は1社の製品に限ったものだが、約350億円といわれるアガリクス市場への影響は必至だ。
(共同通信) - 2月13日21時13分更新

 数日前、カンガルーマンはある大手企業の健康食品の販売方法について噛みついたばかりだ。その内容を読まれたヒロシさんがこのニュースを教えて下さった。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  続きを読む

Posted by Kangarooman at 22:46Comments(10)TrackBack(0)

2006年02月12日

こんなはずでは・・・・・・、強風波浪注意報!?

昨日が暖かだったので勇んでビーチに出かけた。

朝


まあまあの天気。
少し風が強いか?

陽だまりににいると顔が火照るくらいになる。





ネットネットを張り始めると急に風が強くなり始めた。
普通だと15分くらいで張れるネットが結局強風の中で30分以上かかってしまった。
張った以上はやろうということでプレーを始めた。

砂が飛んできて顔に当たって痛い。


水浴びそのうちに砂嵐状況になってきた。
目も開けていられない。

すると、写真でははっきり見えないがウインドサーファーに混じって海辺で素っ裸になって水浴びをしている男がいる。タオルで体中をゴシゴシやっている。もちろんフリチンだ。

こうなってくるとプレーどころではなくなってきた。



そしてラジオが強風波浪注意報をアナウンスしている。
ということで今日のビーチ練習は途中で中止となった日曜日だった。

仲間の一人が言った。

「強風の中でバレーボールをやる俺らは馬鹿だけど、あの裸のオジサンはそれ以上だな」

しかし、今日は寒くて顔が痛かった!!!

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 20:06Comments(8)TrackBack(0)

2006年02月10日

ライブドアより悪い上場企業のボッタクリ商法

 昨日の新聞広告に出ていた健康食品に対する批判記事に対して、知り合いから電話をもらった。批判内容があまりにもストレート過ぎるとの忠告だった。

 しかしカンガルーマンは、広告の内容と商品訴求のやり方があまりにも消費者を愚弄したものであると判断したから自分の意見を述べたにすぎないということで、この知り合いの忠告は丁寧に受けたが聞き流す事にした。

 カンガルーマンは何故、このような広告や商法に批判的なのか?

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

 

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:22Comments(8)TrackBack(0)

2006年02月09日

上場企業が扱う商品か?

まずこれらの写真を見て欲しい。
ハナビラタケお試しセット






商品名:白幻鳳凰  販売:ユニチカ株式会社

この広告は今朝の朝刊に大きく掲載されていた。

そして、読んでみて自分の目を疑った。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:27Comments(2)TrackBack(0)

2006年02月08日

景気は良くなったのか?

長い事商売をやっているが、こんなことは初めてだ。

カンガルーマンの会社で経理の女性が必要になったのでハローワークで募集をかけた。10日程前である。

ところがこれまで1件の問い合わせもない。

以前は募集をかけると数日して問い合わせが入ったものだ。

会社は小さいが条件面はそれほど悪いとは思っていないのだが、狐につままれたようだ。給料も、普通だと思うし、完全週休2日制で、やる気のある人はスキルアップ手当も付く事になっている。

唯一考えられる理由は、求人が求職を上回っているとしか思えない。求職するほうは、小さい会社よりも名前の通った安定した会社で働きたいだろう。

景気が上向いてくると当然のごとく忙しくなってくる。すると人手が必要となる。そしてそこそこの規模の会社が募集を始めると、人がそちらの方に流れてしまって零細企業には見向きもしなくなる現象がでているのだろうか?

まあ、本当に景気が回復しているのであればそれはとても結構なことだ。

そのうち誰か応募してくるだろうと気を長くして待っているのだが、誰も応募してこない本当の理由を知りたいものだ。

景気が上向いてきたからなのか?それともこちらの募集内容が悪いのか?
どちらかだと思うのだが・・・・・・・・???

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:11Comments(4)TrackBack(0)

2006年02月07日

この記事は絶対おかしい!!

誰が書いたか知らないが、以下の記事はおかしい内容だ。
不必要に誤解を与える記事だ。

日本 米国産牛肉食べちゃった

 サッカー日本代表は5日(日本時間6日)、サンフランシスコ空港着の航空機で米国入りし、サンノゼ市内のサンタ・クララ大学で軽めの練習を行った。代表チームは、BSE(牛海綿状脳症)問題で米国産牛肉の安全性が危ぶまれる中、夕食で渦中の牛肉を食べたことが判明。ドイツW杯(6月9日開幕)を控えているだけに、波紋を呼びそうだ。また代表メディカルチームが、温熱治療器を導入したことが明らかになった。
 米国入りしたイレブンは練習後、バイキング形式の夕食をとった。代表広報は「メニューの詳細は言えない」としつつも、BSE問題で渦中の米国産とみられる牛肉がテーブルに並び、選手も食べたことを明かした。
 代表チームには専属シェフが帯同し、食材は基本的に現地調達。今回は米国人が通常通りに食べている牛肉を特に制限せず、食べる、食べないの判断は選手に任せたという。「まったく気にしない」と話す選手が多い半面、「怖いです。鶏肉しか食べない」という声が上がっているのも事実だ。中東へは水を持参も、今回の牛肉に関してはノーマーク。期せずして危機管理の甘さを露呈してしまったが、今後の対策は決まっていない。・・・・・・・・・・。デイリースポーツ

この記事はひどい。牛肉と危機管理とどういう関係があるのか?非常に恣意的な内容だ。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング
  続きを読む
Posted by Kangarooman at 18:43Comments(6)TrackBack(0)

2006年02月06日

危機管理とサバイバルの知恵

昨日の記事で映画「ミュンヘン」について評論した。

その中で、紛争地における想像もつかない論理について言及した。

数ヶ月前、ある台湾のビジネスマンと知り合った。彼といろいろ話をしているうちに、私たち普通の日本人では考えつかないような危機管理を敷いた生活をしていることを知りビックリした。

彼の危機管理の根底には、現在の極東情勢が平穏に経過しないだろうと言う事が前提となっている。したがって、紛争が起きた時にはどのようにでも対処できる体勢で臨んでいる事だ。

どのような危機管理なのか?

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:25Comments(4)TrackBack(0)

2006年02月05日

お薦め映画「ミュンヘン」

話題の映画を観てきた。

ミュンヘン 
監督:スティーブン・スピルバーグ
主演:エリック・バナ

カンガルーマン評価は?:★★★★☆
難点はチョッと長過ぎた。上映時間約3時間

ストーリーは観てのお楽しみということで、ここでは省かせてもらうが歴史やパレスチナ・イスラエル問題に興味ある人には必見の映画。


作品としては第一級だが切なく、ヘビーで、暗くそして希望の無い世界を描いた映画だ。

舞台は9.11のはるか前に起きた実際の出来事を元に進められている。

ユダヤ人であるスピルバーグ監督のメッセージは強烈だ。

彼は自分の主張が現実に則していないことを分かったうえで、「暴力が答えではない」と主人公の台詞を通して訴えかけている。

「”目には目を、歯には歯の”の掟にしたがって暴力でパレスチナ・イスラエル問題は解決できない」というメッセージを伝えようとしている。しかし、現実には両者間には既に埋めがたい溝が横たわっており解決の道はほとんど閉ざされている事を改めて認識させてくれる。

この映画を観た後、9.11以後の中東情勢、イラク戦争、イランと西欧諸国との対決そして今回のハマスの勝利等を洗いなおしてみると、あらゆる状況がどうにも解きほぐせないほど、そして取り返しのつかない状態にさらに悪化していることが浮き上がってくる。

私たちはこの平和な日本でつかの間のヌクヌクとした生活を享受しているが、紛争地では私たちの想像の及ばない論理と現実があることを学ばしてくれた映画だった。

そして、この平和な日本でさえもいつ紛争の渦に巻き込まれる状況に追い込まれるか誰も予測出来ない事を忘れてはならない。

スピルバーグ監督はユダヤ人でありながらも偏見を取り除いた非常にバランスある歴史作品に仕上げた。拍手を送りたい。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 19:30Comments(7)TrackBack(0)

2006年02月03日

★カンガルーマンのお薦めレストラン

これまで述べてきたようにカンガルーマンの主蛋白源は通常の牛や豚肉ではない。

メインの食肉ラインは、カンガルー、ダチョウ、鶏、馬等の脂肪の少ない赤身肉か鶏肉だ。自宅で食べる分にはお肉を調達して料理すれば済むことだ。しかし外で食べるということになると、こうしたお肉をメニューに取り上げているレストランは非常に少なくなってくる。

したがってカンガルーマンは自分が食べたいのと、また多くの人達にも食べてもらいたいと思っているので扱っている店を探したり、さらにカンガルーやダチョウのお肉を自分で輸入してレストランに採用してくれるようお願いしてきた。

そのお陰もあり、今では外食するのにもそれほど困らなくなってきた。

カンガルーマンお薦めのレストランは以下のとおり。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:08Comments(6)TrackBack(0)

2006年02月01日

オーストラリア大使館でのランチパーティ

今日は雨の中オーストラリア大使館で行われたランチオンパーティに行ってきた。

Embassy party
これはオーストラリアとビジネスを展開している会社のために開かれた感謝パーティだ。




カンガルーマンの会社もオーストラリアから皮革や食肉を輸入しているので招待された。そして、今日のパーティではカンガルーマンが普通家で食べているレシピがランチメニューに採用され、ロブスターやオージービーフに混じって150人のゲストに提供された。

どのようなレシピが紹介されたのか?

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング

  続きを読む
Posted by Kangarooman at 23:23Comments(6)TrackBack(0)