2005年04月30日

グレーシー柔術が教える日本の生きる道

 
またまた中国についての話だ。というのも過去10年、中国が気になってしょうがない。カンガルーマンはこれまで中国人とも付き合い、中国とも仕事をし、さまざまな角度からこの国を見てきたつもりだ。そして、カンガルーマンなりに得た結論がある。非常にシンプルな結論だ。しかし、その結論は今後の日本が21世紀に生き延びる道につながると確信している。
 
その結論は、あたりまえだが「常に自分を優位な立場に置く」ということだ。
 
具体的にはどうするか?現在の日本の国力、経済力、軍事力、政治力から判断すると、そのいずれの分野でも中国が順調に発展した場合太刀打ちできなくなるだろう。したがって、これらの分野で優位に立とうとするのは時間とエネルギーの無駄使いだ。日本が優位に立てる可能性のある唯一の分野は「技術と創造力ーつまり頭脳だ」。この分野で遅れをとるようになった時には、この国の将来は無いと思ったほうが良い。
 
これは、対中国のみならず対アメリカ、対EU全てのケースに通用する武器だ。しかし、付き合いづらい隣国である中国に対しては最も有効な武器となる。したがって、これまで以上に強力に技術・創造力面での発達を加速させねばならない。中国も当然そのあたりは分かっているから、13億人の中からスーパー天才を集めて彼らが標榜するところの「科学技術の発展」に邁進している。
 
問題は、日本政府および日本国民がこの分野での優位性が今後の日本の生きる道として最も有効な武器であることを自覚しているかだ。多分、政府関係者や官僚はよく分かっているだろう。しかし、カンガルーマンを含めた一般国民はどうだろう?頭で理解していても、まだまだ膚で感じてはいないのが現状だ。
 
戦前の日本は富国強兵のスローガンのもとに国の力を軍事力に頼った。戦後は経済力そのものに重きをなした。これからは、全ての持てる力を技術と創造力に傾注することが「この国が生き延びる唯一の道である。」ことを、国民の一人一人が認識するかどうかにかかっている。
 
21世紀は「他の誰も持たない超先端技術と創造力」を持った国が制する。K-1で曙が勝てないのは体はでかいが総合格闘技面での「先進技術と創造力」が足りないからだ。それにひきかえ、グレーシー柔術は技術と創造力のかたまりだ。グレーシー一族は小さい体で大きい格闘家をなぎ倒してゆく。相撲の千代の富士もそうだった。
 
日本という姿を人間に例えた場合、体は小さいが鍛えられた筋肉、反射神経、それに相手が欲しがるような高度な技を持った格闘家を目指すことが理想だ。そうすれば、反日デモがあろうと領土問題で言いがかりをつけられようと、武力でチョッカイを出されようと毅然とした姿勢を保てるはずだ。
 
日本人よグレーシー一族や千代の富士を見習え。
 
 
 なるほどと思われたらクリックをお願いします。
ブログランキング  

Posted by Kangarooman at 10:38Comments(1)TrackBack(0)

2005年04月29日

今日もビーチなライフ

 
ちょっと風が強いが、これからビーチに出かけよう。
 
風の強い時のゲームもまた面白い。
インドア専門の人が初めてビーチにトライした時、どんなにうまくても風が強いとモタモタする。その時は、この年寄りでも勝てるときがある。
 
太陽と風とボール、カンガルーマンには最高の日和だ!
 
・・・・・・・朝からの続き
 
今日はビーチに行って大正解だった。
集まったのは6人だけだったが、2人ずつで3チームつくり延々と朝11時から夕方4時半まで交互にプレーを続けた。午前中あった強い風も穏やかな微風に変わり、太陽がその風を暖めプレーの合間に休んでいる体を癒してくれる。
 
次のビーチは明後日だ。ビーチのよさを知らない友達によく言われる。
カンガルーマンはビーチバレー馬鹿だと・・・・・・。
 
 
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 09:46Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月28日

スピード違反ーー首都高は60キロを超えたら捕まる。

 昨日は久しぶりに腹が立った。
 
 夜、酒を飲む機会があったので友人に運転を頼む事にして行きつけの新宿のお店で楽しい時を過ごした。帰りも、友人の運転で”持つべきものは友”などと思いながら車の中で会話を楽しんでいた。
 
 すると、首都高を過ぎて京葉道路に入り始めたところで後ろから来たパトカーに止められた。理由は40キロのスピードオーバーとのことだった。要するに首都高60キロ制限のところを100キロ弱で走っていたからスピード違反だと言っている。
 
 ここで、カンガルーマンは烈火のごとく怒ってしまった。
その理由は:
1.「60キロ制限はわかっているが、60キロで走っているドライバーは居
  ない。普通のスピードは大体80−100キロだ。」と主張したが全くとり
  あってくれない。
2.おまわりさんに首都高でおまわりさん自身がプライベートの時必ず60
  キロで運転するか聞いたら「常に60キロで運転している。」と答えた。こ  
  れはおまわりさんが嘘を言っている。大体、他の車が80−100キロで
  走っている首都高を60キロで運転したら危なくてしょうがない。もし本  
  当なら、車の流れに逆らって運転している不届きものだ。
 
 この嘘にカンガルーマンは怒った。ドライバーに切符を切るためには平気で嘘をつくばかりか、こちらが相手の言う事に承諾しないと逆に怒り出す。つまるところ、制限速度をオーバーしたのは事実だからこちらに非があるの一点張りだ。あとは、車を止めたからには何が何でも切符を切るという姿勢を貫いてくる。そして、最後には「普通だったらスピード違反で取り締まるところだが、真面目なドライバーのようだから右側通行違反(反則金6000円、マイナス1点)でカンベンしてやる。」と結論づけた。結局、「おとなしく言う事にしたがって、これですましたのだから感謝しなさい。」ということだ。
 
 この、一連の流れの中で権力を持った人間の思考回路が見える。どーりで、人は権力に魅力を感じるわけだ。自分のサジ加減一つで、持たない人間の立場を左右できる。
 
 可哀想なのはカンガルーマンの運転を代行して切符を切られた友人だ。
そういえば、昔順法闘争というのがあって制限速度をきっちり守りましょうという事でそのとおりにやったら、渋滞で都内の車が動かなくなりシッチャカメッチャカになったことを思い出した。
 
皆さん首都高は60キロ以上で走ったらおまわりさんにつかまるので気をつけて・・・。
 
 タメになったらクリックお願いします。
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 18:07Comments(2)TrackBack(0)

2005年04月26日

埋めがたいのか?日中の心の溝の深さ

 昨夜、ある会合に出席した。そこでは、上海滞在歴7年、中国語堪能という若い女性が講師で中国での反日運動について話をしてくれた。彼女は上海滞在中は現地で広告を制作していたとのことで反中国ではないという印象をうけた。
 話の中で彼女が、中国人の友達に反日活動と今回のデモについてどう思うかを聞いた内容をまとめたレポートを紹介してくれた。全部で10人ほどの友人のコメントがまとめてあった。これらの人々は弁護士、経営コンサルタント、企業家等社会的にもそれなりの地位を持った教育程度の高い人ばかりだ。年齢も30−50代で今回のデモに参加した20歳前後の学生とは異なる人種だ。結論から言うと、コメントした全員が暴力と破壊行為には反対していたが、デモの主旨そのものは肯定するということだ。さらにカンガルーマンが驚いたことは、そのうちの数人は日本に留学生として滞在し多くの日本人と付き合い、しかも滞日中多くの日本人の親切さを体験したと述べていたことだ。それでも今回のデモ行為については肯定するとのコメントだった。
 そこで、カンガルーマンは講師の女性に聞いてみた。「中国語も堪能で、彼らの思考回路もそれなりに理解していると思いますが、あなた自身彼らとつきあってみて彼らの心のどこかに日本あるいは日本人に対する嫌悪感、あるいは何かお腹の底にたまっているものを感じますか?」彼女の答えは「自分は中国も中国人も好きだが、彼らの中に日本人に対するわだかまりを感じる。」とのことだった。
 つまり、カンガルーマンがここで理解したことは、日本人がどう思おうと現在の中国人は過去に受けた被害者としての屈辱を決して忘れないようにしているということだ。こうした気持ちを内蔵している隣人と暮らすのは並大抵のことではないことを改めて肝に銘じた会合だった。
 
日本に対する恨みを持たない中国人をさがすことは無理なのか?
これは一筋縄ではいかない!
 
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 22:50Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月25日

非常にイライラする中国との歴史問題

 今朝の産経新聞に、中国は胡錦濤主席が日中首脳会談で打ち出した中日関係発展に関する「5項目提案」を基本に,対日関係を拡大する方針との記事があった。項目の一つに当然のごとく【侵略戦争への反省を行動で示し歴史問題に真摯に対処する】という項目が含まれていた。カンガルーマンが常に感じていることは、日中両国はいつまでこの歴史問題を引きずれば済むのかということだ。この歴史問題に関するせめぎあいには非常にいらいらさせられる。
 その理由は以下のとおりだ。:
 要するに、付き合いづらい隣人と仲良くしなければと思いながら付き合っているうちに金銭の貸し借り関係の付き合いが深くなりいつのまにか相手に対する依存度が大きくなった結果、抜き差しならない関係になってしまい、相手の言いなりになりそうな状況に陥った気分だ。
 
 先祖のいざこざがもとで、いままであまり付き合いもなかった隣のお店が、羽振りが良くなって「一緒に仕事や付き合いを深めましょうよ。」とカンガルーマンの店に遊びに来るようになった。隣の主人の性格や考え方に?を持ちながらも人の良いカンガルーマンは、「先祖が先方に迷惑をかけたと言う話も聞いているし、お互い近所だし仲良くつきあって商売を発展させましょう。」と自分の持っている商売のノウハウを与えたり、相手がお金に困っているときにお金を無利息で貸したりして付き合いを深めていった。
 そうやって、お互いの商売を続けながら時たまお茶を一緒に飲んでいると隣の中国商店の親父が切り出す。
「そういえば、お宅の先祖はうちの先祖にかなりひどい事をやったんだってネ!」
「すんません。そういう話をあちこちから聞いていますが、何せ昔のことなもんで細かい事は・・・・・。それに、先代がそれなりにけじめをつけたともきいてますがどうなんですかね?私の代ではお宅に迷惑をかけるようなことはありませんよ。」
「まあ。それもそうだ。お宅のおかげでうちも大分繁盛してきたし・・・・・。」
という会話を何度となく繰り返しながら、カンガルーマンは会うたびに「チクリ、チクリと昔の事を蒸し返す変な野郎だな。」と思いつつ中国商店との付き合いをさらに深めていった。

そして、これまでいろいろ援助したおかげで中国商店も繁盛しカンガルーマン商店の中国商店に対する売上げが全売上げの半分近くになった。そのおかげで、不景気だったカンガルーマン商店も見通しが明るくなったと喜んでいると、中国商店の主人が今度は真面目な顔で言い出した。
「前から、気になっているんだけどお宅の先祖がうちに対して行った悪行のケジメがまだついていないんだよな。どっかでちゃんとした落とし前なり土下座なりしてくれないとうちの若い衆がいきり立ってしょうがないんだよ。」
「そんなこと言ったって、これまで何回も謝ってるしお宅を繁盛させる為に大分手助けしたじゃないですか。」
「うちの先祖が受けた被害は、それっぽちのことじゃおさまらないんだよね。お宅だって、うちとの商売が大きくなって損はないだろう?ちまたの噂じゃ、お宅の若い衆に中国商店には貸しはあるけど借りはないとか、うちの先祖が先方に悪行をおこなったことなど内容が大袈裟すぎるとか言ってるらしいじゃないか?このままだと、いつまでうちの若い衆がおとなしくしてるか疑問だね。とりあえず、若い衆は俺の力で抑えとくけど良く考えなよ。お互い波風立てずに商売するのが得策だと思うけどな。」
「こっちにもそれなりに言いたいことはありますけど・・・・。まあ、隣人同士ということもありますからいろいろ考えますよ。(やっぱり、思ったとおり付き合いづらいやつだったか!)」
 
というような感じで、日中関係に関しては直接ストレスには繋がらないもののイライラしているカンガルーマンだ。地理的に隣人ということからイライラしていてもしょうがない。やはり抜本的な解決策を考えて実行してゆかなければ前に進まない。カンガルーマンは個人レベルでこうした隣人と付き合うための前向きな方法を考えていくつもりだ。いい考えを思いついたらブログに記録する予定だ。
  
Posted by Kangarooman at 14:34Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月24日

ビーチバレー”2005”練習初日

ビーチ18ビーチ21ビーチ14






カンガルーマンの仲間たち

  今日は待ちに待った今年のビーチバレー練習初日だ。楽しい仲間が6ヶ月ぶりに集まった。天気も最高の日だった。気温はやや低めだったが、みんな気持ちはすでに夏モードだ。朝10:30から夕方5:00までみっちり体を動かした。
 ここに集まった仲間はみんなビーチバレー大好き人間ばかりだ。共通のスポーツを通じて集まる仲間には年齢も性別も関係ない。とにかく朝から夕方まで頭を空っぽにして砂まみれになって子供のころの泥んこ遊びに似た感覚でボールを追いかける。どおりでカンガルーマンはストレスがたまらないはずだ。ボールを追いかけている間は仕事も悩みも全てはるか彼方に行っている。頭をリフレッシュしたあとで、仕事モードに戻ると新しいアイデアや問題の解決策もまた見えてくる。
 カンガルーマンは、人間生かされている間は与えられた環境を最大限活用して楽しく生きることを目標にしている。そのためにはなんといっても健康と若い体力だ。当たり前だが、いくらお金、地位、名誉があっても健康でなかったら意味がない。したがってカンガルーマンライフはいたってシンプルだ。健康と若さがあれば仕事も人生も楽しめる。

カンガルーマンの好きな言葉:Simple is best.
 





  
Posted by Kangarooman at 20:22Comments(1)TrackBack(0)

2005年04月22日

カンガルーマンの好きな食べ物ーその4 低脂肪・高たんぱくルーミートパスタ

 

ルーパスタルーミートミンチを使用。
味付けは、トマトソースをベースにしてガーリック、オレガノ、タイムそれに缶トマトを使用。パスタはスパゲッティあるいはペンネ。カンガルーマンオリジナルパスタ

 


ソースの作り方:
1.冷凍ルーミート500gを解凍してドリップを抜く。
2.その後、お肉を水洗いする。
3.水分をよく切ってお肉をオリーブオイルで炒めながら、トマト、ハーブ類を入れる。
4.塩・胡椒で味を整える。
☆ソースには、好みによってピーマンやマッシュルームをお肉を炒める時に一緒に入
れてもよい。☆

あとは、パスタを好みの硬さにゆであげて、ソースをかけて出来上がり。通常のお肉と違い脂肪が非常に少ないのでさっぱりとしたパスタがエンジョイできる。

  
Posted by Kangarooman at 17:42Comments(1)TrackBack(0)

2005年04月21日

アボリジニの知恵ー2

アボリジニの知恵が21世紀に役立つ
 
 アボリジニは原野で自生しているワラビを大事にしている。ところが、オーストラリアの牧畜業者や農家はワラビを雑草として扱い除去しようとする。それは、ワラビが穀物や牧草を育てるのに邪魔だからだ。ところがアボリジニとってはワラビは自然を保護するのに重要な植物だ。これは、自然と共存する考え方と自然を変える考え方が衝突する良い例だ。
 
具体的に説明すると:
・牧畜業者や農家は、野山を切り払い平坦にしてそこに効率の良い畑や
 牧草地をつくりそこで育てた穀物や家畜をお金に変えて生活の糧として 
 いる。したがって、ワラビは雑草以外のなにものでもない。
・ところが自然を相手に生活しているアボリジニはワラビの特性がブッシュ
 (森林)や原野を守るのに重要な役割をしていることを知っているので、
 彼らにとっては大事な植物だ。どのような特性があるかというと、山火事
 や洪水でブッシュ(森林)が喪失した時に最初に生えてくるのがワラビの
 類の植物だ。ワラビは他の植物が再生するまで地面にシッカリ根付き、
 土が水や風で喪失することを防いでくれる。つまり、土の守り神のような
 役割を果たしてくれる。彼らにとっては、森に自生しているさまざまな果
 物、ナッツ、野菜、穀類、薬草等が貴重な生活源だからだ。ワラビが自
 生しているからこそ、ブッシュ(森林)の再生が可能な事を彼らはよく知っ
 ている。 それに、ワラビは彼らにとって大事な食材でもあるからだ。ワラ
 ビに含まれている毒素を抜いて、あぶったり焼いたりして食用にしてい
 る。それに、ワラビが人体にとって必須の蛋白質と亜鉛が豊富なことも
 経験から知っている。
 
 そういえば日本人もワラビを食しているが、その始まりは多分縄文・弥生のころから受け継がれてきた知恵なのだろう。これからの21世紀は効率という名前のもとに自然の破壊を進めてきた欧米型20世紀の概念を捨て、自然と共存する文化を持っていた日本人、アボリジニ等が受け継いできた知恵と科学を融合する世紀だ。 
  
Posted by Kangarooman at 17:30Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月20日

アボリジニの知恵

 温故知新は世界共通のようだ。

 

 最近オーストラリアでは食生活面でアボリジニの知恵に学ぼうという動きが広がってきている。これまでオーストラリアのアボリジニはヨーロッパ植民者に征服された民族として、彼らの文化はつい最近迄サブカルチャーとして扱われ重要視される事が無かった。それどころか、彼らは常に社会の底辺で虐げられてきた。そして、それは現在でも続いている。

 しかし、生活習慣病、BSEをはじめさまざまな現代型食生活の矛盾が噴出している現在、アボリジニが数万年にわたって培ってきた知恵が脚光を浴びつつある。特に昔の日本人がそうであったように自然環境を変えるのではなく自然と共存する伝統的なライフスタイルだ。皮肉な事に、今の日本人がそうであるように多くのアボリジニが都市部や居留地に居住して伝統的なライフスタイルを放棄して西欧型に変わりつつあるのが現状だ。そうした中で、西欧型食生活に矛盾を感じるオーストラリア人を中心にアボリジニのライフスタイルと西欧型ライフスタイルの融合をはかろうとしている人々がいる。

 一つの例をあげると、ブッシュメディスンの家庭菜園での栽培だ。昔、私達が子供の頃ケガをした時にヨモギの葉っぱを唾でこねて傷口にあてて治したことを思い浮かべればいい。それがいつのまにか赤チンキに変わり、いまではキズバンドだ。それはそれで構わないが、日本人も何か忘れてしまったのではないだろうか?オーストラリアにはアボリジニが重宝した薬草がたくさんある。

 

薬草の一部を紹介すると以下のとおりだ。

Angophora costata(シドニーアップル)

 下痢止め、キノの10%溶液の150−200mlを飲用。

Capparis lasiantha(ブッシュオレンジ)

 植物の分泌液は虫刺されによる腫れをひかせる。

Canavalia rosea(ビーチビーン)

 葉っぱは火傷の痛みを和らげ治癒を促進。

 砕いた根の分泌液はリューマチや風邪からくる痛みを和らげる。大変お薦め。

Cissus hypoglauca(ネーティブグレープ)

 果実でうがいすると喉の痛みを和らげる。

Crinum spp(クリナムリリー

 球根あるいは葉の分泌液は消毒剤で、

 これまで海洋生物による刺し傷の痛み止めとして使用されてきた。

Eucalyptus citriodora(レモン香ガム)

 抗生物質でありユーカリオイルの一種であるCitrlodoralを含んでいる。

Eucalyptus gummifera(ブラッドウッド)

 防カビ、抗菌、消毒作用がある。

Eucalyptus haemastoma(スクリブリーゴム)

 消毒作用があり、切り傷、潰瘍、ケガなどに使用される。

Eucalyptus spp(ゴムの木)

 下痢治療に使用される。

Eucalyptus vimlnalis(マナゴム)

 下剤として使用される。

Exoecaria agallocha(マングローブの一種)

 ゴム成分は魚による刺し傷の鎮痛作用がある。

Ficus coronata(クリークサンドペーパーフィッグ

 ゴム成分はキズの治りを早める。

Ficus opposita(イチジク)
 ゴム成分はタムシなどの真菌性疾患の処置に使用される。

Flueggea viros(ホワイトカラントブッシュ)

 若葉からの分泌液はアセモや水疱瘡の痒みを抑え、

 開いたキズ口を治癒させる。

Geilera parviflora(ウイルガ)

 局所(皮膚)麻酔性がある。非常にお薦め。

Hibiscus tiliaceus(コットンウッド)

 樹皮の内側から出る滲出液はキズの手当に使用される。

Melaleuca quinquenervia(ブロードリーフペーパーバーク)

 葉を砕いて臭いを嗅ぐ。

 薬用ユーカリオイルの中にメンソール成分が含まれている。若葉を砕いて、

 揮発成分を吸い込むと鼻の通りが良くなる。

Mentha australis(ネーティブミント)

 植物を砕いて揮発成分を吸い込む。頭痛の手当に使われる。

Morinda citrifolia(グレートモリンダ

 根の樹皮から出る分泌液は消毒作用があり、葉は包帯としてキズ口に当てる。

Myristlca insipida(ネーティブナツメグ)

 樹皮からの分泌液はタムシ治療に使用。

等・・・・・・・・・・。なるほど、これらが裏庭に植えてあれば薬箱はいらないかもしれない。

 

 欧米一辺倒のライフスタイルを省みて、私達ももう一度長い歴史の中で培ってきた日本人の多くの知恵を見つめなおす時期にさしかかっているのではなかろうか?

 

  
Posted by Kangarooman at 18:32Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月18日

カンガルーマンの好きな食べ物ーその3 パワーサラダ

 

ルーミートのパワーサラダ 中国の反日騒動に気を取られて、楽しく健康になるほうがおろそかになってしまった。
 カンガルーマンの好きな食べ物ーその3はルーミート(カンガルー肉)のパワーサラダだ。カンガルーマンの元気の源は3原則以外にここにもある。作り方は簡単!


材料:

冷凍ルーミート 500g(チルドが手に入れば最高!)
オリーブオイル、塩、胡椒
種無しプルーン 2カップ
ポートワイン 1/2カップ
ワインビネガー 1/4カップ
砂糖 小さじ1杯
ブイヨンスープ 2カップ
赤トウガラシ 2本
作り方:
ソース
1.ルーミートを解凍してよく洗い、塩・胡椒を入れたオリーブオイルに20
  分くらい漬けておく。お肉にフォークかお箸で穴をあけておくとオリーブ
  オイルが中に浸透して、お肉の味がまろやかになる。
2.ポートワインに30分くらいプルーンを漬ける。
3.ポートワインのみをフライパンにいれ、ワインビネガーと砂糖を加えて、
  シロップ状になるまで煮詰める。
4.シロップ状になったら、ブイヨンスープを加えて液体が半分になるまで
  煮詰める。
5.こま切りにした赤トウガラシをソースに加える。
6.最後にプルーンをソースに戻す。 
*ソースは多めに作っておいて冷凍しておけば2回目からはお肉の準備だけですぐサラダが出来上がる。
 
お肉
1.オリーブオイルに漬けておいたお肉を強火で表面がややこげる程度に
  焼く。中はレアかミディアムレアの状態でとどめる。
2.お肉を1−2mm程度に薄切りにする。
3.スライスしたお肉をソースの中に入れて味をしみこませる。

盛り付け方
1.好みの野菜をさらに盛り付ける。
2.盛り付けた野菜の上にお肉とプルーンをトッピングとして乗せる。
3.その上から、ソースをドレッシングとしてかけて出来上がり。

バリエーション
プルーンの替わりに、好みのドライフルーツやオーストラリアのブッシュフルーツであるカンドン(梅に似た味だがかなり酸っぱい)を使っても良い。
オーストラリアのレストランではカンドンをよく使用している。また、盛り付けの際、トッピングに好みのナッツ類を加えると風味がリッチになる。

ルーミートは、脂肪がほとんど1−2%しかない。さらにコレステロールは通常の食肉の2/3で、BSEはもちろんのこと抗生物質やホルモンなどに汚染されていない非常にクリーンなお肉だ。脂肪が無いから、200−300gは簡単にお腹に入ってしまう。食べたらそのまま筋肉になりそうだ。

まさに、ビーチバレーの原動力となるパワーサラダだ。

 

  
Posted by Kangarooman at 22:44Comments(3)TrackBack(0)