2005年04月17日

挑発にのるな!

 北京に続き、比較的平穏ではないかと思われていた上海でも反日デモが行われ、報道によると北京のデモよりも規模が大きく日本関連施設に対する被害も大きかった模様だ。こうした動きに対して、今最も大事なことは政府も含め一般の日本人が過剰反応しないということである。特に、在日大使館や在日中国人に対する嫌がらせや暴力行為等はそれこそ反日グループの思う壺だ。
 一連の騒動は明らかに、中国共産党政府と騒動を煽っている反日グループの目的がこの一種の挑発行為を通して日本政府に自らの意見を飲ませようというメッセージの可能性が非常に強い。カンガルーマンがなぜここで今回の騒動を挑発行為とみているかというと、騒動を終わらせるために左派系メディアを中心とした日本政府に対する対中国政策の転換を訴える世論を喚起させようと意図している点がみられるからだ。忘れてはいけない。戦前の日本軍部が、抗日グループ(主に米国とロシアに支援されていた)の挑発に応じたがために泥沼の中国戦線に引き込まれたことを。
 数日前のブログでも言及したが、彼らの意図は明らかである。日本経済の中国市場に対する依存度がさらに増えることを見越し、「共産党政府の意向を日本が尊重しないならば日本は安心して中国で商売できない。日本経済にとって中国市場は必要不可欠だが、中国にとって日本は選択肢の一つでしかない。日本が言うことを聞かないなら、中国も一時的には困るだろうが中国市場に尻尾を振ってくる他の技術先進国や投資国はいくらでもある。だから、言うことを聞きなさいよ。」ということだ。共産主義者が資本の原理を道具として使い始めたのが今回の騒動の原因の一つだ。簡単に言えば、大手スーパーの経営陣が有力納入業者の1社の経営方法にイチャモンをつけ、スーパーの方針に従わないなら従業員が納入業者の商品を他社製品に切り替えるかもしれないと脅しているようなものだ。
 しかし、カンガルーマンに言わせれば反日グループとそれを厳しく規制しようとしなかった中国共産党政府は大きな戦略的な間違いを犯してしまった。世界は今回の騒動を厳しい目で見ている。社会主義市場経済というこじつけの資本主義的言葉をあみだした共産党政府はやはり信頼できないということを大きく露呈してしまったからだ。今後の世界の先進資本主義国と共産党政権とのせめぎあいが厳しくなってくる。つまるところ、中国市場という”馬のニンジン”をめぐり、それが”馬のニンジン”か”本当のご馳走か”を見極めた国が勝ち残るだろう。
 日本を含め先進資本主義国にとって理想のシナリオは、現在の共産党政権が崩壊し民主的政権のもとで既存のルールに従った形で中国経済が発展することだ。その中で中国市場の大きなパイをお互いが食べあうという構図が望ましいことは誰でも理解している。共産党政権はそうさせないようにと妨害してくる。今回のケースはその前兆だ。したがって、長期的観点からみた日本の国益にとって日本政府と日本人がとりうる最大の方策は:
1.弱腰だとか屈辱だとかの批判があっても、絶対にどのような挑発にものってはならない。
2.世界世論を味方につける。結果として中国が悪者になる。
3.政府は毅然とした態度を崩さない。
 
繰り返す。挑発にのったら彼らの思う壺だ。
 
 
 
 
  

Posted by Kangarooman at 12:16Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月16日

難行苦行では健康になれない?

 カンガルーマンの知り合いが、体重を落としたいので相談に乗って欲しいとのことで話をした。そこでまず、食生活をはじめ基本的な生活の様子を聞いてみた。 ある程度予想していたが、カンガルーマンと全く逆のライフスタイルだ。以下その会話の内容だ。

カン:「まず、その生活習慣を変えないと難しいよね。」
知:「それが出来れば相談しないよ。変えないで減らす方法を知りたいんだ。カンガルーマンがいつも体型が若いのはなにか秘訣があるんだろう?」
カン:「特に秘訣はないよ。ただ生活習慣が、あなたと全く逆なだけ。」
知:「苦労しないで、何か体重を減らす魔法のサプリメントみたいなものないかね。」
カン:「覚醒剤でもやれば?・・・・」
知:「食事にかまっているのも面倒だし、運動といっても仕事が忙しいしでなかなか変えられないよ。」

 結論から言うと、これ以上の進展はなかった。知人の言うことはもっともだからだ。カンガルーマンの喫煙と同じことで、あくまで当人の気持ちとやる気の問題だからだ。ただカンガルーマンが、唯一アドバイスしたことは「自分のライフスタイルを難行苦行にしないことだ。」つまり、ネジりはち巻で仕事の延長みたいに取り組まないことだと。

 カンガルーマンがビーチバレーを好きな理由はそこにある。誰がなんといっても楽しいからだ。運動量は多いが、ピクニック気分で体を鍛えられる。よく友人達に「ビーチバレー即人生だね」といわれるくらいだ。とにかく、なんでもいいから楽しく体を動かせる環境を創ることが健康と若さを保つための第一歩だ。

  
Posted by Kangarooman at 17:17Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月14日

おっとと・・・・・・、オイ、オイ嘘だろう?

 [町村外相]反日デモ、在外公館警備に自衛隊員派遣も検討
 
 町村外相は14日午前の参院外交防衛委で、中国の反日デモで日本大使館に投石が行われたことに関連し「(大使館員が)安心して仕事ができるようにしっかりとした警備がどういう形で可能なのか、関係省庁と相談しながら対応しないとならない」と述べ、在外公館警備に自衛隊員を派遣するなどの対策を検討する考えを示した。

というニュースを読んだが、もしニュースが本当で外相が本気で言っているとしたらこれはタイミング的に非常にまずい。
歴史検証を日中で共同研究する事を提案するとか言っていたから、今朝までなるほど大人の対応をしているなと感心していた矢先に出た発言だ。昨日の中国外務省の発言といい、今日の町村外相の発言といい、子供の喧嘩みたいなやりとりだ。EUとアメリカは中国市場で漁夫の利を得ようとほくそえんでいるぞ!
 
 本音では自衛隊を派遣したいと思っていても、口に出してはおしまいだ。
本当にそう思っていたら、全く逆の言動をとるくらいでないといけない。
行け行けどんどんで、喜ぶ人や気分のすっきりする人がいるだろうが、そうやって昔の日本は負ける戦争に足をとられてしまった。
 
 日本経済を本当に立て直そうと思ったら、どういうことがあろうと中国といざこざを起こしたらダメだ。今の日本の繁栄と富はアメリカの半植民地として彼らに反抗しなかったから得られた産物だと言う事を自覚しなければならない。今後、景気が持ち直すかどうかは中国経済の動向と中国市場あるいは新興のインド市場獲得にかかっている。そして、日本はいまだに商人国家から脱皮していない事を忘れてはならない。脱皮できるまでは、臥薪嘗胆で商人は商人らしくふるまってこそ次のステップに上がる事ができる。
 もし中国経済が崩壊し、日中間にいざこざが生じてこじれた場合、現在のリッチなライフスタイルを放棄する時が必ず来る。それが覚悟できているならケツをまくってもいいだろうが、今の日本人はそこまでの度胸も無いしまた力もない。スピッツみたいな遠吠えは相手に足元を見られて終わりだ。
 昨日、カンガルーマンはある企業経営者達の集まりに出てきた。そこでは、中国に投資しようか東南アジアに投資しようか考えた末、結局ベトナムとフィリッピンに投資して会社を設立した経営者と話をした。彼らは、今の中国の状況を見て正しい判断をしたと胸をなでおろしていた。商人は常に世の中、世界の動きを見ている。それは、資本主義社会における象徴であり、さらに血と汗の血漿である自分のお金を使うというリスクを負っているからだ。
 日本人よ賢く、したたかになれ!単細胞の感情爆発民族では戦前の二の舞だということを忘れてはならない。
 
 
 
  
Posted by Kangarooman at 15:33Comments(1)TrackBack(1)

健康と若さを保つために必要な基本中の基本の健康法

 カンガルーマンが健康と若さを保つために気をつけていることが、基本3原則以外にもう一つある。それは歯のメンテナンスだ。
 カンガルーマンは40歳までは、歯に自信を持ちすぎてほとんど歯医者さんとは縁がなかった。というよりも、縁がないものと思い込んでいた。40歳になったある日、どういう風のふきまわしか(特に虫歯や歯の痛みで苦しんでいたわけではない。)歯の状態を調べてもらおうと歯医者さんを訪れた。歯医者さんは、口の中を覗くなり「こりゃ大変だ。」と言って、レントゲンを撮ったり、歯茎をつついたりして調べた後にこう答えた。「最後に歯を見てもらったのはいつですか?このままほっといたら歯が全部抜けてしまいますよ!」。細かくいうと、虫歯は無いが、全ての歯と歯茎が15年分の歯垢に覆われていたそうだ。その結果、かなりひどい歯周病に犯されており根本的な治療が必要とのことだった。結論から言うと、奥歯を2本抜きそこをインプラントとブリッジ処理して、残りの歯が救われた格好だ。
 それ以来、カンガルーマンは10ヶ月おきに歯の掃除だけは欠かさず続けている。おかげで、残された歯は今でも健在だ。最近非常に気分のいいことは、年頃の娘に「お父さんはオヤジ特有の口臭が無い。」と誉められる事だ。10ヶ月おきの歯周病点検では、前歯は常に1を保っており、奥歯の汚れがたまりやすいところで3という結果となっている。カンガルーマンの健康の素は、この40歳の時の歯医者さんだったかもしれないと思っている。
 いずれにしても、歯がしっかりしていると食べ物は美味しいし不具合な歯から生じる余計なストレスを感じる必要が無くなる。歯のメンテナンスは多くの健康法のうちで、非常に地味だが基本中の基本の健康法だ。
 −−健康法、−−健康食品、−−ダイエット法とか健康に関する情報が入り乱れているが、カンガルーマンは相変わらず「普通の事を普通にこなして普通に生活すれば健康と若さは保てる。」と信じている。もっとも、今の世の中この当たり前の事を実践することが難しくなっているから、普通のことに固執しているカンガルーマンは周りから「変わり者、マニアック」とか言われているのだろう。しかし、カンガルーマンの目にはいまでは普通となっている楽・怠け癖・浪費を追求するライフスタイルは異常としか見えない。
 
  
Posted by Kangarooman at 12:55Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月13日

最近気になることー昨日の続き

 昨日、中国の反日デモについてカンガルーマンの考え方を述べた。そして、今朝の産経新聞の報道を見て暗澹たる思いにかられた。記事の内容は以下の通りだ。
 
【北京=野口東秀】中国外務省の秦剛報道官は十二日の定例会見で、歴史問題に端を発した一連の反日デモについて日本政府が求める謝罪や大使館および大使公邸への投石などへの賠償を事実上拒否した。秦報道官は「日本政府の歴史問題での誤った態度に対して不満が表れた。日本は反省に値する」などとし、事態を招いた原因は日本側にあり反省すべきだとの立場を終始貫いた。一連のデモ発生後、同省の記者会見は初めて。
 秦報道官は「少数の過激行為は賛成できない」「中国政府は冷静で秩序ある態度を求めてきた」とし日本政府の要求を事実上拒否、被害調査にも言及しなかった。
 デモ参加者に自制を求めながらも、「侵略という歴史問題に対する日本側の誤った態度に不満を示した自発的行動だ」と述べ、あくまで原因は日本側にあると強調した。
 大使館、公邸に被害が出ても警察官は傍観しているだけだった点については、「日本大使館と日本人の安全のために中国の関係部門は多くの仕事をし、素早く平穏を取り戻した」と自賛した。
 
  もし報道された内容が事実だとすれば、「何という馬鹿な発言をしたのだろう!」と開いた口が塞がらない。それこそ、カンガルーマンのような普通のオジサンでも神経を逆撫でされる言動だ。まさに、普段から中国や中国人に偏見を持っている人々や感情を自制出来ない人々に在日中国人バッシングをやりなさいと煽っているようなものだ。何も起きなければ「ラッキーだった。」で済むだろうが、あまりにも不用意な発言だ。まるで、この問題を出来るだけこじらせようと考えているようにしか解釈できない。もし、日本国内で在日中国人バッシングでも生じた場合は、それこそ負のスパイラルに入り込むことになる。
 しかし、問題は昨日カンガルーマンが理由の一つとしてあげていた中国政府の暗黙の意思表示が垣間見えたことである。
 
中国のいうことに日本が耳を貸さない場合、日本企業は将来中国でまともな商売を続けることは出来ない旨を示唆している。つまり、「日本は中国が必要だが中国は日本を必要でない。」と暗黙のうちに示唆している。要するに「商売相手はEUやアメリカがあるんだよ。」ということだ。
もしこの推測が正しいとすれば、向こう数年間にわたり日本という国が東アジア圏を対象とした経済政策の方針と方向性を見極める大きな分岐点となることだろう。今回の事件は、今後日本が既存の中国政府の息のかかった人々と付き合う場合、常に頭の後ろに記憶すべき出来事だ。
 建設的な方向性としては、本当の意味で日本と中国を柱としたアジアを創造しようと考えているポジティブ志向の人々を探し当てることだ。そして、そういった人々を中心に理解を深め合いながら付き合ってゆかなければならない。道のりは長く険しいだろうが、東アジアの中で日・中・韓がいがみ合って得する人は誰もいない。強いて言えば、EU・米国・露にとっては日・中・韓がギリギリのところでいがみ合った状態でいるほうが好都合かもしれないが。
  
Posted by Kangarooman at 14:17Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月12日

最近気になること

 この前中国で行われたワールドカップ予選での観客による日本チームに対する嫌がらせに始まって、最近の中国の若者による反日騒動がマスコミを賑わしている。
その原因についてはさまざまな見方や意見が出ている。
1.日本政府の右傾化に対する警告(靖国や教科書問題等)
2.中国国内における日本企業に対するヤッカミや不満。
3.中国政府の反日教育の成果。
4.中国政府による一部不満分子をなだめるためのガス抜き。
5.中国政府による日本の首脳部あるいは企業に対する示威行為。
(中国のいうことに日本が耳を貸さない場合、日本企業は将来中国でまともな商売を続けることは出来ない旨を示唆している。つまり、「日本は中国が必要だが中国は日本を必要でない。」と暗黙のうちに示唆している。
6.ただ単に日本が嫌いな一部の若者が理由もなく騒いでいる。
 
 カンガルーマンが思うには、理由はどうであれ一番大事なことはこの問題に関して私達日本人が過剰反応しないことだ。最も愚かな事は、誰かが在日中国人に対して報復的な嫌がらせをするような行為だ。もしこのような事件でも起きた場合、日中関係はさらに悪化してしまう。それこそ報復が次の報復を呼ぶ悪循環に落入ってしまう。
 日本経済にとって景気回復は待ったなしの状態にある。現在、やや景気が持ち直しつつあるのも中国特需の恩恵を受けていることは否定しようのない事実だ。また、長期的観点に立った場合でも欧米市場が飽和状態にありこれ以上の発展が望めない現在、東アジア(日・中・韓)における経済的基盤を安定させさらに強固にするか、或いは東アジア以外の巨大マーケット(もし存在するならば)を切り開かない限り商人国家である日本経済の将来はかなり暗いだろう。中・韓の指導者はそれが良くわかっているからこそ、政治と経済をからめて彼らの意向を日本に受け入れるよう迫ってきている。
 日本人が現在享受している生活と富を保持し続けたいのなら、理不尽な要求に屈する必要は全くないが商人国家として冷静に損得を計算したうえでこうした状況には対応してゆかなければならない。日本が生きる道は世界の世論を味方につけることだ。そのためには、政治も経済も世界で通用する普遍的な正論をもとに行動を起こさなければならない。もし万が一感情論のみに基づいた狭義のナショナリズムやプライドを先行させる世論が出てきたならば、現在持っている富を放棄せざるを得ない状況に追い込まれるだろう。世界第2位の経済大国といわれているが、基本的な日本の国力はまだ非常に脆弱であることを日本人は自覚すべきだ。
 カンガルーマンは信じている。日本の指導者も我々一般の日本人もそれほど愚かでないことを・・・・・・。同じ過ちは2度繰り返してはならない。
 
  
Posted by Kangarooman at 15:48Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月11日

健康チェックの結果詳細

 先週報告した健康チェックの結果詳細は下記のとおり。
 
h.check1.05h.check3.05h.check.2.05

 

 

 

 

 

 

 

ドクター診断は、昨年より改善しているとのことだ。但し、γGTPが通常値を上回っていることと、胃にポリープがあるのでこの2点については注意しなければならないとのことだ。カンガルーマンもドクターも理解できないのは、検査するたびにγGTPが高いのだがカンガルーマンはアルコールをほとんど飲まない事だ。ドクターは、「体質かストレスがたまっているのでしょう。」と言っている。ポリープにしろγGTPの件にしろ、過去10年位継続していることなので今のところは放置してある。
 結論からいうと、カンガルーマンはこの成績に十分満足しており、体力年齢については来年は25歳を目指そうと闘志を燃やしている

  
Posted by Kangarooman at 15:22Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月10日

桜、桜、桜、そして両手に花の週末

 カンガルーマンの生活信条は、出来るだけ悔いの無い人生をまっとうすることだ。その目標を達成するために日々仕事に励み、健康に気をつけ、そして生かされているそのまさに瞬間を大事に、楽しく過ごしたいと思っている。そういった意味では、この週末の天気はお花見を逃せない瞬間だった。満開の桜、穏やかな日和、心身ともにリラックスできる十分な午後の時間といった3拍子が揃う年はそれほど多くない。御苑御苑2御苑3   
               

 

 


 このまれなチャンスを逃さないよう、早速家内と25年来の友人に声をかけ新宿御苑の桜を堪能した。通常の仕事モードから離れ、心の鎧を外した状態で親しい友と過ごした貴重な午後だった。

 蛇足だが、カンガルーマンは断言できる。このお花見という習慣は、世界に通用する、また誇れる日本文化の一つだと・・・・・・。


 

  
Posted by Kangarooman at 11:37Comments(2)TrackBack(0)

2005年04月08日

カンガルーマンの好きな食べ物ーその2

ルーカレー

 カンガルーマンの好きな食べ物ーその2は、インド風オリジナルルーカレーだ。カレーと一緒に食べるライスも、出来ればロンググレーンライスを使用したほうがインド風の雰囲気がでる。さらに欲を言えば、サフランでライスを黄色くすれば、さらにカレーが引き立つ。サフランは高いからいやだという人は、ターメリックを使用しても良い。

 お肉はルーミートダイスカットを使用。カレールーは、コリアンダー、ターメリック、クミン、ジンジャー、チリ、ガーリック等のスパイスをベースにオニオンを軟らかくなるまでオリーブ油で炒めてつくる。カンガルーマンオリジナルインド風カレー。旨い!好みによってはジャガイモを入れても良い。ルーミートそのものは脂肪分がほとんどゼロに近いため、カレーに含まれている脂肪はオニオンを炒めた時に使用するオリーブ油のみだ。

 

 インド風が好みでない場合は、市販の普通のカレーミックスでビーフカレーを作る要領で、ビーフの代りにルーミートダイスカットを使用すれば、ローファット、ローカロリーカレーが出来上がる。食べた感じはビーフカレーとほとんど変わらない。

  
Posted by Kangarooman at 17:12Comments(1)TrackBack(0)

2005年04月07日

1歳年をとったが、体力年齢は1歳若返った

 昨年3月に人間ドックで健康診断と体力テストを受け、結果はA(大変良好)と体力年齢30歳という評価を受けた。約1年経過した55才7ヶ月の昨日、同様の検査を受けた。結果詳細は後日ブログで紹介するが、概要は以下の通りだ。
 
【健康診断】結果ーA(大変良好)
体重:60.5kgで昨年とほぼ同じ。
体脂肪率:16.8%で昨年の18.2%より減少した。
肺活量:4380ml
血液検査:γGTPを除いて昨年同様全て基準値内。
血圧:107-72で昨年とほぼ同様。
胃部X線検査:ポリープが見つかったが、これも昨年と同じ。
胸部X線検査:異常なし。
その他:心電図、心音等異常なし。
 
【体力検査】評価ー体力年齢29歳
全身持久力:最大酸素摂取量 42.7 得点11
握力:右 53kg、左 46kg 得点17
脚筋持久力:右 1分12秒、左 28秒 得点9
垂直とび:56cm 得点18
反復横とび:55回 得点18
全身反応時間:0.267 得点17
柔軟性:25cm 得点6
 
 来年は、柔軟性を改善すればさらに若返れるのではないかと期待している。今回の結果を受けて、カンガルーマンが実践している基本3原則に対する自信をさらに深めた。
 
基本3原則
1.自然に逆らわない規則正しい生活。平均睡眠7−8時間をとる。
2.週2−3回、定期的なスポーツ活動を生活に取り入れる。
3.暴飲・暴食・美食を慎む。
 
 物理的年齢は時が経過するにつれて自然に増えてゆくが、健康と体力はある程度努力することにより現状維持あるいは逆行(若返らす)させることが可能だということだ。
 カンガルーマンの信条は、あたりまえだが「人間いくら富と名声があっても健康で若い体力がなかったら意味がない。」ということだ。
 
 
 
  
Posted by Kangarooman at 17:50Comments(1)TrackBack(0)