2005年07月31日

オバさん、ごめん!

 昨日のことだった。
 
 カンガルーマンはいつものように朝10:00にビーチに出かけた。到着してすぐ気がついたことは、コートになるべき砂場の真ん中にビーチパラソルが立っており、その周りに荷物と麦わら帽子が置いてある。 

パラソル

「海に遊びに来ている人達だな。練習を始める時間になったらのいてもらおう。」と思いながら、いつものビーチリビングをつくって仲間を待っていた。

 
 
 ところが、そのパラソルの持ち主が現れない。おかしいなと思いながら、パラソルを見ていると、麦わら帽子が動いている。「エッ」と思って目を凝らしてみると、砂の中からニョキッと腕らしき物が出てきた。
 
 そっと、パラソルに近づいて見てみると「なんと、人が砂浴をしているではないか?」顔の半分はタオルで覆われており、サングラスをかけていたのだが、おばあさんのようだった。
 
 そうこうしているうちに、仲間達が三々五々集まってきた。みんなで顔を見あわせながら、「どうしようこのオバさん?」ということだ。
 
 他の砂場に行ってコート設営をすることを考えたが、他は砂のコンディションが悪いため、怪我をする可能性がある。
 
 しかたなく、仲間の一人が勇気を出してこのオバサンに退去するよう丁寧にお願いした。この場所は「役所から許可をもらって使用しており、そのためにいつも怪我をしないようにみんなで砂をきれいに管理しています。申し訳ありませんが、ちょっと移動してください。」ということだ。
 
 結論から言うとオバさんは、仕方なく移動してくれた(実際は荷物をまとめて帰ってしまった。)のだが、聞いてみるとそこで美容と健康のための砂浴をしているとのことだった。予定では、体の毒素を抜くために6時間ずっと砂に埋もれているつもりでいたとのことだった。
 
 オバさんが帰った後、「何でよりによってこの広い海岸でこのコート砂場の真ん中で砂浴をしなければならないのだ?」という意見もあったのだが、「ここが一番砂のきれいな所だからしょうがない。」ということに落ち着いた。
 
 しかし、みんなで納得したことは、ビーチバレーボーラーも好きだからとはいえ、炎天下で朝から夕方までボールを追いかけているが、このオバさんも砂の中に6時間も埋もれているつもりだったと聞いて、健康と美容に対する執念みたいな事を感じた。
 
 この砂浴というのは本当に健康と美容にいいのか?
 
 オバさん、せっかく気持ちよく砂浴をしていたのにごめん。
 
 「オバさんカンガルーマン達をカンベンしてやりな!」ということでしたらクリックをお願いします。
ブログランキング  

Posted by Kangarooman at 22:22Comments(2)TrackBack(0)

2005年07月29日

音楽の無い生活なんて・・・・・

 カンガルーマンは音楽が大好きだ。
 
 ただ、大好きだとは言ってもビーチバレーほどマニアックではない。しかし、音楽の無い生活は考えられない。
 
 聞く音楽の種類も、その時の気分、気候、天気、昼間、夜、朝、雰囲気、一人の時、あるいは誰と一緒に居るか等によってさまざまだ。
 
 したがって、カンガルーマンは演歌、歌謡曲に始まって、クラッシック、オペラ、ロック、R&B,ジャズ、ヒップホップ、ラテンまで何でもござれという感じだ。
 
 そして、今この暑い夏はサルサ、メレンゲ、ソン等のカリビアンミュージックに限る。
 
 昼間のカッと照りつける太陽のもとで聞くカリビアンミュージックは、気分が落ち込んでいたとしても気持ちを明るくしてくれる。
 
 ミュージシャンもさまざまで、それぞれの特徴を持っている。
 
 若い女性に人気のロマンチックなサルサを歌うマーク・アンソニー等は聞きやすいだろうし、ちょっとヒネタ感じのジャズっぽいクセのあるサルサだったらルベン・ブラデス、さらに民族っぽい感じだとパチェコだとかヨーロッパで活動しているジユーリ・ブエナベンツーラ等も捨てがたい。
 
 あまり、細かく書いてゆくとそれこそマニアックな世界に入りそうなのでここらで止めるとして、カンガルーマンが言いたい事は心の健康に音楽は欠かせないという事だ。
 
 特に、不快指数の高くなる夏は、同じような気候の下で発展した音楽が日常生活ではピッタリだ。カリビアンミュージックの背景には、黒人の影響もさることながらやはり暑い気候が大きく左右している筈だ。
 
 こうした風土で培われた感覚に基づいた音楽を聴くことで、夏を不愉快だと思わずに逆にエンジョイすることがその時々の季節を楽しむ術だろう。
 
 カンガルーマンの夏は、カリビアンミュージックとビーチバレー三昧が相場と決まっている。
 
「夏はカリビアン!」と感じたら、あるいは聞いて見たいと思われたらクリックをお願いします。 
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 17:15Comments(2)TrackBack(0)

2005年07月28日

当面の目標

 カンガルーマンが最近目標としていることが一つある。
 
 それは、ファッションセンスを磨きたいということだ。
 
 別に高価なデザイナーブランドで身を固めるという事ではない。つい先日電車の中で見かけた和服を着たオジサン等は、見習いたい一つの例だ。
 
 あのオジサンは、粋に和服を着こなし左手にはボストンバッグ、頭には麦わら帽を被っていた。あのイデタチは、あのオジサンだから似合っているのだ。カンガルーマンが同じ格好をしたらチンドン屋のオヤジになってしまっているだろう。あのオジサンは自分に何が似合うかをよく分かっているのだ。
 
 カンガルーマンの普段の格好は、仕事場では人に会う必要がない時はジーンズ/チノパンとアロハ/ポロシャツの組み合わせで、大事な人に会う時はトラッド系のスーツと決まっている。しかも、スーツを着るときは白かブルーのボタンダウンシャツで統一されている。ネクタイもストライプ、プリント、ペイズリーの色違いを適当に組み合わせればどうにか様になるようになっている。
 
 これは、どうしてか?
 
 その理由は、何も考えなくて済むからだ。ぶら下がっている衣服を目をつぶって着たとしても大きな間違いがない。
 
 しかし、心の奥底ではあの電車のオジサンのように粋な格好で街に出たいという欲望があるのだが、その一歩を踏み出せない。そして、着る物や身に付けるもので頭を煩わしたくないという気持ちが残っている。
 
 つまり、気持ちに余裕がないことと、自分の気持ちや性格をモロに現わすファッションを身に付ける勇気がないからだ。要するに、周囲の目を気にしているというか、とりあえず無難な格好でお茶を濁そうとしているにすぎない。
 
 したがって、カンガルーマンの当面の目標はあのオジサンのように何が自分に似合うか探し、それを周りが奇人変人と思わないようなカンガルーマンオリジナルファッションを開発することだ。
 
 カミさんにこの話をしたところ、「あんたは既に自他共に認める奇人変人だから、おとなしい格好がちょうどいいのよ。」と軽くいなされてしまった。
 
 うーん・・・、アンチエイジングをテーマにしている以上、この当面の目標を達成したい。
 
 
 
「そういった意識を持つだけでも十分」と慰めてくださる方クリックをお願いします。 
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 18:50Comments(4)TrackBack(0)

2005年07月27日

男の目から見たアンチエイジング

 昨日のブログで男達はアンチエイジングに興味ないのではないかと結論づけた。
 
 一晩たってもう1回考え直したら、そうではないのではないかと思い始めた。たまたま、男の目から見たアンチエイジングのイメージがまだ出来あがっていないのではないか?
 
 それではカンガルーマンが理想とする男のアンチエージングイメージは:
 
1.まず健康
  なんと言っても健康でないと何も始まらない。
2.体力
  体力(夜の体力も含まれる)があってはじめて、仕事に打ち込め、家
  庭、社会生活を楽しめる。
3.心の余裕
  上の1.2が達成できればかなり心に余裕が出てくる。
4.趣味・ファッション
  女性とは違った意味で自分を美しく見せられる。
  (例えば:昨日電車の中で、和服を着たオジサンを見かけたが素晴らし 
  くオシャレだった。写真を取れなくて残念!このオジサンは自分を美しく
  見せるツボを心得ていたようだ。)
 
 これらの4つのポイントを押さえることで、一つの基本ライフスタイルを確立できる。
 
 あとは、バリエーションと応用だ。当人の持って生まれた才能とこれまでの知識・経験が重なり合って一人の男が出来上がってくる。
 
 カンガルーマンが今、この年になって実感していることはこれまで健康と体力増強に努めてきて本当に良かったということだけだ。この喜びは当人だけしかわからないだろう。だからこそ、ブログを通じて多くの男諸君にこの喜びを感じてもらい、さらに同じように健康と若さを追求して欲しいと願っている。
  
 年齢にとらわれない健康と若さが21世紀の日本を創るといっても過言ではないと思うのだが・・・・・・・・・・・。
 
 「なるほどそうだ!」と思われたらクリックをお願いします。
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 15:35Comments(5)TrackBack(0)

2005年07月26日

アンチエイジングについて

 ブログをはじめて6ヶ月たった。
 
 自分のライフスタイルの方向性がなんとなくアンチエイジングだと思ったので、このカテゴリーに登録しているのだが、他のブログを訪問してみて気づいた事がいくつかあるので書き留めておこう。
 
 それは:
 
 1.アンチエイジングという言葉はマスコミ等でもそれなりに取り上げられ
   ているのだが、登録されているブログが他と比べて圧倒的に少ないと
   いうことだ。
 
   ということは、このアンチエイジングという概念はまだまだマイノリティ
   ーというか、ほんの一握りの人達にしか認識されていないということな
   のか?
 
 2.さらに、登録されているブログは圧倒的に女性によるものが多いとい
   うことだ。
 
   世の中の男達は、健康で若くありたいという願望はないのだろうか?
   カンガルーマンが友人達(中高年の)と飲み屋で話をすると、決まって
   どれだけ不健康か、元気がないか、年をとったかの自慢話になる。
   が、しかし同時にみんな健康で若々しく過ごしたいと口では言う。とい
   って、そうするための努力はしたくないというのが本音のようだ。
 
 3.そして、多くの女性ブロガー達の内容の多くは当然のごとく若く・美しく
   魅せるための方法が満載だ。
 
   残念ながら、中高年男性にとってはそれほど興味ある分野ではな
   い。最近の若い男性の間では、マユを整えたり、マスカラをつけたり、
   ファンデーションを塗ったりする者がいるらしいが、これは美しく?
   見せようという努力かもしれないがアンチエイジングとは関係ない世
   界だ。
 
 上記3点から判断すると、世の中の中高年の男達はアンチエイジングというカテゴリーの存在そのものを知らないか、興味ないという結論に達した。
 
 カンガルーマンが定義づけるアンチエイジングは「どうしたらいつまでも健康で若い体力を維持できるか?」ということだ。これは、万人共通の願いだと思うのだが、不思議なことにブログの世界では本当に少数派のようだ。
 
 世の男達よ、アンチエイジングにもっと関心を持とう!!!素晴らしい、世界が開けるぞ。
   
 
 「そうだ、男達頑張れ!」と思われたらクリックをお願いします。
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 20:49Comments(2)TrackBack(0)

2005年07月25日

衝撃的だったニュース

 健康と若さというテーマとは全く関係ないが、今朝の新聞に出ていたニュースはカンガルーマンにとって衝撃的だった。
 
 英「テロ犯射殺 貫く」

 カンガルーマンがビーチバレーで夏を楽しんでいる間に、「ロンドンでテロ犯として射殺された人が間違いだったというニュースだ。さらに、こうした誤射があっても既存の方針を変える予定はないとの事だ。」
 記事を読みながら、4−5年前(確か9.11の1年程前だったと思うが・・?)産経新聞に連載されていた”麻生 幾”著の「日本侵略」という小説の事を思い出していた。この連載は単行本にはならなかったものの、同じようなテーマで昨年「ケースオフィサー」というタイトルで本になって出た。内容的には連載の「日本侵略」のほうがリアリティーがあった。
 
 具体的内容は簡単に言うと:
北朝鮮、チェチェン、イスラム過激派等の反米英グループが共同で密かに軍事・スパイ訓練を北朝鮮で受け日本をバイオテロで攻撃するというストーリーだ。
 
 バイオテロと爆弾の手法的違いはあったとしても、9.11以降のアフガン・イラク戦争を含めたこれまでの流れとパレスチナ問題のグチャグチャな状況を見てみると、このストーリーはかなり本質を突いた内容だったと感心せざるを得ない。さらに、これまでの報道や自爆攻撃等の出来事を検証してみると反米英グループの底知れない怨念を感じる。
 
 そして、「日本侵略」が小説の中で暗示していた状況が日本にも刻々と迫ってきているようでしょうがない。日本は周知のごとく、米英グループの重要な一角を占めているのだから・・・・・・・。
 
要するにカンガルーマンが思った事は:
 同じような事件が日本で実際に起こった場合、警察や公安当局はどのように対処するのだろうかということだ。イスラム過激派だって馬鹿ではない。顔の違うアラブ人ではなく、東洋人かあるいは反米英思想を持った日本人が事に当たるだろう。そうした場合、英国のように即射殺という事態とはならないだろうが、挙動不審な者は即逮捕という時代がくることが推測される。
 
 この「平和で住みやすい日本社会」の背後でヒタヒタと「黒い影」の足音が忍び寄っている気がするのだが、カンガルーマンは神経過敏に過ぎるのだろうか?
 
「考えすぎ、心配いりません」と思われたらクリックをお願いします。
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 15:33Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月24日

2回戦敗退だったが満足した試合

 今日は予定通り5時に起きて大会に参加した。
 
 天候は暑くもなく、また風も穏やかなトーナメント日和だった。
 
カンガルーマンとチームメイト 

Tournament1回戦は順当に勝ち上がったものの、2回戦では接戦のフルセットだったが2点差で負けてしまった。

負けた原因はイージーミスの連発だ。
しかし、試合内容そのものは各プレーヤーがそれぞれの持ち味を発揮したおかげで非常に満足のゆくものだった。このような場合は、負けてもそれほど悔しくない。


 体はいつものようにクタクタで、激しい睡魔に襲われている最中だが、結論から言えば非常に楽しい週末だった。

「爺さんプレーヤーご苦労さん」と思われたらクリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:09Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月23日

つい引き込まれてしまった映画

 今日はいつものように朝から夕方までビーチバレーの練習をやった。特に明日が試合なのでそれなりに気合を入れたので、かなり疲れた。
 
 明日が5時起きなので遅くとも10時半には寝て体調を整えるつもりだった。
 
 ところが、カミさんと友達がDVDを9時過ぎから見始めたのだ。
 
 カンガルーマンは、ソファに寝転がって10時までにはブログを書いてそのまま布団に入ろうと、半分居眠りしながら考えていた。
 
 その傍らで、なにやら中国語がテレビで飛び交っている。最初横目で見ていたのだが、そのうち少しずつ映画に引き込まれてしまった。
 
 気がついたらアータタタタタッ11時10分になっていた。
 
 その映画は「Not One Less(あの子を探して)」という1999年に作られた中国の僻地にある小学校の13歳の代用教員とその生徒達のストーリーだ。
 
 非常にシンプルで、監督(チャン・イーモウ)の意図も分かりやすく、しかもストーリーの展開も次に何が起こるか予測しやすい映画だったのだが
結局最後まで見てしまった。
 
 多分、最近の凝りに凝った、どんでん返しの多い映画ばかりみてきたせいだろうか。こうした、昔の「路傍の石」を思い起こさせるような映画だったから引き込まれてしまったのだろう。一緒にカミさんと見ていた26歳の女性(彼女も5時に起きて試合にいかなければならないのだが)の目にも新鮮に映ったようだ。
 
 それはそれでいいのだが、結局就寝は12時になってしまった。明日の5時起きとあれほど入れ込んでいた試合は・・・・・どうなるか?
 
 
 「うーん!しょうがない、こういうこともあるさ。」ということで試合とランキングを応援してください。 
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 23:19Comments(2)TrackBack(0)

2005年07月22日

夏の定番レシピー・・・・・ルーミートシチュー

 先週の屈辱的なビーチバレー大会の1回戦敗退ショックから癒える間もなく次の大会がこの日曜日に飯岡で行われる。
 
 明日は、それに備えて練習をこなしさらに体調を整えるつもりだ。
 
 暑さが厳しくなってきているため、特に体調を整えるのが一番大事だ。先週の大会でもどんどん勝ち進んだものの、スタミナ不足と暑さのため途中でへこたれた選手もいたようだ。
 
 こうした暑い時期に最適な食べ物が:
カンガルーマン特製のルーミートシチューだ。 

roostewトマトソースをベースに、ルーミート(カンガルー肉)のぶつ切り、タマネギ、ジャガイモ、セロリ、人参、トマトをクロックポットで調理したシチュー。

味付けはブッシュスパイス、チリパウダー、適量の塩のみ。好みによって、食べる時にサワークリームを足しても旨い。

 このシチューの特徴は、お肉の脂肪分がゼロに近いためお腹にもたれないということだ。さらに、脂肪分がないため、冷やして食べても美味しい。

 カンガルーマンは、ビーチバレーで水分を取りすぎてやや食欲が減退した時、ルーミートシチュー、ピタパンかご飯、サラダのコンビネーションで体力を回復している。エネルギー補給には、デザート代わりにロールパンでピーナッツバター/ハニーサンドを作って食べる。

 カンガルーマンは、低脂肪・高蛋白の食生活を20年近く続けているせいか俗にいう夏バテとは全く縁が無い。

 明日は、練習後ルーミートシチューで体調を整えて日曜日の試合に臨む。少なくとも、先週のような1回戦敗退だけはさけたいものだ。

「ルーミートシチューで試合頑張れ」と応援して下さる方クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 18:12Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月21日

もう少しで忘れるところだった大事な役者達

カンガルーマンが大事にしている別な役者の存在を忘れるところだった。
 
 それは、ダイニングルームの片隅に陣取っている熱帯魚達だ。

Dining room

Tropical fish







 カンガルーマンが飼っている熱帯魚はグッピー、ネオンテトラ、掃除屋さん、カタツムリ等でお店でも一番安い類の魚達だ。

 熱帯魚を飼ってみて分かったことがある。それは、水槽のエコシステムのバランスがとれている限りメンテナンスにはほとんど手がかからないことだ。

 エコシステムが狂うと、水が汚れたり、魚の病気が出てきたりいろいろ手がかかってくる。例えば、水槽の大きさに対して魚が多すぎたり、水底や苔を掃除する魚、エビ、カタツムリが居なかったりすると水槽が汚れてくる。あと、汚れを分解するバクテリアや、魚が排出する二酸化炭素を吸収する水草も必要だ。

 こうした、いろいろな要素が組み合わさりバランスがとれていると半年や1年は水を取り替える必要が無い。飼い主は、魚と水槽を鑑賞(観察)しながらこのバランスをチェックするだけでいい。

 つまり、魚達は水槽という小宇宙の中で飼い主に外から観察されながら平和な生活(魚同士の共食いや争いは結構あるが・・・・)を送っているといっても過言ではない。

 こんな事を思いながら魚達を見ていると、つい私達人間の存在も水槽の魚達と同じように思えてならない。

 魚達との大きな違いは、産業革命以来尊大になってしまった人間は自分達で勝手に地球という水槽のエコシステムのバランスを変えてきている。そして、これからさらに大きく変えようとしている。

 魚達が、水槽の外で誰かに観察されている事を知らないようにひょっとしたら私達人間も宇宙のかなたから誰かに観察されているかもしれない。

 熱帯魚の飼い主は、魚が増えすぎたり、バクテリアや魚の汚物のバランスが崩れた時には魚を間引きしたり、水草を増やしたり、バクテリアを追加したり、水を一部取り替えたりしてエコシステムを整えようと努力する。

 それでも元に戻らない時はどうするか?

 ガラガラポンだ。水を全部取り替えて、水槽をきれいに洗い新たにやり直す。つまり、それまでの小宇宙を壊して、新しく作り変える。

 カンガルーマンは地球のガラガラポンが来ないように念じながら熱帯魚を鑑賞している。

「地球のエコシステムを大事にしよう」と思われたらクリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 18:00Comments(0)TrackBack(0)